Academic Box Logo

若者に死期が近い人の特徴を解説!大切な家族への最期の準備とは?

ライターのYUKOです。今回は、若者に死期が近い人の特徴や、大切な家族への最期の準備について解説します。

死期が近い人の身体的特徴

死期が近い人によく見られる身体的な変化とは?

睡眠時間の増加、せん妄、手足の冷え

死期が近い人は、身体に様々な変化が現れます。

例えば、睡眠時間が増えたり、落ち着きがなくなったり、手足が冷たくなったりします。

ただし、これらはあくまでも典型的な例であり、すべての人に当てはまるわけではありません。

また、突然の死や事故死では、これらの変化が見られない場合もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 死期が近いのかなと思ったら|死期が近い人の10の特徴と最期ま...

死期が近づくと目の特徴に変化が

死期が近い人の目の特徴は?

焦点が合わない

死期が近い人の目は、焦点が合わず、ぼんやりと視線を流す特徴があります。

思考回路が穏やかになり、こだわりが無くなっていくため、視ることに意識を集中させることがなくなります。

また、輝きが失われ、伏し目がちになる傾向もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 死期が近い人の特徴や前兆|スピリチュアルな観点から見る死が近...

臨終の特徴と家族の対応

臨終が近い人が感じる感覚に影響を与えるものとは?

声かけ

臨終が近い人は、意識が薄れていってもかけられた言葉が聞こえているため、家族や友人は積極的に話しかけることが大切です。

また、手や足をさすってマッサージすることで、血流が改善され、快適さが得られると考えられています。

ただし、死期が近づくと家族は辛い気持ちになるため、独りで悩まず、医師や看護師などに相談することが推奨されています。

また、家族の旅立ちを見送った後の悲しみを癒すためのグリーフケアについても触れられています。

詳しくみる ⇒参照元: 死期が近いのかなと思ったら|死期が近い人の10の特徴と最期ま...

死期が近い人に起こる身体的変化

人が亡くなる直前に起こりやすい身体的な変化は何?

ほうれい線が目立たなくなる

がん患者を対象とした研究では、死亡3日以内に94%の人のほうれい線が目立たなくなったことが報告されている。

また、尿量の減少による尿色の濃化や、意識レベルの低下、チアノーゼと呼ばれる皮膚や粘膜の暗紫色化も死期が近い人に起こりやすい身体的な変化として挙げられる。

詳しくみる ⇒参照元: 死期が近いのかなと思ったら|死期が近い人の10の特徴と最期ま...

死期の前兆:見逃せないサイン

死期が近づくと人に見えてしまうものは?

黒い何か

死期が近づくと、人はさまざまな行動をとる傾向があります。

その中には、部屋の掃除や手のひらを見つめるなど、自分の死後の準備をするような行動があります。

また、本人が見る場合と、その近くの人が見る場合がありますが、黒い塊や人影など、黒い何かを見るという報告があります。

黒い何かは死を伝える死神のような存在なのかもしれません。

さらに、死期が迫るとセンサーが反応しなくなるという話もあります。

魂が薄くなっているためかもしれません。

このような前兆が見られたら、死期が近い可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 死期が近い人の特徴や前兆|スピリチュアルな観点から見る死が近...

死期が近い人の変化

事故などに遭い、突然死の危機に陥った場合、どのような現象が見られることがありますか?

走馬灯

死期が迫ると、走馬灯と呼ばれる現象が見られることがあります。

これは、過去の記憶が映像として脳裏に浮かぶ体験です。

この現象は、死期が近づいている場合ではなく、事故など突然死のケースに多いとされています。

死を免れたい一心から、脳内の記憶が一斉に溢れ出すことが原因と考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: 死期が近い人に見られる共通した特徴とは?スピリチュアルな視点...

死期の近づきを知らせる体のサイン

死期が近いと生じる、喉にたまる分泌物が原因の大きな呼吸音を何と呼ぶ?

死前喘鳴

死期が近づくと、喉の筋肉が弛緩し気管に分泌物が溜まり、死前喘鳴と呼ばれる大きな呼吸音が生じます。

この現象は数時間続き、その後48時間以内に死を迎えると言われています。

死前喘鳴を小さくするためには、分泌物を抑える薬を投与したり、唾液を吸引するなどの措置がとられますが、当人にはさほど苦しみはないそうです。

また、下顎呼吸と呼ばれる現象も生じ、顎を上下に動かしながらあえぐように呼吸します。

この呼吸は全身の筋肉を動かすため、胸や肩が大きく上下し、あえぎ苦しむように見えますが、当人には見た目ほどの苦しみはないと言われています。

下顎呼吸が始まると、多くの場合は1~2時間で亡くなることが多いとされています。

死期が近くなると血圧が急激に低下し、すべての筋肉が弛緩するため、尿や便を漏らすこともあります。

詳しくみる ⇒参照元: 死期が近いのかなと思ったら|死期が近い人の10の特徴と最期ま...

臨終における肉体の変化と窓を開ける行動

亡くなった人が部屋の窓を開け放つ理由は何ですか?

天国へ昇るためか、誰かの訪問を待つため

臨終が近づくと、肉体が死後の世界への移行を始めるため、手が透けて見えたり、形が変わったりすると言われています。

また、窓を開け放つことが増えるのは、天国に昇るためか、別の世界に連れて行ってくれる誰かからの訪問を待つためと考えられています。

また、死が近づくと、頑固だった人も落ち着きを取り戻し、死を受け入れるようになるそうです。

詳しくみる ⇒参照元: 死期が近い人に見られる共通した特徴とは?スピリチュアルな視点...

死期が近い人のスピリチュアルな特徴

死期が近い人は、どんな行動をとる可能性がある?

身の回りの整理

死期が近い人は、自分がいなくなった後の迷惑を配慮して、身の回りの整理を行うことがあります。

普段は掃除をしない人が大量に処分したり、銀行口座をまとめたり、遺産相続について明確にしたりするのも、死期が近い兆候です。

また、懐かしい人に会いたくなるのも、死期が近づくにつれて現れる特徴です。

詳しくみる ⇒参照元: 死期が近い人に見られる共通した特徴とは?スピリチュアルな視点...