Academic Box Logo

コンフィデンシャルマークの意味と使い方、類語や言い換え

ライターのYUKOです。

「コンフィデンシャル」の意味と使い方

「コンフィデンシャル」の意味は何ですか?

秘密

「コンフィデンシャル」とは「秘密」という意味の言葉で、ビジネスシーンでは機密情報や秘密保持に関する文脈で使われます。

英語の「confidence」が「信用」や「信頼」だけでなく、「秘密」や「秘密を共有できる関係」という意味を持つことが由来です。

そのため、「この書類はコンフィデンシャルです」という表現は、「この書類は秘密です」という意味になります。

詳しくみる ⇒参照元: 今さら聞けない「コンフィデンシャル」の意味を、あなたにそっと...

コンフィデンシャルの意味と使い方

ビジネスシーンで極秘であることを示す言葉は何か

コンフィデンシャル

「コンフィデンシャル」は、ビジネスシーンで極秘であることを示す言葉です。

極秘の書類や資料には、「confidential」というコンフィデンシャルマークが押されます。

また、「国家機密の」や「社外秘」などの意味でも使われ、日常会話では使用しません。

詳しくみる ⇒参照元: 「コンフィデンシャル」の意味とは?使い方や類語・言い換えを解...

コンフィデンシャルの意味とビジネスでの使い方

ビジネスシーンで「コンフィデンシャル」が使われるのはどのような情報か?

フォーマルな機密事項

「コンフィデンシャル」は「機密の」という意味のカタカナ用語で、ビジネスシーンでは、取り扱う資料や会話など、フォーマルな状況で扱う機密事項に使用されます。

秘密にしたい情報は日常生活にも存在しますが、「コンフィデンシャル」は、仕事上の機密事項に限定して使用されるのが一般的です。

英語の「confidential」が語源で、「機密の」「極秘の」「部外秘の」「内密の」などの意味を持ちます。

詳しくみる ⇒参照元: コンフィデンシャルの意味とは?コンフィデンシャルマークって ...

コンフィデンシャルの機密の種類

「コンフィデンシャル」に分類される「機密」の種類を3つ挙げてください

社外秘、社内秘、国家機密

「コンフィデンシャル」は機密扱いの書類を表しますが、機密の分類には種類があります。

社外に持ち出せない「社外秘」、特定の関係者内で共有する「社内秘」、国の重要な秘密である「国家機密」などが挙げられます。

文書や手紙で「コンフィデンシャル」と記載があれば「親展」の意味を持ち、宛名以外の人が封を開けるのはルール違反です。

類語として「シークレット」があり、似た意味を持ちますが、「コンフィデンシャル」よりやや意味合いが異なります。

詳しくみる ⇒参照元: 今さら聞けない「コンフィデンシャル」の意味を、あなたにそっと...

機密書類の基礎知識

社外の人に知らせたくない情報が書かれた書類を何と言う?

機密書類

機密書類は、企業にとって秘密の情報を記載した書類です。

「confidential」または「社内秘」「社外秘」というマークで示されます。

機密書類の情報が外部に漏洩すると損害が発生する可能性があります。

機密書類の対義語は「公然」や「公表」で、広く公開されることを意味します。

類義語には「内密」「密事」「部外秘」などがあり、秘密が保持されることを示します。

詳しくみる ⇒参照元: 【コンフィデンシャル】と【シークレット】の意味の違いと使い方...

シークレットとコンフィデンシャルの違い

「シークレット」と「コンフィデンシャル」の重要度でより高いのはどちら?

コンフィデンシャル

「シークレット」は単なる秘密を示すのに対し、「コンフィデンシャル」は機密事項や社外秘を示すため、重要度は「コンフィデンシャル」の方が高い。

日常会話では、「コンフィデンシャル」ではなく、「内密に」や「口外無用」と言い換えて使用される。

詳しくみる ⇒参照元: 「コンフィデンシャル」の意味とは?使い方や類語・言い換えを解...

機密度の階層

機密性の高い情報の中で、最も機密度の高いものは何ですか?

トップシークレット

機密度の高い情報は、トップシークレット、シークレット、コンフィデンシャルの3段階に分けられます。

トップシークレットは最も機密度が高く、社内や企業間の公式な場では「コンフィデンシャル」が使用されます。

詳しくみる ⇒参照元: 今さら聞けない「コンフィデンシャル」の意味を、あなたにそっと...

コンフィデンシャルとシークレットの違い

コンフィデンシャルとシークレットの秘匿性の違いを簡単に教えてください

シークレットの方が秘匿性が高い。

コンフィデンシャルは信用できる人々に限定して見せるべき情報、シークレットは知っている人が限定されている秘匿性の高い情報を指します。

シークレットは軍事機密など国家に関わる情報にも使用され、より厳重に扱われます。

詳しくみる ⇒参照元: 【コンフィデンシャル】と【シークレット】の意味の違いと使い方...

コンフィデンシャルの注意喚起と関連語

機密を扱う際に、注意を促す言葉は?

コンフィデンシャル

機密情報を扱う際には、途中経過で漏洩してはいけない情報が生じる場合があります。

このような場合に、注意を促すために使用される言葉が「コンフィデンシャル」です。

コンフィデンシャルは「機密」を意味し、会社内の機密書類などに「confidential」「社内秘」「社外秘」「マル秘」といったマークで表示されます。

また、コンフィデンシャルの関連語として、「コンフィデント」は「確信している」という意味の単語で、「機密」の意味は含まれません。

詳しくみる ⇒参照元: コンフィデンシャルの意味とは?コンフィデンシャルマークって ...

コンフィデンシャルとパブリック

「パブリック」という言葉の反対語は何ですか?

コンフィデンシャル

「コンフィデンシャル」とは、「極秘の」や「秘密の」という意味で、ビジネスシーンでは「関係者以外には公開しない」ニュアンスで使われます。

一方、「パブリック」は「公的な」や「公衆」「大衆」という意味で、「広く大衆に開かれる」ニュアンスで使用されます。

したがって、「コンフィデンシャル」の反対語は「パブリック」となります。

また、「公開」や「公然」も「コンフィデンシャル」の反対語として挙げられます。

詳しくみる ⇒参照元: 「コンフィデンシャル」の意味とは?使い方や類語・言い換えを解...

コンフィデンシャルの意味と使い分け

秘密を意味する言葉で、信頼に関する熟語にも使われるものは何?

コンフィデンシャル

「コンフィデンシャル」は秘密や秘密ごとを意味する言葉で、信頼に関係する熟語にも使われます。

フォーマルな場で用いられることが多く、政府への信頼や詐欺師といった言葉に使われています。

一方、「シークレット」も秘密を意味しますが、日常会話で「秘密」と言いたい場合はこちらの言葉が使われます。

コンフィデンシャルは組織内や仕事の書類など、フォーマルな場で使い分けられます。

詳しくみる ⇒参照元: コンフィデンシャルの意味とは?コンフィデンシャルマークって ...