Academic Box Logo

週刊誌記者の闇が明らかに!クズと罵られた取材対象の逆襲

ライターのYUKOです。週刊誌記者の闇についてお話します。

マスコミへの芸能人の反撃

マスコミに迫られた芸能人が、マスコミに対してどのような行動をとった?

挑発

かつて、芸能マスコミに標的にされていたビートたけしは、番組で芸能リポーターの梨元勝を肴にトークを展開し、梨元がプライベートを理由に写真週刊誌への掲載を拒否したことを皮肉を込めて語った。

これは、芸能人側がマスコミ側に「自分が叩かれた場合の気持ち」を問いかけるような行動だった。

詳しくみる ⇒参照元: 「ブラックリベンジ」取材記者が取材対象を「クズ」呼ばわりした...

敏腕記者が支える週刊文春のスクープ力

週刊文春のスクープ力を支えているのは何か?

パパラッチ一筋の敏腕記者

週刊文春がスクープを連発できるのは、フライデー出身のパパラッチ一筋の敏腕記者が担当しているためです。

この記者は芸能記事で磨き上げた写真撮影のスキルを政権中枢にも向け、他のメディアでは不可能な木原誠二氏の不倫記事をスクープしました。

週刊文春が「独立メディア」として芸能と政治の両面に忖度なく切り込めるのは、このような記者が長年培ってきたスキルがあるからです。

テレビや新聞は芸能と利益の関係があり、「独立メディア」と言えない部分があるため、このようなスクープはできません。

新聞記者は週刊誌のスクープ力に敬意を払い、週刊誌記者も新聞記者に負けない報道をしようと努力しています。

詳しくみる ⇒参照元: コラム 元週刊誌記者の呟き…|赤石晋一郎 ジャーナリスト

2023年 仕事ベスト5 振り返り

ジュリー氏は現在、どのような業務に従事しているか?

救済の仕事

週刊文春の第二弾記事では、松本人志氏の「SEX上納システム」について取り上げられている。

また、2023年の仕事ベスト5や、被害者への詰問を行うスマイルアップ補償のジュリー氏の現在の業務内容についても触れられている。

スマイルアップ補償では、被害者の書類を確認するなどの救済業務を行っている。

詳しくみる ⇒参照元: 赤石晋一郎 ジャーナリスト|note