Academic Box Logo

苫米地英人の魅力を徹底解剖!経歴、年収、家族、先祖まで

ライターのYUKOです。今回は、苫米地英人の魅力を徹底解剖していきます。経歴、年収、家族、先祖まで、余すことなくご紹介します。

超エリート家系の認知科学者 苫米地英人

苫米地英人の家系はどのような家柄?

超エリート家系

認知科学者・苫米地英人の家系は超エリート家系で、祖父は言語学者・衆議院議員の苫米地英俊、父親は苫米地和夫。

苫米地英人は、そのエリート環境の中で育ち、認知科学者として活躍しています。

また、苫米地英人はオウム真理教の信者の脱洗脳にも携わった人物として知られ、近年ではベーシックインカムを推す人物として注目されています。

詳しくみる ⇒参照元: 苫米地英人とは何者?生い立ちや家族・経歴を調査!ベーシックイ...

天才脳科学者・苫米地英人の経歴と家族

苫米地英人のIQは何?

200以上

苫米地英人氏は、世界で数人しかいないIQ200以上を持つ天才であり、認知脳科学者として活躍している。

幼少期から脳科学に興味を持ち、現在では趣味であるギター演奏もプロ並みの腕前を持つ。

スーパーエリートの家系で厳しく育てられ、中学は駒場東邦中学に進学した。

詳しくみる ⇒参照元: 苫米地英人(とまべちひでと)のすごい先祖(家系)!祖父や父親...

苫米地英人氏の成功のきっかけ

オウム真理教事件後に有名になった人物は誰?

苫米地英人

1995年の地下鉄サリン事件後、オウム真理教信者の脱洗脳に関わった苫米地英人は、メディアで取り上げられ、一般にも知られるようになりました。

彼は2000年に『洗脳原論』を出版し、以降、洗脳関連の書籍を次々と執筆しています。

年収は公表されていませんが、本人のコメントから推測すると、3,600万円以上であると考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 【2020年最新】天才「苫米地英人」の真実!現在までの経歴や...

天才苫米地英人の経歴と飛び抜けた能力

天才と称される苫米地英人の、どのような点において飛び抜けた能力を発揮している?

飛び級

苫米地英人は、中学1年生の夏にアメリカへ転校し、わずか1年で高校3年生のクラスへ飛び級。

また、中学2年生の時にニューヨーク大学で数学分野を学び、20歳でハーバード大学医学部の准教授のオファーを受けた。

詳しくみる ⇒参照元: 【2020年最新】天才「苫米地英人」の真実!現在までの経歴や...

苫米地英人氏の学歴と経歴

苫米地英人氏が計算言語学の博士号を取得した大学はどこか?

カーネギーメロン大学院

苫米地英人氏は、コンピュータの分野で世界最高峰のカーネギーメロン大学院の哲学科計算言語学研究科で日本人として初めて計算言語学の博士号を取得しました。

計算言語の博士号を全米で取得したのはわずか4人で、その快挙を成し遂げました。

この時代、コンピュータは一般的に普及していなかったため、苫米地氏は30年以上も時代を先取りしていたことになります。

帰国後は徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長などを歴任し、2000年にコグニティブリサーチラボ株式会社を設立しました。

コグニティブリサーチラボ株式会社は、次世代ネットワークコンピューティング、企業向け基幹システム、トークンエコノミーを事業内容としています。

詳しくみる ⇒参照元: 苫米地英人(とまべちひでと)のすごい先祖(家系)!祖父や父親...

天才認知科学者・苫米地英人の専門分野

苫米地英人の専門分野は?

認知科学

苫米地英人は天才認知科学者で、カーネギーメロン大学大学院哲学科計算言語学研究科博士課程で博士号を取得しています。

専門分野は認知科学で、機能脳科学、認知心理学、分析哲学、計算機科学など幅広い分野に精通しています。

その専門知識を活かして、自己実現を可能にするDVD教材や書籍を執筆しています。

詳しくみる ⇒参照元: 苫米地英人 大全集

苫米地英人の卓越した家系

苫米地英人の祖父はどのような分野で活躍していたか?

言語学者・国際法学者

苫米地英人は、経営者として卓越した資質を持つ人物です。

その家系は非常に優秀で、祖父の苫米地英俊は言語学者や国際法学者として活躍し、柔道の達人でもありました。

また、父親の苫米地和夫は日本興業銀行の常務や東京証券所の理事などを歴任した著名な経済人でした。

さらに、苫米地英人の趣味であるギターも父親譲りであると言われています。

このように、苫米地英人はスーパーエリートの家系に生まれ、その優れた資質に加えて、趣味も堪能できる才能も併せ持つ人物であることがわかります。

詳しくみる ⇒参照元: 苫米地英人(とまべちひでと)のすごい先祖(家系)!祖父や父親...

苫米地英人の幼少期と趣味

幼少期から苫米地英人が没頭していた趣味は?

ギターの演奏

苫米地英人は東京証券所の理事を務めた和夫氏の厳しい教育のもと、習い事や勉強中心の幼少期を過ごした。

その中で唯一の楽しみだったのがギターの演奏だった。

また、脳科学への興味も幼少期に芽生え、読書に没頭していた。

1996年に清水教代さんと結婚しているが、子供に関する情報は確認できなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 苫米地英人とは何者?生い立ちや家族・経歴を調査!ベーシックイ...

苫米地英人の学歴と経歴の原動力

苫米地英人の高い学歴や経歴は、どのような人物の影響によるもの?

父・和夫さんの厳しいしつけ

苫米地英人の学歴や経歴は非常に優れている。

マサチューセッツ大学や上智大学を卒業後、フルブライト全額給付特待生としてイエール大学大学院計算機科学博士課程に留学し、日本人として初めて計算言語学の博士号を取得した。

自己啓発・能力開発の世界的権威であるルー・タイスの右腕として活動した経験もある。

これらは、幼少期から脳科学に興味を持ち、厳しいしつけを受けた父親の影響によるものと考えられる。

苫米地英人は、ベーシックインカムを推しており、起業やリスクのある仕事をしやすくなり、生活保護よりも実効性が高いと主張している。

彼の言動には今後も注目が集まるだろう。

詳しくみる ⇒参照元: 苫米地英人とは何者?生い立ちや家族・経歴を調査!ベーシックイ...