Academic Box Logo

工期延長の理由と対処法を徹底解説!費用負担やお願いの仕方も

ライターのYUKOです。今回は、工期延長の理由と対処法について徹底解説します。費用負担やお願いの仕方についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

建設工事の工期延長の原因と対応策

工期が延長となる一般的な原因には何がありますか?

設計の不備や工事の施工ミス

建設工事の工期延長は、設計図の不備や施工ミスが主な原因となることが多いです。

設計図の不備とは、設計図の完成遅れや施主の希望の反映漏れ、設計ミスによる建物のサイズや強度の問題などが挙げられます。

施工ミスは、修正ややり直し作業が必要となり、スケジュールを圧迫したり、資材不足による発注遅延が発生したりします。

大規模な修正が必要な場合は、工期が大幅に延長される可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長になる理由とは?影響や延長決定時の対処法を確認|積算...

工期延長の原因と対処法

想定外のトラブルによって工期延長が必要になった場合、施主にどうお願いすべきですか?

敬意を示し、事実を明確に述べる

工期延長の原因を5つ挙げ、それぞれの原因の対処法を説明しています。

設計の不手際、施工ミス、資材不足、人手不足、天災やコロナ禍の影響が工期延長の原因として挙げられています。

設計の不手際の場合は、図面の納期や施主の意向の確認を徹底することが重要です。

施工ミスの場合は、打ち合わせの強化、現場監督の適切な指示、図面の正確な確認、突貫工事を避けることが大切です。

資材不足の場合は、資材の確保や代替資材の検討が必要です。

人手不足の場合は、協力会社の確保や作業の効率化が求められます。

天災やコロナ禍の影響の場合は、復旧作業の優先順位付けや工期の調整が必要です。

また、工期延長を施主に依頼する際は、敬意を示し、事実を明確に述べることで、理解と協力を得やすくなります。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長の5つの原因|対処法やお願いの仕方まで解説

工期延長の対処法:連絡と罰則金確認の重要性

工期延長に伴う罰則金の確認はなぜ必要ですか?

顧客の収益損失を補填するため

工期延長による施行ミスを防ぐには、残業時間を過度に増やさないことが重要です。

工期延長が必要な場合は、施主や関係者に連絡し、罰則金の有無を確認します。

特に非住宅の契約では罰則金が設定されていることが多く、顧客の収益損失を補填するために請求されるため、契約書の確認が不可欠です。

また、協力業者への連絡を怠ると、材料や人手の確保に支障をきたす可能性があります。

年度末は繁忙期のため、人手の確保が困難になる傾向があるので注意が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長の5つの原因|対処法やお願いの仕方まで解説

工期延長の影響

工期延長が現場に及ぼす影響で、最も直接的なものは何か?

後工程の予定が崩れる

工期延長は、後工程の予定を崩し、資材や職人の手配のやり直しや、施工ミスの発生リスクを高めます。

また、後工程の業者との打ち合わせや調整にも手間がかかります。

さらに、原価率の上昇も懸念されます。

リース品の延長料金や追加人員の手配により、工事費用が増加し、利益を圧迫する可能性があります。

加えて、工期延長は残業時間の増加にもつながり、従業員の負担を増加させます。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長の5つの原因|対処法やお願いの仕方まで解説

工期延長の5つの原因

資材不足の原因の一つとして、近年よく問題となっているのは?

コロナ禍・半導体不足・ロシアによるウクライナ侵攻

建築資材不足の背景には、コロナ禍による工場の稼働停止、半導体不足、ロシアによるウクライナ侵攻による材料調達難などの複合的な要因がある。

これらは、照明、トイレ、エアコンなどの建築資材の現場搬入を妨げ、工期の延長につながる。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長の5つの原因|対処法やお願いの仕方まで解説

工期延長の原因と影響

資材不足と工期延長の関係とは?

資材が入手できないため、工事が進められない

工期延長の原因は、資材不足、人手不足、不測の事態の3つに分類されます。

資材不足は、コロナ禍やウクライナ危機の影響で木材や半導体などのあらゆる資材が不足しています。

人手不足は、建設業界で深刻な問題となっており、必要な作業員を確保できずに工期が延びてしまいます。

不測の事態としては、自然災害や疾病の蔓延などが挙げられ、これらの影響により資材の運搬や生産に支障をきたしたり、作業員が不足したりして工事が進まなくなります。

工期延長が発生すると、事業者は作業員や協力会社の予定を再調整する必要が生じ、工期を延長した分の追加費用が発生する可能性があります。

また、施主は当初の予定通りに入居・使用することができなくなり、精神的・経済的な負担を負うことになります。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長になる理由とは?影響や延長決定時の対処法を確認|積算...

工期延長に伴う費用負担の原則

工期延長に伴う費用を負担するのは?

工事延長の責任がある側

建設工事では、工期延長によって増加する人件費や現場維持費などの費用が発生します。

この費用は、工期延長の責任がある側が負担することになっています。

責任は契約書や工事の状況によって異なるため、明確に定められていない場合は協議で決める必要があります。

また、工期延長に伴って工事費用の積算やスケジュールも調整する必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長の場合の費用負担は誰がする?項目や積算方法も解説

工期延長の要因と対策

工期延長を引き起こした要因は?

長引く雪

工期は当初令和4年12月31日までの予定だったが、長引く雪の影響で足場が悪くなり、作業員の安全が確保できず工事を中止せざるを得なくなった。

その結果、工期が令和5年1月31日まで延長されることとなった。

工期を延長することでお客様に迷惑がかかることをお詫びするとともに、今後このような延期が起きないように余裕を持った工事計画を立てることが約束されている。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長の対処法!費用負担や理由書について解説します

工期延長の建設会社側へのデメリット

工期延長によって発生する建設会社側のデメリットを全て述べてください

納期遅延、コスト増、従業員の負担

工期延長により建設会社は、施主への納期遅延の負担を負うだけでなく、コスト増も発生します。

コスト増は、作業員への特別報酬、リース機器の延長料金、人件費、足場維持費、運搬費などの増加によるものです。

また、建設会社が工期延長によるコストを負担する場合、利益が減少します。

さらに、工期延長は従業員に負担を与え、残業時間や休日出勤が増加します。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長になる理由とは?影響や延長決定時の対処法を確認|積算...

工期延長の正当な理由に不可抗力も含まれる

予期できない品不足などの経済現象も、工期延長の正当な理由となるか?

はい

契約条項に定められた「正当な理由」には、予期できなかった経済現象による品不足などの不可抗力も含まれます。

ただし、不可抗力の内容や程度によって結論は異なる場合があります。

東京地裁平成28年4月7日判決では、震災の影響で生コンクリートの出荷が停止したことを不可抗力として工期の延長が認められています。

詳しくみる ⇒参照元: 新型コロナ感染症による建設請負工事・設備工事の完成不能・中止...

建築業界における工期延長の原因と対策

長期的な工期延長を引き起こしやすい人為的ミスとは?

設計ミス

建築業界では、資材不足、人手不足、人為的ミスが工期延長の原因になる。

特に設計ミスは長期的な工期延長につながりやすい。

設計士の計画通りに建物を作れない場合や敷地からはみ出してしまう場合など、設計ミスを防ぐには設計図をしっかりとチェックする必要がある。

工期延長が起きても良いように、あらかじめ対処法を考えておくことが重要で、発生時には関係者全員に連絡することが最初のステップとなる。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長の対処法!費用負担や理由書について解説します

工事費の増加に伴う費用負担と積算方法

工期延長以外の変更があった場合、費用負担の基準は?

変更契約

工期延長だけでなく、一時中止や工期短縮などの変更が発生した場合も、変更契約を交わして費用を別途積算する必要がある。

また、増えた費用は一般管理費の項目で間接工事費として計上し、設計書上では請負工事費に合算して表示される。

積算業務の効率化には、積算見積ソフトの活用が有効。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長の場合の費用負担は誰がする?項目や積算方法も解説

工期延長の原因と対策

工期延長の原因となるミスを防ぐのに有効な対策は何か

正確な見積もり

工期延長は建設事業者や関係者にデメリットをもたらす可能性がある。

その原因の一つは、資材不足によるものであり、この不足は正確な見積もりによって防ぐことができる。

正確な見積もりを作成するために、手作業ではなく専用のITツールを活用することを推奨する。

アークシステムは、拾い出し・積算見積ソフト「楽王シリーズ」を提供しており、正確でスピーディな作業をサポートし、ミスによる資材不足を防止する。

このシリーズには、リーズナブルなサブスクリプション版とカスタマイズ可能な企業向け版がある。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長になる理由とは?影響や延長決定時の対処法を確認|積算...

現場における増加費用と工事費の構成

現場における増加費用の項目には何が含まれますか?

材料費、労務費、水道光熱電力等料金、機械経費、仮設費

標準積算の現場における増加費用には、元設計で直接工事費に含まれる「材料費」「労務費」「水道光熱電力等料金」「機械経費」「仮設費」が含まれます。

また、工事費の構成は、「直接工事費」と「間接工事費(共通仮設費、現場管理費、一般管理費)」に分けられます。

工期延長による費用増加は、下請業者に一方的に負担させたり、請負金額から差し引いたりすると、建設業法に違反する可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 工期延長の場合の費用負担は誰がする?項目や積算方法も解説

設計変更の注意点と積算対応

標準積算における、工事が一部中止になった場合の対象日数の算出方法を教えてください

一部中止にともなう工事延長期間

設計変更が必要となるケースは、設計図書の問題だけでなく、土地の条件の相違、天候不順、近隣の苦情など、予期できない要因が数多くある。

設計変更は手続きや協議が必要で、独断で変更することはできない。

変更には図面や施工計画書の作成や、積算・見積もりのやり直しなど、手間がかかる。

正しい積算で必要な費用を計上しないと赤字のリスクがあり、設計変更の手間も設計料として追加計上する必要がある。

楽王シリーズは、積算見積業務の効率化に役立つソフトで、自動計算や入力補助機能でヒューマンエラーを防止したり、急な仕様変更にも正確に対応できる。

詳しくみる ⇒参照元: 建設工事の設計変更とは?事例や注意点、赤字になる理由、積算方...