Academic Box Logo

絵心甚八のガッツポーズが炸裂!ブルーロックで魅せる名シーン

ライターのYUKOです。ブルーロックに関する記事をご紹介します。

絵心甚八の正体とは?謎多き指導者の過去とモデル

エゴと熱を追求する型破りな指導者である絵心甚八の正体は?

謎多き指導者

サッカー漫画「ブルーロック」に登場する絵心甚八は、日本をW杯優勝に導く最重要コーチを務める型破りな指導者です。

日本サッカーの常識にとらわれず、理不尽な要求やアツい性格で選手を鍛え上げています。

その素性は明かされておらず、謎多き人物として描かれています。

ファンの間では、その外見や勝利へのこだわりが「弱虫ペダル」の御堂筋翔に似ていると話題になっています。

詳しくみる ⇒参照元: ブルーロック絵心甚八の正体とは?過去やモデルは誰でアンリとの...

絵心甚八の正体と過去のライバル関係

元サッカー選手だった絵心甚八がかつてのチームメイトに放った言葉は?

「ちょっと待ってアンリちゃん、今から至福の時間だから」

元サッカー選手で、かつてノエル・ノアのチームメイトだった絵心甚八は、現役時代は食事制限でカップラーメンやカップ焼きそばを我慢していたため、現在はそればかりを食べている。

また、現役時代はストイックにサッカーに打ち込み、練習量やサッカー分析能力に優れていた可能性が高い。

ノエル・ノアは絵心甚八を「人生最初のライバルで最悪のサッカー狂い」と評しており、かつてライバル関係にあったことが窺える。

詳しくみる ⇒参照元: 【ブルーロック】絵心甚八の正体は?過去はノエルノアの宿敵?御...

絵心甚八の知られざる過去

絵心甚八がかつて何の仕事に就いていた可能性があるか

プロサッカー選手

「ブルーロック」の総指揮を務める絵心甚八の過去は謎に包まれている。

しかし、食事の描写から現役時代に食事制限をしていたことが示唆されており、プロサッカー選手として活動していた可能性がある。

ブルーロックの高校生は絵心を誰も知らなかったため、かつての活躍は目立たなかったと考えられる。

30歳という年齢は、現役でプレーできる時期であり、絵心が選手として活躍していた可能性は高い。

詳しくみる ⇒参照元: 【最新】絵心甚八(えごじんぱち)の正体が判明!過去にはノエル...

謎に包まれた絵心甚八の正体

元プロ選手の絵心甚八とノエル・ノアの過去にどんな関係があったのか?

チームメイトだった

ブルーロックの総責任者である絵心甚八は、元プロ選手で、現在は世界一のストライカーであるノエル・ノアとチームメイトだったとされています。

絵心は、ノアからライバルと評されており、サッカーの本質や選手を見抜く優れた目を持っています。

絵心は、選手を育成し、サッカー界を変革することを目指しています。

彼の好きな食べ物はカップ焼きそばで、嫌いな食べ物はプロテインです。

詳しくみる ⇒参照元: 【ブルーロック】絵心甚八の過去はノエル・ノアのライバル?正体...

ブルーロックの絵心甚八とは?

「青い監獄」の発案者は誰ですか?

絵心甚八

「ブルーロック」はサッカー漫画で、主人公の潔世一が「世界一のストライカー」を目指して「青い監獄」という施設で選考に臨むストーリーです。

この「青い監獄」を発案したのは、日本フットボール連合に雇われた絵心甚八という人物です。

絵心甚八は日本をワールドカップで優勝させるために「青い監獄」プロジェクトを立ち上げ、高校生フォワード300人を集めて過酷な生存競争を行っています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ブルーロック】 絵心甚八(えごじんぱち)の正体は何者?心に...

青い監獄のエゴが導く勝利への道

ストライカーとして強いエゴを持つことの重要性は?

チームより自己を優先すること

「ブルーロック」は、チームプレイではなく、個人のシュート能力に焦点を当てたサバイバルサッカー漫画です。

青い監獄と呼ばれる隔離された施設で、ストライカーの素質を持つ高校生300人が、自分自身のエゴをいかに強く持てるかという課題に直面します。

このエゴは、チームよりも自己を優先し、どんな手段を使ってもゴールを奪うことを意味します。

この強いエゴが、プロ選手から絶賛されている理由であり、サッカー界で世界一を目指す上で不可欠であると考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ブルーロック】絵心甚八(えごじんぱち)の正体や過去とは?名...

絵心甚八の名言が示すサッカーチームの勝利の秘訣

サッカーチームを強くする唯一の方法は?

己の武器を身に付ける

絵心甚八は、才能ある若手選手を指導する中で、サッカーチームの勝利に欠かせない要素を明言します。

勝利を導くには、選手一人ひとりが自分だけの「武器」を身につけ、相手チームを圧倒する必要があると説きます。

また、単なる偶然に頼るのではなく、「勝つべくして勝ち奪う」という再現性のある戦術を構築することが重要だと強調します。

さらに、才能とは「自分の能力を証明する力」であり、それを「天才」と呼ぶのだと定義します。

最後に、たとえ絶望に直面しても、戦い続ける者にこそ夢を叶える力が宿ると鼓舞しています。

詳しくみる ⇒参照元: ブルーロック絵心甚八の正体とは?過去やモデルは誰でアンリとの...

ブルーロック:絵心甚八の素顔と一次選考の過酷さ

二次選考に残れるのは何チーム?

2チーム

謎に包まれたコーチ、絵心甚八は、実は元プロサッカー選手で、サッカーに情熱を注ぐ人物でした。

青い監獄では、一次選考で総当たりリーグ戦を実施し、勝者チーム2チームが二次選考に進出できます。

負けた3チームの中で最も得点を上げた選手も生き残ることができ、脱落した選手は二度と日本代表になることはできません。

この選考はチームプレイを重視せず、青い監獄でのサッカーの考え方を否定する選手は早々に脱落していきました。

詳しくみる ⇒参照元: 【ブルーロック】絵心甚八(えごじんぱち)の正体や過去とは?名...

絵心甚八のガッツポーズ、横顔の評価

絵心甚八がガッツポーズをしたときの横顔が好評なのはなぜ?

普段は見せない素顔

「ブルーロック」の絵心甚八は、普段は厳しい態度をとるが、選手を大切に思っている。

絵心のガッツポーズは、その気持ちが表れており、静かに喜びを表現している。

普段は見せない絵心の知られざる素顔が、横顔からも窺えるため、読者から好評を得ている。

詳しくみる ⇒参照元: 【ブルーロック】絵心甚八のガッツポーズシーンをネタバレ!その...

「ブルーロック」の絵心甚八の正体と目的

絵心甚八が「青い監獄プロジェクト」で果たしている役割は?

世界一のストライカーを育成する実験

「ブルーロック」に登場する絵心甚八は、「青い監獄プロジェクト」の総責任者として、300人の高校生フォワードの中から世界一のストライカーを創り出す実験を行っている。

彼の目的は、選手たちにエゴイズムを呼び起こし、エゴイストになることを促すことにある。

絵心は、過去のサッカー選手としての経験から、世界一のストライカーになるにはエゴイズムが必要だと考えているようだ。

ストーリーが進むにつれ、絵心の過去や経歴が徐々に明らかになってきており、カップ麺を食べるシーンでのセリフから、彼はかつて現役のサッカー選手だったことがうかがえる。

しかし、300人の選手たちが彼を知らないことから、無名の選手だった可能性がある。

また、英語が堪能であることから、海外でプレーしていた過去があるのではないかと推測されている。

詳しくみる ⇒参照元: 【ブルーロック】 絵心甚八(えごじんぱち)の正体は何者?心に...

ブルーロックプロジェクトの仕掛け人

ブルーロックプロジェクトの主旨を説明しているのは誰か?

絵心甚八

絵心甚八は、日本代表をワールドカップで優勝させることを目的としたブルーロックプロジェクトを開始します。

彼は、このプロジェクトを通して、エゴイスティックで得点に特化した革命的なストライカーを誕生させ、世界一のストライカーになることを選手たちに約束します。

絵心は、才能ある選手たちを集め、サバイバルを勝ち抜くことでその目標を達成できると信じているのです。

絵心のプレゼンテーションは説得力があり、選手たちを魅了してブルーロックに参加させます。

彼は、論理的でわかりやすく、聞く者を巻き込む話し方が優れています。

絵心のプレゼンテーションがなければ、ブルーロックプロジェクトは頓挫していたかもしれません。

詳しくみる ⇒参照元: 【ブルーロック】絵心甚八の正体や名言とは?絵心甚八の言葉はな...

絵心のエゴとブルーロックプロジェクト

絵心はなぜ青い監獄プロジェクトを行っているのか?

エゴの証明

サッカーのストライカーとして世界一を目指すには、自分が確実にシュートを決める能力が不可欠である。

絵心は、エゴイズムをチームプレイのサッカーに持ち込み、世界一のストライカーを育成することで、自身のサッカーを認めさせようとしている。

帝襟アンリの急成長を「人は見たいものしか見えない」と表現し、潔世一が自分の欠点と課題を受け入れたことで、新たな可能性を見出したことを示した。

また、「俺はこの“青い監獄”で天才を創る」という言葉は、絵心のエゴが、自身のサッカーを世に認めさせるという目標と重なり合っている。

詳しくみる ⇒参照元: 【ブルーロック】絵心甚八(えごじんぱち)の正体や過去とは?名...

絵心甚八の名言から学ぶ成功の秘訣

絵心甚八が考える成功へのカギとは?

失敗と試行錯誤

サッカー選手の覚醒は、思考と経験を積み重ねてパズルを解くようなものだと絵心甚八は説いています。

失敗や試行錯誤を繰り返すことで、成功へと導くピースを得ることができるというのです。

この考え方は、サッカー選手だけでなく、あらゆる事象に当てはまると言われ、名言を超えた金言と評されています。

絵心甚八は、才能とは自分の能力を証明する力であるとも定義し、世界に証明できれば天才だと考えています。

そして、ブルーロックで世界一のストライカーを創り出すという二重の意味を込めた名言を残しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ブルーロック】 絵心甚八(えごじんぱち)の正体は何者?心に...

絵心甚八のガッツポーズの意味と登場シーン

絵心甚八のガッツポーズシーンはブルーロックのどのシーンに登場する?

三次選考・U-20代表戦

絵心甚八は「ブルーロック」プロジェクトの発案者であり、日本代表監督として選手たちを指導しています。

彼のガッツポーズシーンは、ブルーロックチームがU-20代表チームと対戦する三次選考で登場します。

この試合では、前半はブルーロックチームが優勢でしたが、後半にU-20チームが巻き返し、同点に追いつきます。

絵心甚八のガッツポーズは、この試合の終盤で描かれています。

このシーンは、絵心の喜びや人間味を感じさせるもので、彼のキャラクター性をより深く理解することができます。

また、「ブルーロック」の物語がクライマックスに近づき、日本代表の座をかけた戦いが激化していることも伺えます。

詳しくみる ⇒参照元: 【ブルーロック】絵心甚八のガッツポーズシーンをネタバレ!その...

真に戦う者の運

真に戦う者だけに平等に訪れる〝運〟とは何か?

自ら掴みに行くもの

運は偶然ではない。

真に戦う者は、機会が訪れる前に準備を怠らず、自ら運を掴みに行く。

絵心甚八の名言は、単なる幸運ではなく、努力と覚悟によって引き寄せられるものだと教えてくれる。

たとえ計算を超えるシナリオだったとしても、真摯に戦った結果には、周囲をも感動させる力がある。

詳しくみる ⇒参照元: ブルーロック絵心甚八の正体とは?過去やモデルは誰でアンリとの...