Academic Box Logo

黙示録の四騎士128話ネタバレ:パーシバルの運命と主人公交代の衝撃

ライターのYUKOです。今回は、黙示録の四騎士128話のネタバレについて紹介します。

パーシバルの運命とアーサーの決断

パーシバルの今後はどうなる?

自問自答の後に仲間を救う

パーシバルはプニシバルに連れられて精神世界へ消えた。

そこでは大いなる者に会い、自分の存在意義を自問自答する展開となる。

最終的には仲間の存在の大切さに気づき、仲間の危機に駆け付けると思われる。

また、アーサーはブリタニアへの侵攻を開始した。

詳しくみる ⇒参照元: 【黙示録の四騎士】128話ネタバレで第1部(完)でパーシバル...

パーシバルの覚醒

パーシバルの魔力の種類は何?

英雄型

パーシバルはペルガルドとの戦いで窮地に陥った際に魔力を覚醒させ、その魔力が「英雄型」であることが明らかになった。

この魔力は万人に一人と言われる稀有な魔力であり、パーシバルが「黙示録の四騎士」の一人であることも判明した。

パーシバルの魔力「希望(ホープ)」は、合技「四重奏攻撃 – 剣撃の雨(カルテットアタック スラッシュ・スコール)」や神器「ウロボロス」と組み合わせることで、さらに強力な力を発揮する。

詳しくみる ⇒参照元: 黙示録の四騎士 (漫画)

かつての聖騎士候補ドニーの苦悩と試練

かつてドニーが目指していたのは何ですか?

聖騎士

ドニーは、かつて聖騎士を目指し、厳しい師匠と兄弟子と共に修行に励んでいました。

しかし、師匠から聖騎士を諦めたことを責められたことで逃げ出してしまいました。

ドニーの兄弟子は、現在は盗賊の頭としてエドリンとして活動しています。

エドリンは大きな力に守られており、パーシバルたちを捕らえてしまいました。

そんな中、酒場のマスターがエドリンの背後に潜む大きな力についてパーシバルたちに語り始めました。

詳しくみる ⇒参照元: 七つの大罪 黙示録の四騎士 第21話

黙示録の四騎士のその後

パーシバルたち一行が消息を絶ってからどれくらいの時間が経っているのか?

2年

「黙示録の四騎士」の舞台は、「七つの大罪」から18年後で、ギネヴィアは大人になっていた。

しかし、パーシバルたち一行がキャメロットへ通じる扉をくぐってから2年間音沙汰がない。

そのため、アーサーの罠にかかって異空間に囚われているのではないかと推測される。

詳しくみる ⇒参照元: 【黙示録の四騎士】129話ネタバレでバン登場で主人公に!?舞...

ヨネティパーシバルの消滅と復活予想

パーシバルはなぜ消滅したのか?

真実に耐えられなくなった

ヨネティパーシバルは、モートラックとの戦いで勝利した後に、自分の存在が不幸をもたらすという真実を知り、自滅しました。

モートラックの口から語られたその真実に耐えられなかったようです。

なお、第一部は128話で終了し、第二部は129話から始まる可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 【黙示録の四騎士】128話パーシバルは死亡する?復活するなら...