Academic Box Logo

羅漢とメイメイの複雑な関係:薬屋のひとりごとにおける彼らの身請けとその後

こんにちは、ライターのYUKOです。

猫猫の親子の謎

猫猫の両親の関係は?

親子(父娘)

梅梅は羅漢を好きでしたが、鳳仙も羅漢を好きになり、勝負を持ちかけ一夜を共にしました。

その後、鳳仙は妊娠し、その子供が主人公の猫猫です。

つまり、羅漢と猫猫は血のつながった親子(父娘)です。

一方、羅漢は薬師として失脚し、地方へ遊説するよう命令を受けます。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと!梅梅を身請けしたのは誰?引退とその後

薬屋のひとりごと:梅梅と羅漢の関係

梅梅が羅漢に惹かれた理由は?

男性にはない魅力に気がついた

梅梅は羅漢の座敷で彼の会話や勝負を見ていくうちに、他の男性にはない魅力を感じて惹かれていったと推測されている。

梅梅は羅漢を愛したが、羅漢は梅梅の気持ちに気づいていなかった。

羅漢は猫猫との賭け将棋に負け、妓女の身請けをすることになり、鳳仙の歌声に惹かれて彼女を身請けした。

梅梅は悲しんだが、羅漢が正しい選択をしたと安堵した。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】梅梅は緑青館「三姫」の一人で猫猫の育ての...

梅梅と羅漢の意外な関係

梅梅と羅漢の関係は?

梅梅は羅漢の姪で、猫猫の母親

梅梅と羅漢は、ライトノベル「薬屋のひとりごと」の登場人物です。

梅梅は美しい妓女で、羅漢は狐目の伊達眼鏡をかけた軍師です。

羅漢は相貌失認で、他人の顔を認識できませんが、梅梅の顔を碁石のように認識することができます。

また、羅漢は梅梅の恋の相手であり、最終的には結婚します。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】梅梅は緑青館「三姫」の一人で猫猫の育ての...

羅漢と鳳仙の出会い、そして運命

羅漢と鳳仙の間に生まれた子の名前は?

猫猫

羅漢と鳳仙は、鳳仙が羅漢を軽視していることに気付いたことで興味を持ち、賭けをきっかけに結ばれました。

その結果、鳳仙は猫猫という子供を身ごもりました。

しかし、羅漢の叔父の失脚により、羅漢は一時的に都を離れざるを得なくなりました。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと羅漢の正体は?猫猫との関係や鳳仙とのその後に...

羅漢と鳳仙の悲恋

この羅漢にまつわる悲しい恋とは?

妓女・鳳仙との恋

羅漢は、緑青館に馴染みの妓女・鳳仙と恋仲だったが、彼女は翠苓によって毒殺されてしまった。

羅漢は鳳仙を深く愛しており、彼女の死をきっかけに、人の顔が碁石のように見えるようになり、深い悲しみに沈んだ。

羅漢の部下である陸孫も鳳仙の死を悼み、彼女の仇を討つことを誓う。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ「薬屋のひとりごと」声優一覧|全キャスト48人を網羅&...

「ゆびきり」の由来

なぜ鳳仙は羅漢に指を送ったのか?

羅漢に捨てられたと思ったため

羅漢に身請けされるために子を孕んだ鳳仙は、羅漢が都を離れたことで捨てられたと思い、流行っていたまじないの「ゆびきり」に倣って自分の指と子の指を切り落として羅漢に送った。

実際には「ゆびきり」では作り物の指が送られることが多く、羅漢は鳳仙の元へ迎えに来なかった。

鳳仙は子を孕んだことで価値が下がり、客を取り続ける道しか残されていなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 緑青館の離れにいる鳳仙とは?鳳仙と羅漢の恋の行方は?鳳仙は身...

鳳仙と羅漢の再会

再会時には鳳仙は羅漢を覚えていた?

いいえ

鳳仙は梅毒を患い、羅漢と再会した時、知性を失っていたため、羅漢のことを覚えていませんでした。

羅漢は泣いて鳳仙を身請けし、一緒に碁を打ちましたが、鳳仙は翌年の春先に亡くなりました。

悲しい別れの物語です。

詳しくみる ⇒参照元: 緑青館の離れにいる鳳仙とは?鳳仙と羅漢の恋の行方は?鳳仙は身...

薬屋のひとりごと:漢羅漢の謎

漢羅漢とはどのような人物?

変人軍師

『薬屋のひとりごと』に登場する漢羅漢は、茘国の軍の将軍で、「漢太尉」や「変人軍師」として知られる風変わりな人物。

主人公の猫猫の父親で、将棋の駒のように兵を操り、無茶な要求で壬氏を困らせたり、猫猫を身請けしようとしたりする。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】羅漢は天才軍師で一途!猫猫や鳳仙を身請け...

梅梅の物語における羅漢との関係の影響

羅漢との関係が、梅梅の物語展開にどのような影響を与えていますか?

深みを与え、読者に強い印象を残します。

梅梅と羅漢の関係は、愛と義務、過去と現在の間の緊張を描き出し、物語に感情的な重みを与えます。

この関係は、物語の中での梅梅の行動や決断に大きな影響を与え、彼女のキャラクターの複雑さを際立たせます。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』の梅梅(メイメイ):猫猫と羅漢との複雑な...

漢羅漢:薬屋のひとりごとの魅力的な変人軍師

変人軍師として知られる羅漢は、どのような身分の人物ですか?

軍の将軍

「薬屋のひとりごと」に登場する羅漢は、茘(リー)国の将軍であり、その風変わりな振る舞いから「変人軍師」として知られています。

兵を動かす戦略に優れ、主人公の猫猫の父親でもあります。

物語では、羅漢の無茶ぶりや猫猫への身請け申し出など、個性的な言動で読者を魅了しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】羅漢は天才軍師で一途!猫猫や鳳仙を身請け...

運命の窓

梅梅が窓を開けた理由は?

羅漢の気を引くため

鳳仙は病に侵され鼻を失った女性で、羅漢に身請けされた。

鳳仙の禿として幼い頃から二人の関係を見てきた梅梅は、実は羅漢に想いを寄せていた。

しかし羅漢は鳳仙を選んだため、梅梅は窓を開けて羅漢の気を引こうとした。

鳳仙と羅漢が出会った頃、鳳仙のそばにはいつも禿の梅梅がいた。

梅梅は二人を見守りながら、羅漢への想いを秘めていた。

しかし、羅漢が鳳仙を身請けしたことで、梅梅の想いは叶わなかった。

失恋の悲しみと、二人の幸せを願う気持ちに複雑な思いを抱えた梅梅は、羅漢の気を引くためにわざと窓を開けたのである。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと猫猫の母親は梅毒で鼻がない鳳仙!羅漢に身請け...

鳳仙の思い

鳳仙はどのようにして羅漢を手に入れようとしたのか?

妊娠すること

鳳仙は、羅漢が遠方にいる間に妊娠し、羅漢が戻ってきた後に指を切って送ることで、羅漢の気を引こうとした。

その結果、羅漢は鳳仙を身請けすることになった。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ薬屋のひとりごと 第18話 『羅漢』 あらすじとネタバ...

棋聖と梅梅(メイメイ)の出会い

棋聖が身請けした人物は?

梅梅(メイメイ)

帝の囲碁指南役で、羅漢に唯一勝てる棋聖は、妻が他界しており親戚とも縁が切れていました。

そんな棋聖が、緑青館を引退した梅梅(メイメイ)を身請けし、その後梅梅(メイメイ)は棋聖の弟子となりました。

羅漢や猫猫とは、都で囲碁や将棋を打っている可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと!梅梅を身請けしたのは誰?引退とその後

鳳仙の身請け

羅漢が身請けしたのは誰ですか?

鳳仙

羅漢は当初、妓女の梅梅を身請けするつもりだったが、梅梅が窓を開けた時に鳳仙の声が聞こえて方向転換。

鳳仙はかつて羅漢と猫猫を産んだ相手で、身請け後、2人は一緒に暮らすようになった。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと羅漢の身請けは何巻何話?梅梅との関係性と泣い...

梅梅と羅漢の特別な関係

梅梅と羅漢の関係は、彼女にとってどのような意味を持つのか?

彼女の人生における重要な役割

梅梅の羅漢への特別な感情は、単なる恋愛感情を超えたものであり、彼女の過去と深く結びついている。

彼女の羅漢への深い愛情は、彼女の行動や決断に大きな影響を与え、彼女のキャラクターの複雑さを際立たせている。

さらに、羅漢との関係は、梅梅に複雑な感情を抱かせる別の関係、羅漢と鳳仙の関係と絡み合っている。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』の梅梅(メイメイ):猫猫と羅漢との複雑な...