Academic Box Logo

薬屋のひとりごと: 梅毒が引き起こす悲劇と鳳仙の運命

ライターのYUKOです。今回は、薬屋のひとりごとから「梅毒が引き起こす悲劇と鳳仙の運命」についてご紹介します。

鳳仙の切断愛

鳳仙はなぜ猫猫を殺そうとしたのか?

羅漢への愛

鳳仙は、羅漢に好かれた妓女であり、彼の愛に応えていました。

羅漢への愛情を証明するため、彼女は自分の薬指を切り落とし、娘である猫猫の小指の先も切り取って羅漢に送りました。

これは、羅漢に対する強い愛情と、彼が自分のために命を懸けてくれることを示すためでした。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと|鳳仙(猫猫の母)に病気(梅毒)をうつしたの...

鳳仙の病と羅漢の決断

鳳仙が羅漢に身請けされたのは、どのような病気のためか?

梅毒

『薬屋のひとりごと』に登場する鳳仙というキャラクターは、梅毒という病気を患っていました。

梅毒は当時治療法が確立されておらず、それが原因で彼女は羅漢に身請けされたのです。

この物語では、医学的知識と物語の設定との間に乖離があることに注意する必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』鳳仙の梅毒: 人生の試練と成長の教訓

薬屋のひとりごと:鳳仙の梅毒と人生の教訓

鳳仙の鼻がなくなった原因は?

梅毒の治療法がなかった

「薬屋のひとりごと」の舞台である江戸時代よりも前の時代では、梅毒の治療法が確立されていませんでした。

そのため、主人公の鳳仙が梅毒に感染した際、鼻が消失するという悲劇が起きました。

この設定と当時の医学知識の間に乖離があることに留意することが重要です。

また、物語では鳳仙と娘の猫猫の強い絆が描かれており、彼女たちの関係は困難に直面しても乗り越えていく強さを示唆しています。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』鳳仙の梅毒: 人生の試練と成長の教訓