Academic Box Logo

昭和の懐かしアイテム!プールの腰洗い槽、なぜなくなったの?

ライターのYUKOです。今回は、昭和の懐かしいアイテムであるプールの腰洗い槽についてお届けします。

プールの腰洗い槽、廃止の理由

腰洗い槽はなぜ廃止されたのでしょうか?

衛生基準の向上

腰洗い槽は、昭和30年代にプールの衛生管理が難しく、感染症予防対策として導入されました。

しかし、現在のプールの衛生基準が向上し、塩素濃度や水質管理が徹底されているため、腰洗い槽は必要性が低くなりました。

また、腰洗い槽の廃止により、プールの使用時間が短縮され、生徒の利便性が向上しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【驚き!】今はもうない!?プールの腰洗い槽。どうしてなくなっ...

昭和のプールの懐かしいアイテム

プールの授業の縮小傾向の一因となった要因は何か?

安全面と監視員の確保

昭和のプールには欠かせなかった洗眼器は、安全面と監視員の確保が難しくなったため、現在では姿を消している。

また、子どもの安全を確保するために、プールの授業の縮小傾向が見られる。

詳しくみる ⇒参照元: 昭和のプール必須アイテム 「洗眼器」「腰洗い槽」が知らぬ間に...

消えゆくプールの記憶

昭和のプールの必須アイテムとしてよく見られたが、近年姿を消しつつある2つのアイテムは何ですか?

洗眼器と腰洗い槽

昔はプールの必需品だった「洗眼器」と「腰洗い槽」が姿を消しつつある。

これは、児童の安全管理強化や監視員の確保の難しさによる学校のプール授業の縮小や中止が原因と考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 腰洗い槽

腰洗い槽廃止の理由

プールに入る前の「腰洗い槽」はなぜ廃止されたの?

雑菌除去が不十分だったため

かつて水泳の授業で用いられていた「腰洗い槽」は、プールを汚さないために体についた雑菌を消毒するために使われていた。

しかし、プールそのものの消毒では雑菌除去が不十分だったため、廃止された。

詳しくみる ⇒参照元: 学校プールの腰洗い槽(洗体槽)が廃止されたって本当なの!?

学校プールの消毒槽問題

学校プールで使用されている消毒槽はなぜ問題があるのか?

衛生状態の変化に対応していないため

学校プールの消毒槽は、60年代の衛生状態が悪い時代に設置されたものであり、現在の衛生状態には適していません。

この消毒槽は、強力な殺菌力を発揮する塩素を使用していますが、必要以上に高濃度で使用されているため、アトピー性皮膚炎の悪化や環境問題を引き起こす可能性があります。

このような状況にもかかわらず、この消毒槽はそのまま使用され続けており、その問題点が指摘されています。

詳しくみる ⇒参照元: 学校プールの消毒槽(腰洗い槽)は必要?

プールの腰洗い槽廃止の理由と経緯

プールの腰洗い槽が廃止された理由は何?

衛生管理の向上と、十分な殺菌効果が得られないこと

腰洗い槽はかつて塩素濃度の高い水で衛生管理に使用されていた。

しかし、ろ過付きプールの導入によりプール本体の水質が向上し、シャワーによる洗浄で十分な除菌効果が得られると判断されたため、2001年に厚生労働省が設置を撤廃。

文部科学省も原則不要とした。

また、腰洗い槽での消毒は十分な殺菌効果が得られないことが実験で判明した。

詳しくみる ⇒参照元: 【驚き!】今はもうない!?プールの腰洗い槽。どうしてなくなっ...

学校での衛生管理の変化

学校で洗眼器が減っているのはなぜですか?

ろ過装置の普及

学校では、ろ過装置が普及したため、腰洗い槽や洗眼器の使用頻度が減少しました。

ただし、ろ過装置のない学校では、腰洗い槽の使用が推奨されており、現在も使用されています。

また、プール後の洗眼は推奨されなくなりましたが、異物が入った場合はすぐに洗い流すことが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 【びっくり】プールで目を洗うあの蛇口。洗眼器はもう存在しない...

学校の常識の変遷

昔の常識が通用しなくなった学校の水回りはどのようなものですか?

腰洗い槽と洗眼器

腰洗い槽は衛生上の理由から使用が減少していますが、完全に姿を消したわけではありません。

また、洗眼器も過去には遊び半分で使われていましたが、今ではそのような使用は一般的ではなくなっています。

かつての学校水回りの常識は、今では通じなくなっているのです。

プールサイドの腰洗い槽に体を沈めて騒いだり、プールから上がった後に競うように洗眼器に並んだりする光景は、昭和を知る世代にとっては遠い過去のものとなりました。

詳しくみる ⇒参照元: 昭和のプール必須アイテム 「洗眼器」「腰洗い槽」が知らぬ間に...

消えゆく学校の懐かしい光景

プールで腰洗い槽が使われなくなった理由は?

衛生面

かつては学校で一般的だった腰洗い槽や洗眼器だが、現在は衛生面の問題から設置されなくなっている。

昔の常識は通用せず、プールで腰洗い槽を使用する習慣は消滅しつつある。

かつてはプールから上がった後に洗眼器で目を洗ったり、腰洗い槽で遊んだりしていたが、今はそうした光景は見られなくなった。

詳しくみる ⇒参照元: 腰洗い槽

プールの「腰洗い槽」の変遷

プールに入る前に塩素臭の漂うお風呂に漬かる「腰洗い槽」は、現在も必須の設備ですか?

いいえ

腰洗い槽はかつてプールでの感染症予防対策として設置されていた設備で、塩素濃度は国によって指定されていた。

しかし、現在では水質基準が向上し、水の循環ろ過装置が整備されているため、腰洗い槽は必須ではなくなった。

文部科学省と厚生労働省も腰洗い槽の使用に関する方針を変更している。

詳しくみる ⇒参照元: 昭和のプール必須アイテム 「洗眼器」「腰洗い槽」が知らぬ間に...

学校プールの腰洗い槽と洗眼器の現状

腰洗い槽を使用する学校が減少した理由は?

高濃度塩素による皮膚への影響

腰洗い槽は、塩素による皮膚への影響を懸念し、安全性の高いシャワーに置き換えられる傾向にあります。

しかし、浄化設備のないプールでは、水質管理が困難なため、一部の学校では依然として腰洗い槽を使用しています。

その場合でも、塩素に敏感な児童にはシャワーでの対応が検討されています。

また、洗眼器も推奨されなくなり、多くの学校で撤去されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【驚き!】今はもうない!?プールの腰洗い槽。どうしてなくなっ...

プールにおける腰洗い槽の役割の変化

腰洗い槽が不要となった理由は何ですか?

プールの殺菌強化により細菌増殖が抑制されたため

以前は腰洗い槽はプールに入水する前に体を洗浄するための重要な設備でしたが、現在はプールの遊離残留塩素濃度が0.4ppm以上を維持できるため、細菌の増殖が抑えられます。

そのため、プール自体の殺菌効果が強化され、腰洗い槽を使用する必要性がなくなったのです。

現在は多くの学校が腰洗い槽を使用していません。

ただし、プールに入る前にシャワーを浴びて体をきれいにすることは引き続き重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 学校プールの腰洗い槽(洗体槽)が廃止されたって本当なの!?

腰洗い槽の除菌効果

流水で洗うのと腰洗い槽に浸すのとでは、除菌率に差があるか

ほとんど差がない

腰洗い槽の効果は興味深く、大腸菌を付着させた水着を流水で洗うのと腰洗い槽に浸すのとでは、除菌率にほとんど差がないことが実験で明らかになっています。

そのため、プール殺菌の向上により腰洗い槽の使用頻度が減少し、廃止された学校が増えていますが、現在でも一部の学校では使用されています。

詳しくみる ⇒参照元: 学校プールの腰洗い槽(洗体槽)が廃止されたって本当なの!?

プール後の目洗いに関する学校保健部の見解

プール後は目薬を使った方がいいのか?

人口涙液が望ましい

かつては腰洗い槽や洗眼器が学校に設置されていたが、現在では腰洗い槽は循環ろ過装置がない学校でのみ使用されており、洗眼器は使用が推奨されていない。

洗眼器の代わりにゴーグルの使用が推奨されている。

プール後に目薬を使用する場合は、防腐剤無添加の人口涙液が推奨され、1回使い切りのタイプが適切。

これは、子どもが自分で扱えることが前提のためである。

詳しくみる ⇒参照元: 【パパママも懐かしい!】小学校のプールのシャワーの役割って?

学校プールの洗眼器と腰洗い槽

プール後の洗眼は長くても何秒以内が望ましいとされているか

数秒

近年、長時間の水道水による洗眼が目の粘膜を洗い流し、角膜を傷つける可能性があると指摘され、日本眼科医会はプール後の洗眼は数秒程度に抑えることを推奨しています。

ただし、洗眼器自体は化学工場などで異物混入時の応急処置として設置が義務付けられています。

また、腰洗い槽も学校プールでは必須ではなくなりました。

詳しくみる ⇒参照元: 腰洗い槽