Academic Box Logo

国家公務員のボーナス支給月数が0.10カ月引き上げへ、上位成績者に充当

本日は、国家公務員のボーナスや賃上げに関する話題でお送りいたします。国家公務員のボーナス支給月数が引き上げられるとのことで、上位成績者に充当されるそう。果たしてその実態やいかに?

給与

国家公務員の給与改定、ボーナスの支給月数引き上げ

国家公務員のボーナス支給月数が民間企業の平均(4.41カ月)を下回っていることを踏まえ、0.10カ月引き上げられることが勧告されました。

引き上げ分はすべて「勤勉手当」に配分され、上位の成績区分への原資に充てられます

また、俸給表も改定され、初任の係長級の若手職員を含む30歳台半ばまでの職員に改善が及びます。

改定率は平均0.3%で、実施は今年の4月1日に遡ります。

➡️ 続きを読む月例給、ボーナスともに引き上げるのは3年ぶり(国内トピックス...独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)出典: https://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2022/10/k_08.html

なるほど、国家公務員のボーナス支給月数引き上げは、民間の平均に近づけるための措置なんですね。その分、上位成績者の手当に充てるというわけですか。国の公務員さんたちのモチベーションアップにも繋がるかもしれませんね。

賃上げ

春闘交渉で国公労連が大幅賃上げ要求

賃上げ

政府は国家公務員にどのような賃上げを要求されているか?

月額2万7000円以上

国公労連は2024年の春闘交渉で、物価上昇を上回る賃上げの要求を掲げました。

要求額は月額2万7000円以上で、6割の組合員が生活に困窮しているというアンケート結果も踏まえています。

岸田首相は「公的賃上げ」を表明しており、国家公務員の賃上げを先行させることで民間企業の賃上げを促す狙いがあります。

また、昼夜を問わず国民の生活を守る公務労働者の労苦に報いることも目的となっています。

➡️ 続きを読む国公労新聞|2024年2月25日号|第1619号国公労連 | 日本国家公務員労働組合連合会国公労連 | 日本国家公務員労働組合連合会出典/画像元: https://kokkororen.com/topics/880

国公労連の春闘交渉では、物価上昇を上回る賃上げ要求が出されているとのこと。厳しい生活状況に置かれている組合員が多いということでしょう。岸田首相も「公的賃上げ」を表明しているようですが、果たしてどのくらい実現するのか注目です。

賃上げ

国家公務員賃上げの展望

人事院は、国家公務員の給与は民間の給与に連動しており、民間の給与が上昇しなければ上がらないと説明しています。

そのため、近年物価上昇に伴い民間企業の賃上げが相次いでいる状況を鑑みると、2023年度の国家公務員の賃上げも期待できます。

岸田首相も賃上げの実現に向けて政府が環境整備に取り組むと表明しており、民間の賃上げ動向が国家公務員の賃上げにプラスの影響を与える可能性があります。

➡️ 続きを読む【2023】公務員の賃上げはいつから適用?!賃上げ率もあわせ...50代でも出来たゼロからのインターネットビジネス!副業で月収10万円以上を稼ぐ元メガバンク副支店長ブログ50代でも出来たゼロからのインターネットビジネス!副業で月収10万円以上を稼ぐ元メガバンク副支店長ブログ出典: https://fukutenbk.com/civilservant-wageincrease/

国家公務員の給与は民間の給与に連動しているとのことですが、物価上昇が続く中、民間企業の賃上げ動向が国家公務員の賃上げにプラスの影響を与えると良いですよね。岸田首相も賃上げの実現に向けて環境整備に取り組むと表明しているそうなので、期待が高まります。

給与

特別職国家公務員の給与引き上げ法案

給与

給与引き上げを必要とする理由は何ですか?

民間に賃上げを波及させるため

特別職の国家公務員の給与を引き上げる法案が国会に提出されており、政府は民間への賃上げ波及を理由に必要性を主張しています。

しかし、野党は物価高による国民の厳しい状況を考慮し、見直しを求めています。

この法案では、総理大臣の給与が年間46万円、閣僚の給与が32万円増額され、総理大臣は3割、閣僚は2割を返納することになっています。

➡️ 続きを読む特別職の国家公務員給与引き上げ法案 '適切' 官房長官出典/画像元: https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231108/k10014250921000.html

特別職の国家公務員の給与引き上げ法案が国会に提出されているんですね。民間への賃上げ波及効果があるとのことですが、物価高による国民の厳しい状況を考えると、もう少し慎重な検討が必要かもしれません。野党からは見直しの要求もあるようですし。

公務員 賃上げ

公務員賃上げの噂、根拠なし

公務員賃上げに関する噂が流れていますが、現時点ではそれを裏付ける情報はありません。

正確な情報を得るには、政府の公式発表などの信頼できる情報源を確認することが重要です。

➡️ 続きを読む検索結果 「公務員 賃上げ」GoogleGoogle出典: https://www.google.com/search?q=公務員 賃上げ

公務員賃上げに関する噂も飛び交っていますが、正確な情報を得るには政府の公式発表などの信頼できる情報源を確認することが大切ですよね。憶測に惑わされないようにしたいものです。

給与

公務員給与引き上げ法案修正案

政府は提出した法案の扱いを現場で検討するよう求め、修正を考慮する姿勢を示しました。

これを受け、立憲民主党は人事院勧告を尊重して一般公務員の給与引き上げには賛成するものの、物価高騰を踏まえ、総理大臣や閣僚の給与引き上げは国民に理解されないと主張しています。

そのため、衆議院内閣委員会に岸田総理や閣僚の給与引き上げ凍結を盛り込んだ修正案を提出する予定です。

➡️ 続きを読む特別職の国家公務員給与引き上げ法案 '適切' 官房長官出典: https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231108/k10014250921000.html

政府が法案の扱いを現場で検討するよう求めているとのこと。これを受け、立憲民主党は一般公務員の給与引き上げには賛成しつつも、物価高騰を踏まえて総理大臣や閣僚の給与引き上げは凍結すべきだと主張しているようです。衆議院内閣委員会に修正案を提出するとか。今後の展開が気になりますね。

波及効果

給与引き上げの波及効果

連合は民間企業に対し、政府の給与引き上げ勧告に沿った給与改定を早急に実施するよう促している。

人事委員会が設置されている地方自治体では、地方公務員の給与に関する勧告が人事院勧告を参考にして行われることが期待されており、これにより地域経済の活性化が図られる見込みだ。

連合はまた、民間企業においても同様に、給与の大幅引き上げが行われることを求めている。

➡️ 続きを読む月例給、ボーナスともに引き上げるのは3年ぶり(国内トピックス...独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)出典: https://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2022/10/k_08.html

連合が民間企業に政府の給与引き上げ勧告に沿った給与改定を促しているんですね。人事委員会がある地方自治体では、地方公務員の給与勧告も人事院勧告を参考にすることになるそうで、これによって地域経済の活性化が図られることが期待されているとのこと。民間の企業でも賃上げが進むことを願います。

給与

中高齢層の給与向上で国家公務員の人材確保とモチベーション維持を

政府は2023年8月に若年層の給与を引き上げることを発表しましたが、中高齢層の給与も考慮する必要があります。

長期勤続傾向のある国家公務員は年功給を維持し、モチベーションを維持する必要があります。

また、ライフサイクルに応じた生計費を確保することも重要です。

中高齢層の給与水準は新規採用者の職業選択にも影響します。

さらに、実質賃金の低下は全世代の問題であり、中高齢層の給与改善は人材流出を防ぐのに不可欠です。

政府は地域別最低賃金を引き上げる目標を掲げていますが、高卒初任給が地域別最低賃金を下回る状況が続いています。

この不合理な給与水準は人事配置を歪め、職員の労務管理に支障をきたしています。

政府は実質的に最低賃金法に抵触する高卒初任給を是正する必要があります。

➡️ 続きを読む国公労新聞|2024年2月25日号|第1619号国公労連 | 日本国家公務員労働組合連合会国公労連 | 日本国家公務員労働組合連合会出典: https://kokkororen.com/topics/880

政府は若年層の給与引き上げを発表しましたが、中高齢層の給与も考慮する必要がありますよね。国家公務員は年功給の傾向があるため、モチベーションを維持することが大切です。また、ライフサイクルに応じた生計費も確保する必要があります。

今回は国家公務員のボーナスや賃上げに関する話題をお届けしました。公務員の給与が民間企業にどのような影響を与えるのか、今後も見守りたいと思います。それでは失礼いたします。