Academic Box Logo

苫小牧の人気店「マルトマ食堂」の行列回避術!何時から並ぶのがベスト?

ライターのYUKOです。苫小牧の人気店「マルトマ食堂」の行列回避術をご紹介します。

マルトマ食堂の入店タイミング

混雑を避けてマルトマ食堂に入るには何時頃に行けば良い?

午前10時頃

マルトマ食堂は漁協関係者が優先される食堂で、一般客は漁協関係者が食べ終えるのを待ってから入店します。

そのため、空いている時間に入店したい場合は、漁協関係者が少ない午前10時頃に入店するのがおすすめです。

ただし、満席の場合は漁協関係者が食べ終えるまで待つ必要があり、待ち時間は20分ほどになることもあります。

詳しくみる ⇒参照元: 【苫小牧名物ホッキカレー】マルトマ食堂は北寄貝がゴロゴロ入っ...

マルトマ食堂の混雑を回避する方法

混雑を避けられる曜日はあるか?

水曜日

マルトマ食堂の混雑を避けるには水曜日が狙い目と推測された。

市場が休みの水曜日は観光客は市場に集中するが、漁業関係者はいないと考えられた。

実際に訪れた際には行列はなく、ラッキーだった。

地元の人からも土日は混雑すると聞かれた。

混雑を嫌う地元の人もまだ行ったことがないという人が多いという。

店内には先客が3組おり、観光客ばかりだった。

座席数は20人程度で、注文は大きな声で伝えるシステム。

お茶とお水はセルフサービスとなっている。

詳しくみる ⇒参照元: マルトマ食堂空いてる時間は?待ち時間はどれくらい?

マルトマ丼の海鮮ネタ

マルトマ丼に盛り付けられているネタを全て教えてください

甘エビ、生ホッキ、マグロ、サーモン、いくら、ウニ、サンマの竜田揚げ、ブリ?、イワシ?、アワビ?

マルトマ食堂の名物「マルトマ丼」は日替わり海鮮丼で、その日によって盛り付けられるネタが異なります。

提供されたマルトマ丼には、甘エビ、生ホッキ、マグロ、サーモン、いくら、ウニ、サンマの竜田揚げ、ブリ?

、イワシ?

、アワビ?

が盛り付けられていました。

ネタは新鮮で、甘エビは9尾ものっており、ボリューム満点の一品でした。

詳しくみる ⇒参照元: 【北海道】平日でも行列ができる店『マルトマ食堂』で海鮮丼を食...

苫小牧名物ホッキカレーが絶品!行列覚悟で訪れたいマルトマ食堂

ホッキカレーが有名なお店のピーク時はいつですか?

お昼前後

苫小牧名物のホッキ貝がふんだんに使われたホッキカレーが名物のマルトマ食堂は、漁業関係者のために早朝から開店しており、ピーク時はお昼前後の11時から14時まで。

この時間帯は行列ができて平均30分~1時間待ちとなる。

店内は老舗の雰囲気で家族経営のアットホームな雰囲気が漂い、天井までサインで埋め尽くされている。

詳しくみる ⇒参照元: 苫小牧漁港で愛される漁師めし!「マルトマ食堂」のホッキカレー...

歴史と芸能人に愛される食堂

お店はいつ創業しましたか?

1969年

マルトマ食堂は1969年に創業した家族経営の食堂です。

壁や天井には50年間にわたる芸能人のサイン色紙がびっしりと貼られており、メディアに取り上げられること300~400回にも上ります。

店内は歴史を感じさせる趣で、創業当時のテーブルや椅子が今でも使われているかもしれません。

お昼時には漁業関係者も多く訪れ、行列が絶えないそうです。

詳しくみる ⇒参照元: マルトマ食堂の「ホッキカレー」【苫小牧】|生方正の旅ブログ

苫小牧ホッキカレーの名店マルトマ食堂

マルトマ食堂で平日しか味わえない料理は何ですか?

苫小牧ホッキカレー

マルトマ食堂は苫小牧漁協共同組合の事務所の一角にある食堂で、苫小牧名物ホッキを使ったホッキカレーが有名です。

営業時間は朝5時から昼2時までで、市場が休みとなる日曜と祝日は営業していません。

マルトマ食堂の駐車場は苫小牧市公設地方卸売市場に併設されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【苫小牧名物ホッキカレー】マルトマ食堂は北寄貝がゴロゴロ入っ...

行列回避術:マルトマ食堂の賢い訪問時間

行列を避けるための最適なマルトマ食堂の訪問時間は?

朝4:30

北海道の苫小牧市にあるマルトマ食堂は、行列のできる海鮮食堂として知られています。

開店時間の朝5時から混雑するため、待ち時間を最小限に抑えるには開店前の朝4:30頃に到着するのが最適です。

食堂は漁師向けに営業しているため、昼過ぎには閉店します。

苫小牧駅からお店までは2.5km離れていますが、日中はバスを利用できます。

ただし、本数が少ないので、徒歩が難しい場合はレンタカーかタクシーを利用することを検討してください。

詳しくみる ⇒参照元: マルトマ食堂|苫小牧の超人気店には朝5時から行列ができるのか...

北海道必訪の芸能人も多数訪れる食堂

北海道で一度は訪れるべき芸能人も多数訪れる食堂は?

マルトマ食堂

マルトマ食堂は多くの芸能人が訪れる人気食堂で、駅から離れていて行列に並ぶ必要があるものの、安さと美味しさで人気を集めています。

北海道を訪れた際はぜひ訪れてみてください。

詳しくみる ⇒参照元: マルトマ食堂のアクセス方法は?混雑情報や空いてる時間はいつ?

北海道の人気グルメ「ホッキカレー」行列対策とレトルトオプション

ホッキカレーを堪能するにはどのような対策が有効?

行列覚悟で時間に余裕を持って行く

ホッキカレーで有名なマルトマ食堂は行列必至の人気店。

並んでも食べたい場合は時間に余裕を持って訪れるのがおすすめ。

ただし、どうしても行列に並べない場合は、お取り寄せ可能なマルトマ食堂のレトルトカレーも選択肢として検討できる。

北海道を訪れる際には、空いている時間帯をチェックして、感染症対策を徹底した上で訪問を検討しよう。

詳しくみる ⇒参照元: 苫小牧マルトマ食堂の空いてる時間いつ?平日の混雑時に並ぶ待ち...

苫小牧のホッキ使いマエストロ

苫小牧で最もホッキを剥いているのは誰?

マルトマ食堂の三浦さん

マルトマ食堂の料理人である三浦さんは、先代から受け継いだ店とメニューに独自の工夫を加え、ホッキを使ったメニューを25種類以上開発しました。

そのほとんどのメニューにはホッキの身肉が3個分使われており、三浦さんは1日に800個のホッキを剥いています。

年間300日営業とすると、240,000個ものホッキを剥く計算になり、苫小牧で最もホッキを剥いている人物と推測されます。

三浦さんのホッキへのこだわりはメニュー開発にとどまらず、「ホッキカレー専用ガラナ」まで開発するほどです。

詳しくみる ⇒参照元: 【苫小牧市】行列店のホッキメニューに隠された2代目の想い。マ...

ツーリングの途中に立ち寄りたいライダーハウス

フェリーの出航まで2時間以上空いたとき、どんな利用の仕方ができるか

マルトマ食堂で食事をする

マルトマ食堂は、1200円のカレーが人気のお店。

フェリーの受付開始まで2時間以上ある場合に寄ると良い。

接客態度も良く、気持ちよく食事ができる。

長い待ち時間も有効活用して、マルトマ食堂で良い思い出を作ることができる。

詳しくみる ⇒参照元: マルトマ食堂の「ホッキカレー」【苫小牧】|生方正の旅ブログ

マルトマ食堂の人気の丼メニュー

「マルトマ丼」のウリは何ですか?

旬の海鮮が豊富

マルトマ食堂の人気メニューである「マルトマ丼」は、獲れたての旬の海鮮が10種類以上も乗っているのが特徴です。

ウニやホッキ貝など高級食材や名産品も含まれているのに、税込1500円というリーズナブルな価格で提供されています。

詳しくみる ⇒参照元: 苫小牧漁港で愛される漁師めし!「マルトマ食堂」のホッキカレー...

港町の食堂で味わう絶品魚介お惣菜

港町らしいお惣菜が楽しめる食堂では、どのような魚介メニューが提供されていたのか?

エビフライ、エビクリームコロッケ、カレイの煮付け、ホッキサラダなど

苫小牧にある食堂「マルトマ食堂」では、ホッキの乗った料理以外にも、エビフライ、エビクリームコロッケ、カレイの煮付け、ホッキサラダなどの魚介系のお惣菜をテイクアウトで販売しています。

特にエビクリームコロッケとカニクリームコロッケは濃厚な魚介の味が楽しめる人気メニューで、ホッキサラダは大粒のホッキがたっぷり入った甘い味付けのサラダです。

これらのお惣菜は、太平洋フェリーのお供にも最適です。

詳しくみる ⇒参照元: マルトマ食堂空いてる時間は?待ち時間はどれくらい?

苫小牧の海の幸が堪能できるマルトマ食堂

苫小牧で獲れた活ホッキはどんな特徴がありますか?

肉厚で甘い

苫小牧で獲れた活ホッキは肉厚で甘みが強く、刺身で食べるとその美味しさを堪能できます。

北寄貝の身やヒモ、貝柱を余すことなく使用したホッキカレーは、コリコリとした歯ごたえが特徴です。

マルトマ丼には、獲れたての新鮮な活ホッキや活アワビ、生マグロ、生うに、イクラ、甘エビ、真アジがのっており、味噌汁と漬物が無料で付きます。

単品料理の冷蔵ネタケースには、海鮮類の刺し身や揚げ物、焼き魚、天ぷらなどが並び、子供向けのメニューも充実しています。

詳しくみる ⇒参照元: マルトマ食堂(北海道苫小牧市汐見町)

民族共生施設ウポポイ

ウポポイとはどのような施設ですか?

民族共生象徴空間

ウポポイは白老にある民族共生象徴空間で、広大な敷地に様々なプログラムや展示があり、アイヌ文化について学ぶことができる施設です。

詳しくみる ⇒参照元: マルトマ食堂空いてる時間は?待ち時間はどれくらい?