Academic Box Logo

青葉区を拠点に活躍する芸能人たち!気になる私生活や出身地とは?

ライターのYUKOです。今回は、青葉区で活躍する芸能人に関する記事をお届けします。

仙台青葉区分区問題の基準変遷

旧宮城町の人口が分区を検討する基準値を突破した後の現状は?

人口増加傾向

仙台市の青葉区分区問題において、旧宮城町地域を分区する基準は3度変更されています。

1987年の合併時には公式基準はなく、2000年代には青葉区の人口が30万人を突破後に旧宮城町の人口が5万人を超えることが基準とされました。

その後、2010年代半ばには非公式に旧宮城町の人口が10万人を超えると分区を検討する基準が伝えられました。

2015年の国勢調査では、旧宮城町の人口は7万2千人を超え、仙台都市圏内の他の自治体よりも多くなりました。

旧宮城町は合併以降も人口が増加傾向にあり、青葉区全体の人口増加の多くを占めています。

分区には、住民意識や飛び地の発生、地価下落などの問題が伴うため、単純な線引きによる解決が難しい状況です。

詳しくみる ⇒参照元: 青葉区 (仙台市)

神奈川県出身の芸能人

森本慎太郎の出身地は?

横浜市

秦基博とジョイマンは横浜市青葉区出身で、同じバスケ部に所属していた。

森本慎太郎も横浜市出身で、兄は元Hey! Say! JUMPの森本龍太郎。

森本慎太郎は現在、男性アイドルグループ・SixTONESのメンバーとして活動している。

詳しくみる ⇒参照元: 横浜市青葉区出身の芸能人・有名人まとめ!【最新版!】│FNB...

石坂浩二邸のプラモデル専用部屋

石坂浩二が所有するプラモデル専用部屋は何部屋ありますか?

3部屋

横浜市青葉区または町田市三輪緑山近辺に住む著名人として、石坂浩二、村上龍、草野仁などが挙げられます。

また、石坂浩二の自宅には、プラモデルで埋め尽くされた専用部屋が3部屋あり、村上龍氏は近隣のスポーツクラブを利用後、シャトレーゼでケーキを購入することが知られています。

過去には、ジャンボ鶴田や橋本慎也などの著名人もこの地域に住んでいました。

詳しくみる ⇒参照元: 石坂浩二の自宅住所は青葉区美しが丘。例のプールに住んでなかっ...

青葉区の分区問題

旧宮城町地区が単独区になるために必要な人口は?

5万人

仙台市青葉区には、宮城総合支所が管轄する旧宮城町地域がある。

合併時、旧宮城町の人口が5万人に達したら分区することが取り決められた。

1996年に旧宮城町の人口が5万人を突破したが、2000年の審議会で青葉区の人口が30万人を超えた時点での再検討となり、分区は見送られた。

詳しくみる ⇒参照元: 青葉区 (仙台市)