Academic Box Logo

薬屋のひとりごと:猫猫の謎に迫る!...?イラストが明かす父親の正体とは?

ライターのYUKOです。今回は「薬屋のひとりごと」についてお話しします。

後宮の秘密の過去

後宮で下女として働く猫猫の正体は?

花街で薬屋として働いていた少女

後宮で下女として働く猫猫は、実は花街で薬屋として働いていた少女だった。

大叔父である漢羅門と共に暮らしていた彼女は、薬や毒に強い興味を持っていたが、ある日薬草を採取していた際に人攫いに誘拐され後宮に売られてしまった。

珍しく読み書きができる彼女だが、人攫いが儲かるのが癪で無能を装っていた。

しかし宮中で起きたある事件をきっかけに、彼女の人生は思わぬ方向に動き始める。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...

薬屋のひとりごと:壬氏のキスプロポーズ

壬氏は猫猫にどのような行動でプロポーズしたか?

キス

薬屋のひとりごと原作小説5巻で、壬氏は猫猫に宴の場でキスをしてプロポーズしました。

この行動は、壬氏が猫猫に対して嫉妬心を感じた後に起こり、壬氏が猫猫を嫁候補の一人であることを彼女に示唆するものでした。

このプロポーズにより、壬氏と猫猫の関係に大きな進展が見られました。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)のキス求婚プロポーズをネタ...

壬氏と猫猫の愛の行方

壬氏がプロポーズで伝えた言葉にはどのような意味が込められている?

愛情と尊重

壬氏は、猫猫を権力ではなく愛情で妻にしたいと考えており、真剣に心を射止めたいという決意が込められている。

このプロポーズは、壬氏と猫猫の関係に新しいステージを迎え、二人の感情や立場が複雑に絡み合うながらも新たな絆が生まれつつあることを示唆している。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)のキス求婚プロポーズをネタ...

アニメ「薬屋のひとりごと」猫猫の虐待

猫猫が小指を見つめる理由は?

虐待

「薬屋のひとりごと」のアニメで描かれている猫猫が小指を見つめる理由は、虐待による指の変形が原因です。

アニメでは、猫猫の父と母の出会いから彼女の出生までが描かれると予想されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【画像】薬屋アニメで猫猫が小指を見つめる理由!指の変形原因は...

猫猫の小指が意味するもの

猫猫が小指を見つめるのはなぜですか?

恋に懐疑的だから

「薬屋のひとりごと」の猫猫は、狂気じみた虐待で左手小指が不格好になっており、オープニングの舞のシーンでは小指が綺麗になっています。

猫猫が小指を見つめるのは、恋に懐疑的であり、恋が女を美しくするという芙蓉妃の言葉に思うところがあるからです。

詳しくみる ⇒参照元: 【画像】薬屋アニメで猫猫が小指を見つめる理由!指の変形原因は...

猫猫の真の父親

猫猫の父親は誰なのか?

羅漢

猫猫の実の父親は、変人軍師の羅漢である。

しかし猫猫は羅漢を父親と認めておらず、養父の羅門(おやじ)を父親と認識している。

羅漢は、相貌失認症という「人の顔を見分けられない」特徴を持つが、なぜか猫猫と鳳仙の顔は分かる。

羅漢は物語開始時、猫猫の母親である鳳仙を身請けしていなかったため、猫猫との関係は薄かった。

猫猫は羅漢を「父親を名乗る変なおっさん」と認識しており、羅門を父親と考えている。

詳しくみる ⇒参照元: 猫猫の父親は誰?羅門と羅漢の正体を解説【薬屋のひとりごと】

薬屋のひとりごと猫猫の知られざる一面

猫猫の性格的な特徴は?

ドライで合理主義的

薬屋のひとりごとで薬売りとして働く猫猫は、冷静沈着で合理的に物事を判断する性格です。

しかし、薬に対しては情熱的で、好奇心旺盛な一面もあります。

そばかすが特徴の愛らしい外見とは裏腹に、その内面はドライで、出世には興味がありませんが、才能が認められてさまざまな依頼を受けることになります。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...

薬屋のひとりごと、壬氏のプロポーズ

壬氏はどのような状況で猫猫にプロポーズをしたの?

着替えを手伝っている時

小説「薬屋のひとりごと」第7巻では、壬氏は忙しさに満ちた日々の中で、猫猫が心配して薬湯を持って訪れた夜に、着替えを手伝ってもらった際にプロポーズをします。

壬氏は、侍女である水蓮が自分と他者を二人きりにするのは猫猫だけだと告げ、この言葉には特別な意味があることを匂わせます。

猫猫はいつものように話を逸らそうとしますが、壬氏の疲れとイライラが爆発し、プロポーズに至ります。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)のキス求婚プロポーズをネタ...

猫猫のかわいいポイント

鳳仙と羅漢の最初の出会いのきっかけとなったのは何?

碁の対局

鳳仙は緑青館の祇女で、羅漢は碁の達人だった。

ある日、羅漢の同僚が鳳仙を呼び出して碁の対局を申し込んだ。

羅漢は最初は負けたが、その後何度も対局を重ねるうちに2人は惹かれ合った。

しかし、羅門の失脚をきっかけに羅漢は遊説に出され、2人は会えなくなってしまった。

猫猫は、素顔がめちゃくちゃかわいい。

肌のそばかすやシミは、花街育ちで襲われることを防ぐためにわざと化粧で施したものだった。

化粧を落とすと、シミひとつない美肌かつ可愛らしい顔立ちになる。

普段は冷静な猫猫だが、薬のことになると夢中になって突っ走ってしまう。

そんなときの猫猫はキラキラとした瞳をしていて、普段のクールな表情とのギャップが際立つ。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...

薬屋のひとりごと:猫猫の身分の影響

猫猫が「羅ラの姫」であることがバレるとどのような問題が発生するのか?

死人が出る可能性がある

「羅ラの姫」という身分が明らかになると、猫猫が「羅漢を味方につけて天下を狙っているのではないか」という噂が広まり、猫猫の周囲に危険が及ぶ可能性があるためです。

そのため、猫猫は自分の身分を隠す必要があるのです。

なお、物語開始時は「ただの薬屋の娘」とみなされていたため、身分を隠す必要がありました。

詳しくみる ⇒参照元: 猫猫の父親は誰?羅門と羅漢の正体を解説【薬屋のひとりごと】

猫猫の自由奔放な振る舞い

猫猫は後宮でどのような振る舞いをしているか?

好き勝手に振る舞っている。

猫猫は、後宮で薬草を採取したり、松茸を焼いて食べたりと、好きなように振る舞っています。

また、酒も好きで、お酒を薬の一種と認識しています。

さらに、服や髪型には興味がなく、地味な服装をしています。

そして、左腕には包帯を巻いています。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ「薬屋のひとりごと」猫猫(まおまお)とは?声優や身長、...

薬屋のひとりごと7巻: 壬氏と猫猫の恋の行方

壬氏と猫猫の関係に進展はあったか?

特に目立った変化はなかった

壬氏の情熱的なプロポーズにもかかわらず、二人の関係には目立った進展が見られなかった。

壬氏がプロポーズ直後に眠りにつき、猫猫の反応が描かれていないこと、また猫猫が慎重に反応を検討していたことが示唆されている。

読者は関係の進展を期待していたが、現時点では大きな変化は起こっていない。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)のキス求婚プロポーズをネタ...

猫猫の小指切断の謎

猫猫の母親が小指を切断した理由とは?

おまじない

アニメ「薬屋のひとりごと」の猫猫は、母親によって左手の小指の先を切断されている。

原作小説では、この切断は当時の「指切り」というおまじないによるものとされている。

猫猫の母親は、猫猫の父親と一夜を過ごして妊娠したが、父親と連絡が取れなくなった。

妓女である母親は妊娠すると価値が下がるため、父親に身請けしてもらおうとしていたが、それが叶わず絶望した。

そこで、猫猫の小指を切断して「指切り」を行い、父親が戻ってくるように祈ったと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 【画像】薬屋アニメで猫猫が小指を見つめる理由!指の変形原因は...

薬屋のひとりごと: 猫猫と壬氏の恋の行方

壬氏が猫猫にキスで求婚した際、猫猫は最終的にどう答えたか?

振った

猫猫と壬氏の関係は、小説「薬屋のひとりごと」の5巻で淡い恋の感情が芽生え、6巻では壬氏からキスで求婚されました。

しかし、猫猫は玉葉妃の敵になりたくないという理由から、壬氏の求婚を断ってしまいました。

彼らの関係は複雑な感情の波に揺さぶられましたが、最終的には互いへの深い理解と愛情が感じられるようになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)のキス求婚プロポーズをネタ...

猫猫が羅漢を嫌う理由

羅漢が猫猫から嫌われる理由は何?

鬱陶しい

猫猫は羅漢の実の父だが、再会後は嫌悪感を抱いている。

その理由は、羅漢のしつこい愛情や、羅漢が慕う羅門からの能力の承認に対する嫉妬にある。

ただし、物語が進むにつれて猫猫の態度は和らいでいく。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...