Academic Box Logo

高山清司の衝撃的な最新情報...右目や指の真相、家族や過去の武勇伝も大公開

ライターのYUKOです。今回は、高山清司に関する衝撃的な最新情報を紹介します。

高山清司の右目が閉じている理由とは

高山清司氏の右目が閉じている理由とは?

刀による負傷

高山清司氏は6代目山口組の若頭であり、弘道会2代目会長を務めた。

2019年に5年4ヶ月ぶりに刑務所から出所し、組のナンバー2として活躍している。

高山清司氏は右目が閉じられており、その理由は数々の修羅場で負った刀による怪我によるとされている。

詳しくみる ⇒参照元: 高山清司(山口組)の右目や指の真相は?嫁や息子・若い頃の武勇...

高山清司の武闘派伝説

高齢の殺し屋が関わった事件は何?

68歳のヒットマン事件

高山清司は「やられたらやり返す」を徹底した武闘派で、出所直前に「弘道会」の幹部丸山俊夫をヒットマンとして「山健組」組員2名を襲撃、拳銃で射殺する「68歳のヒットマン事件」を起こした。

この事件は高山清司の出所前祝いであり、「神戸山口組」への恐怖植え付けと殲滅の号砲となった。

詳しくみる ⇒参照元: 高山清司(山口組)の右目や指の真相は?嫁や息子・若い頃の武勇...

山口組の実権を握ったヤクザの伝説

山口組の実権を握る組織を作り上げた人物は?

高山清司

高校を中退後、ヤクザとなった高山清司は、山口組の二次団体「弘道会」に加わり、初代組長の下で組織を拡大。

わずか4ヶ月で山口組ナンバーツーに上り詰め、「六代目山口組」の実権を握る組織を作り上げた。

詳しくみる ⇒参照元: 高山清司(山口組)の右目や指の真相は?嫁や息子・若い頃の武勇...