Academic Box Logo

黒水沈舟の借金問題を徹底調査!その実態と解決策とは?

ライターのYUKOです。今回は、黒水沈舟の借金問題について徹底調査しました。その実態と解決策をご紹介します。

黒水の勝利

天から派遣された部下が伝えた予想外の知らせは何だったのか?

汚職事件

黒水は水師と風師を憎み、風水廟に祈る船を狙って沈めていました。

水師は黒水を退治しに向かい、風師は助けに向かいましたが、どちらも黒水に敗れて沈められました。

黒水は風師を鹵獲品として海底の城に持ち帰りましたが、天の庭では汚職事件が発覚し、首謀者は水師だったことが判明しました。

そのため、誰も風師を助けに来ないだろうと黒水は考えました。

詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福 児童書『大喰らいの玄鬼』(双玄)

天官賜福の隠れた伏線

師青玄の像が壊れたのは誰の仕業?

自身

天官賜福の隠れた伏線として、賀玄が風水殿に呼び寄せた際に風師(師青玄)の像は腕と脚が、水師(師無渡)の像は頭が取れていましたが、これは彼らの結末を暗示していました。

しかし、風師の腕と脚は賀玄によるものではなく、師青玄自身の行為でした。

また、賀玄は風師に選択の機会を与えましたが、彼は兄を優先して自分の運命を決定しました。

詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福8 黒水沈舟・水師・風師の伏線編

賀玄:天官賜福で最も奥深いキャラクター

賀玄の人生を狂わせた出来事は?

運命の盗難

「天官賜福」の登場人物である賀玄は、本来神官になる運命でしたが、師无渡によって運命を盗まれ、弟の師青玄に与えられてしまったために壮絶な人生を歩むことになりました。

彼は貧しいながらも優秀で努力家でしたが、役人への贈賄を拒んだために試験に何度も失敗し、妹と婚約者は裕福な家に妾として連れて行かれた後に自殺するという悲劇に見舞われます。

賀玄は死後、「黒水沈舟」と呼ばれる鬼になり、師无渡や師青玄への復讐を誓うことになります。

詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福3 黒水沈舟編

水師と風師の哀しい結末

水師と風師はなぜ哀しい結末を迎えたのでしょうか?

親友の裏切り

「天官賜福」に登場する水師と風師は、その社交的で愛嬌ある性格で人気がありましたが、親友の黒水沈舟の裏切りによって悲しい結末を迎えます。

水師は首を取られ、風師は法力を失って人間界に置き去りにされました。

同人誌「双玄旅」では、二人のその後が描かれ、公式では語られなかった部分が補完されています。

詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福21 風師と黒水沈舟のその後①