Academic Box Logo

朝ドラ「らんまん」あらすじ全話まとめ: 恋愛模様や万太郎の活躍を振り返る

ライターのAnnaです。NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」の全話のあらすじをまとめました。

萬太郎の幼少期の葛藤

萬太郎が生まれてきたことを後悔するような言動をしたのは誰?

周りの人

「らんまん」の主人公、萬太郎は幼少期に発熱を繰り返す病弱な少年でした。

そんな萬太郎に対して、周囲の人々から「生まれて来なければよかった」という傷つく言葉を耳にすることになります。

この言葉は、萬太郎の心に深い傷を残し、彼を裏山の神社へと向かわせます。

そこで、萬太郎は天狗と名乗る坂本龍馬に出会うのです。

萬太郎は、龍馬との出会いを通じて、病弱な自分の存在意義を見出していくことになります。

詳しくみる ⇒参照元: らんまん(朝ドラ)のネタバレとあらすじ全話まとめ!最終回まで

植物学者・牧野富太郎の生涯を描く「らんまん」

牧野富太郎の妻役を演じた女優は誰ですか?

浜辺美波

NHK連続テレビ小説「らんまん」は、天真らんまんな植物学者・牧野富太郎と妻・寿恵子の生涯を描いた物語です。

主人公の牧野富太郎を神木隆之介が演じ、妻の寿恵子を演じるのは浜辺美波です。

物語は、1867年、土佐・佐川村の造り酒屋「峰屋」の跡取り息子・万太郎(牧野富太郎の幼少期)が草花に夢中な日々から始まります。

病弱な万太郎は周囲に心配をかけますが、裏山の神社で出会った「てんぐ」と名乗る武者(坂本龍馬)との出会いから生きる希望を見出します。

その後、万太郎は武家の子息だけが通学を許される学問所へ進学し、草花への想いをさらに強くしていきます。

また、姉の綾(万太郎の姉)が女人禁制の酒蔵に足を踏み入れたことで蔵人に責められる場面や、万太郎が病床の母を元気づけようと山奥でバイカオウレンの花を探す場面など、様々なエピソードが展開されていきます。

詳しくみる ⇒参照元: 朝ドラ「らんまん」第1話~最終回 あらすじ ネタバレ 相関図...

「らんまん」第1週の重要な人物

ドラマ「らんまん」で、主人公・槙野万太郎が初めて出会った人物は誰ですか?

天狗と名乗る男

「らんまん」は、植物学者・牧野富太郎の人生をモデルにした物語です。

第1週では、主人公の槙野万太郎が5歳の時、生まれつき病弱なため周囲から心配をかけられ、家を飛び出して裏山の神社にたどり着きます。

そこで、謎の男・坂本龍馬と運命的な出会いを果たします。

坂本龍馬は万太郎に植物の魅力を教え、万太郎は植物学者としての夢を抱くようになります。

その後、万太郎は学問所で植物学者の池田蘭光と出会い、植物学への興味をさらに深めていきます。

詳しくみる ⇒参照元: 【らんまん】ネタバレあらすじ最終回まで全話まとめ! (Nhk...

天才植物学者・万太郎の物語「らんまん」

主人公は何を研究した人物?

植物学者

「らんまん」の主人公、槙野万太郎は、植物研究に生涯を捧げた天才植物学者です。

地元高知県出身の植物学の父・牧野富太郎博士をモデルとしており、第1話から最終話まで、万太郎の植物への情熱や研究の道のりが描かれています。

物語は万太郎が少年時代から始まり、師匠との出会い、大人になって本格的に植物学の道を選ぶまでの過程が描かれます。

万太郎は自由民権運動やジョン万次郎との出会いを通して決意を固め、東京で本格的な植物の研究を開始します。

個性豊かな人々との出会いの中で、万太郎の研究への情熱はさらに深まり、植物学の道を歩むことになります。

詳しくみる ⇒参照元: 【1話から最終話まで】朝ドラ『らんまん』あらすじ・ネタバレ・...

植物学の父をモデルにした朝ドラ「らんまん」

槙野万太郎がモデルとなった植物学者は誰?

牧野富太郎

高知県出身の槙野万太郎は、後に日本の植物学の父と呼ばれる牧野富太郎の人生をモデルとしたオリジナルストーリーの主人公です。

動乱の時代の中、植物への情熱を貫き、妻の寿恵子とともに波乱万丈な生涯を送りました。

万太郎と寿恵子の愛と発見に満ちた人生が、美しい草花の情景とともに描かれています。

詳しくみる ⇒参照元: 《最終回まで更新済》朝ドラ『らんまん』あらすじネタバレ・感想...

万太郎の苦難

万太郎の書いた論文に激怒した人物は誰か

田邊教授

万太郎は植物採集から帰った日に寿恵子が出産し、子育てと研究に追われ充実した日々を送っていた。

ある日、万太郎は長屋の住人たちと出かけた池のほとりで、これまで見たことのない不思議な水草を発見する。

万太郎は論文を書き、激怒した田邊教授によって大学への出入りを禁止されてしまう。

万太郎は論文を書き直すが、許してもらえず路頭に迷うことになる。

詳しくみる ⇒参照元: らんまん(朝ドラ)のネタバレとあらすじ全話まとめ!最終回まで

万太郎の旅と恋の行方

万太郎は誰と出会うことで人生の伴侶を見つける?

寿恵子

万太郎と竹雄は東京での博覧会を訪れ、そこで万太郎は植物学者の野田基善と里中芳生に出会って植物分類学の意義を知る。

一方で、竹雄は万太郎の心が峰屋から離れていくことに不安を感じる。

万太郎は植物の研究にますます心を惹かれ、東京滞在の最後の夜、寿恵子にもう一度会いたいと願う。

その後、万太郎は高知に戻り、峰屋の面々に博覧会の報告をするが、タキに植物の研究をやめると告げる。

しかし、竹雄は万太郎の本心に気づき、タキは万太郎と綾を夫婦にすることを決意する。

詳しくみる ⇒参照元: 朝ドラ「らんまん」第1話~最終回 あらすじ ネタバレ 相関図...

万太郎の夢と試練

万太郎が盗まれたトランクの中身は?

大切な標本

植物学教室に出入りを許可された万太郎だが、周囲からはよそ者扱いされる。

しかし、植物への純粋な想いから徐々に受け入れられていく。

万太郎は、寿恵子との会話の中で自分の生涯をかけた仕事を見出し、植物図鑑の作成を夢見る。

一方、寿恵子は富豪の高藤から誘いを受け、舞踏練習会に参加する。

万太郎は、植物学雑誌を作るために印刷所で修業を始め、雑誌創刊に向けて準備を進める。

そんな中、寿恵子と高藤が竹雄の働くレストランにやってきて、万太郎はそれを知ることになる。

詳しくみる ⇒参照元: らんまん(朝ドラ)のネタバレとあらすじ全話まとめ!最終回まで

らんまん第12週: 愛の誓いと高知への帰還

らんまん第12週で万太郎と寿恵子が何を誓い合うか?

永遠の愛

NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」第12週では、主人公の万太郎と寿恵子がついに永遠の愛を誓い合います。

舞台はその後再び高知に移り、万太郎は植物学者としての道を歩み始めます。

物語はさらに展開し、万太郎が「スエコザサ」という新種の植物を発見し、命名するエピソードへとつながっていきます。

詳しくみる ⇒参照元: 【らんまん】第12週あらすじ|万太郎と寿恵子が永遠の愛を誓う...

「好きじゃ」の告白

竹雄が綾に伝えた思いは何ですか?

「好きじゃ」

タキの答えは・・・というドラマのあらすじです。

万太郎は東京で植物学の道に進むため、峰屋を綾に任せます。

竹雄は万太郎についていくかどうか迷っていましたが、綾に秘めていた思いを告白し、「好きじゃ」と伝えます。

その後、万太郎と竹雄は東京に行き、植物標本を盗まれたり、長屋に住んだりするなど様々な経験をします。

詳しくみる ⇒参照元: 朝ドラ「らんまん」第1話~最終回 あらすじ ネタバレ 相関図...

万太郎の決意と自由の探求

万太郎が、ある人物に会った後、決意を新たにした理由は?

シーボルトの植物図鑑をもらったから

万太郎は、ジョン・万次郎から植物学の道を進むよう勧められ、シーボルトの植物図鑑を贈られました。

万次郎の「人の一生は短い。

後悔はせんように」という言葉が心に響き、万太郎は決意を新たにしたのです。

綾にも「自由に生きてほしい」と伝え、早川逸馬の演説会に参加しました。

しかし、演説会中に警官隊が乱入し、万太郎は収監されてしまいました。

詳しくみる ⇒参照元: 朝ドラ「らんまん」第1話~最終回 あらすじ ネタバレ 相関図...

牧野富太郎博士:植物学の巨匠

牧野富太郎博士はどのような人物でしたか?

植物学者・教育者

牧野富太郎博士は、高知県の豊かな自然の中で育ち、幼少期から植物に興味を持ちました。

独学で植物の知識を深め、植物の研究と普及活動に生涯を捧げました。

高知の豊かな自然の中で育ち、幼少期から植物に興味を持ちました。

独学で植物の知識を深め、植物の研究と普及活動に生涯を捧げました。

博士は、植物学の分野で高い評価を受け、多くの著書を執筆し、後進の育成にも尽力しました。

彼の研究は、日本における植物学の発展に大きく貢献しました。

詳しくみる ⇒参照元: らんまん(朝ドラ)のネタバレとあらすじ全話まとめ!最終回まで

植物学雑誌の創刊と結婚の葛藤

万太郎が植物学雑誌の創刊に成功するきっかけとなった出来事は?

田邊教授からの許可

万太郎は植物学雑誌の創刊に向けて努力する中、寿恵子に嫉妬したり、寂しさを募らせたりしながらも、大畑印刷所で石版印刷を学び、石版に自らの手で植物画を描いて印刷し、ついに植物学雑誌を完成させます。

寿恵子は高藤からの求婚を断り、万太郎と竹雄は寿恵子との縁談をまとめてほしいと大畑夫婦に依頼します。

大安の日に大畑は白梅堂へ釣書を持参し、寿恵子は舞踏練習会の発足式を飛び出して万太郎のもとへ向かい、二人は結婚します。

しかし、万太郎は高知に里帰りした際に、酒屋の峰屋が酒税に苦しんでいることや、祖母のタキの体調が悪化していることを知り、植物図鑑作りの夢と愛する寿恵子との生活の間で揺れ動くことになります。

詳しくみる ⇒参照元: 【らんまん】ネタバレあらすじ最終回まで全話まとめ! (Nhk...

マルバマンネングサの新種認定

手紙の内容は何だったのか

マルバマンネングサが新種と認定

万太郎がロシアのマキシモヴィッチ博士から受け取った手紙には、万太郎が送った標本の中からマルバマンネングサを新種と認めたという知らせが書かれていた。

このニュースは竹雄と寿恵子も大喜びし、タキは万太郎の名前が世界に届くことに感慨深げだった。

そしてタキは寿恵子の衣装を急がせ、2人の祝言を早く挙げて東京に戻るよう告げた。

詳しくみる ⇒参照元: 【らんまん】第12週あらすじ|万太郎と寿恵子が永遠の愛を誓う...