Academic Box Logo

文豪ストレイドッグス:その魅力と面白さの秘密を解き明かす

ライターのAnnaです。文豪ストレイドッグスの魅力と面白さの秘密を解き明かします。

文豪ストレイドッグスの世界観

文豪ストレイドッグスの世界観はどのようなもの?

実在の文豪が異能力を使うアクション

文豪ストレイドッグスは、実在の文豪をキャラクター化し、彼らの作品をモチーフにした異能力を駆使して戦うアクション漫画。

原作漫画は2013年から連載されており、アニメ化や外伝小説、スピンオフ漫画など幅広く展開されている。

物語は、孤児院を追放された中島敦が太宰治を救ったことをきっかけに、異能集団「武装探偵社」に入社し、ヨコハマの裏組織との戦いに身を投じていく。

詳しくみる ⇒参照元: 文豪ストレイドッグスの評価は低い?イケメン文豪の異能バトル漫...

異能力の世界、文スト

ヨコハマの夜の世界を取り仕切るのは?

武装探偵社

文ストの世界では、異能力と呼ばれる特殊な力を持つキャラクターが登場します。

異能力は破壊的な戦闘系の能力や精神干渉系の能力など種類は様々です。

ヨコハマでは、警察や軍が昼の世界を取り仕切り、ポートマフィアが夜の世界を取り仕切っています。

その間を取り仕切るのは、武装探偵社という異能集団です。

武装探偵社は危険な依頼を専門に扱う会社で、構成員のほとんどが異能力を持っています。

詳しくみる ⇒参照元: 文豪ストレイドッグス(文スト)のあらすじ解説!登場キャラや感...

文豪ストレイドッグスの魅力

文豪ストレイドッグスが人気な理由を教えて

異能力バトルの迫力

「文豪ストレイドッグス」が人気を保ち続けている理由は、派手で迫力のある異能力バトルにあります。

各キャラクターが持つユニークな異能がぶつかり合うシーンは、音楽と相まって興奮を誘います。

また、文豪を題材にした設定や、舞台化や実写化といったメディアミックス展開も人気を支えています。

詳しくみる ⇒参照元: 文豪ストレイドッグスが人気なのはなぜ?面白いかつまらないかも...

文ストの違和感を楽しむ

文ストで最も違和感があるのは、実在の文豪の誰の設定ですか?

太宰と芥川

人気漫画「文豪ストレイドッグス」には、実在した文豪が異能を持って戦うという設定がある。

しかし、実在の人物が好き勝手に拡張されており、その違和感を楽しむのが読書家の正しい読み方とされている。

実在の文豪を知っていると、太宰と芥川の設定が完全に逆で違和感があることに気づく。

詳しくみる ⇒参照元: 文豪ストレイドッグス【文スト】考察! 実在の文豪との違い

文豪ストレイドッグス5期の評価

文豪ストレイドッグス5期の評価が低い理由は何?

後出しジャンケン的な展開

文豪ストレイドッグス5期は、4期と合わせて見れば楽しめるという意見もあるが、3期までと比較すると面白さが劣るという評価が多い。

主な理由は、後出しジャンケン的な展開で、一方的な殴り合いが多くなっていること。

また、文豪作品が能力に反映されていた初期の面白さが失われているという意見もある。

詳しくみる ⇒参照元: 【文豪ストレイドッグス5期】アニメ感想評価!ひどいつまらない...

文豪ストレイドッグス全巻ネタバレ

誰もが知る文豪の名前を持つ美麗キャラたちが戦う

美麗文豪キャラたちが戦う

「文豪ストレイドッグス」は、誰もが知る文豪の名前を持つ美麗キャラたちが戦う、原作・朝霧カフカ、作画・春河35による異能バトル漫画です。

魅力的なキャラと緻密なストーリーが人気を博し、2023年にはアニメ5期も放送決定。

本記事ではそんな「文スト」の全巻ネタバレあらすじや感想を紹介していきます。

ヨコハマにある武装探偵社は、異能を駆使して依頼をこなす組織。

そんな武装探偵社の太宰治と、自身の異能に気づいていない中島敦とが出会うことから物語は始まります。

紆余曲折あり敦は武装探偵社に入社することに。

実は彼の異能は特殊なものでした。

ポートマフィアや組合(ギルド)など、それぞれの思惑を持つ異能者組織たちが敦を確保しようと動き始め、世界を巻き込む異能バトルへと展開していきます。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画「文スト」全巻ネタバレあらすじ解説!美麗文豪キャラたちの...

文豪ストレイドッグス:批判のポイント

文豪ストレイドッグスを批判する人たちが指摘する欠点は何か?

実在の文豪とキャラクターがかけ離れている点や異能力バトルの文豪との関連性の薄さ

『文豪ストレイドッグス』では、実在の文豪をキャラクターとして登場させ、彼らの名前や逸話をもとにした異能力バトルを描いています。

しかし、この文豪の設定が実在の文豪像とは大きく異なっている点や、異能力バトルと文豪との関連性が薄い点が批判されています。

そのため、文豪のファンや日本文学に詳しい読者からは、「実在の文豪に失礼すぎる」や「文豪である必要性を感じない」といった意見が寄せられています。

詳しくみる ⇒参照元: 文豪ストレイドッグスは面白い?つまらない?人気の理由や魅力を...

文豪ストレイドッグスの評価が低い理由

実在の文豪をモデルにしたキャラクターの異能力と文豪の作品名との関連性は?

関連性がない

文豪ストレイドッグスでは実在の文豪をモデルにしたキャラクターが登場し、それぞれ作品名を冠した異能力を持つ。

しかし、中島敦の「月下獣」以外、ほとんどの異能力は文豪の作品とは関連性が薄い。

そのため、モデルに文豪を使う必要性について疑問が呈されている。

例えば、太宰治の異能力「人間失格」は相手の能力を無効化するが、文豪の作品との関連性は不明。

また、文豪ストレイドッグスの登場人物は実在の文豪とは異なる設定が多く、文豪へのリスペクトが不足しているという批判もある。

さらに、中高生をターゲットとしているため、文豪に詳しくない読者向けに異能力やキャラクター設定がアレンジされている可能性が指摘されている。

詳しくみる ⇒参照元: 文豪ストレイドッグスの評価は低い?イケメン文豪の異能バトル漫...

文豪ストレイドッグスの魅力的なバトル

文豪ストレイドッグスのバトルにはどのような種類があるのか?

異能力バトルと頭脳戦

文豪ストレイドッグスは、文豪の名を冠した異能力者たちが繰り広げるバトルアクション漫画です。

バトルには、文豪の作品が異能力となった豪快な「異能力バトル」と、知識を駆使した「頭脳戦バトル」の2種類があります。

異能力バトルは建物が吹っ飛ぶような迫力のある演出が特徴で、頭脳戦バトルは知力のぶつかり合いが見どころです。

どちらのバトルもアニメで視聴するのがおすすめです。

詳しくみる ⇒参照元: 文豪ストレイドッグスが面白い理由が納得!人気なのはなぜなのか...

文ストの魅力:印象的なキャラクターと演技力

文豪ストレイドッグスの魅力の一つは何ですか?

キャラクターのデザインと声優の演技

文豪ストレイドッグスのキャラクターは独特の目の形や色で有名で、作者が特にこだわったポイントです。

また、各キャラクターに合った演技力の高い声優が起用されており、シリアスなシーンと日常的なシーンの演技の切り替えが絶妙で、キャラクターの魅力をさらに引き立てています。

詳しくみる ⇒参照元: 文豪ストレイドッグスが面白い理由が納得!人気なのはなぜなのか...

太宰治の闇に迫る

太宰治が抱える悩みの正体とは?

生きることへの苦悩

「文豪ストレイドッグス」の人気キャラクター・太宰治は、自殺愛好家として描かれています。

その背景には、生きることへの苦悩や暗い過去が隠されていると考えられます。

文豪ストレイドッグスでは、登場キャラクターのほとんどが悩みを抱えており、自らの生きる意味を見出す姿が描かれています。

太宰治もまた、そうした悩みを抱えたキャラクターであり、その苦悩が自殺願望に繋がっている可能性があります。

また、包帯で覆われた彼の姿も、過去の傷や心の闇を暗示していると考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 文豪ストレイドッグスの評価は低い?イケメン文豪の異能バトル漫...

文豪ストレイドッグスあらすじネタバレ

武装探偵社と戦った北米の異能集団の名前は?

組合

『文豪ストレイドッグス』は、中島敦が武装探偵社に入社し、人喰い虎の正体が自分だったことを知るというストーリーから始まります。

第2期では、太宰治の過去である「黒の時代編」が描かれ、太宰が武装探偵社に入社するまでの経緯が明らかになります。

第3期では、太宰と中也の出会いや、武装探偵社とポートマフィアが「死の家の鼠」頭目フョードル・ドストエフスキーの策略に対抗する戦いが描かれます。

この作品では、様々な文豪をモチーフにしたキャラクターが登場し、異能力バトルが繰り広げられます。

詳しくみる ⇒参照元: 文豪ストレイドッグス(文スト)のあらすじ解説!登場キャラや感...