Academic Box Logo

稲葉地一家:幕末から続く独立組織から弘道会の傘下へ

名古屋を拠点とする博徒組織 @-@稲葉地一家@-@、どんな組織なのでしょうか?さっそく記事を見ていきましょう!

弘道会

稲葉地一家と弘道会の関係

稲葉地一家は、幕末から昭和時代まで独立団体として活動していましたが、1992年頃、弘道会に入りました

現在の弘道会組織図では、稲葉地一家トップの松山猛は「弘道会若頭補佐」として執行部を形成し、前トップの中村英昭は個人の立場で舎弟頭を務めています。

➡️ 続きを読む弘道会における稲葉地一家の位置出典: https://carp-climbing-up.com/entry/2017/08/12/ヤクザ組織/東日本のヤクザ組織/3605/

初代トップから順にまとめられていて、稲葉地一家が弘道会入りするまでの経緯が分かりやすですね!

稲葉地一家 アビス

稲葉地一家に「アビス」の噂は存在しない

Predictによると、「アビス」という言葉は稲葉地一家に関して話題になっておらず、自主規制されている可能性があります。

したがって、稲葉地一家に「アビス」と呼ばれる勢力や人物が存在するという噂は根拠がありません。

➡️ 続きを読む検索結果 「稲葉地一家 アビス」GoogleGoogle出典: https://www.google.com/search?q=稲葉地一家 アビス

気になるワードが規制されているとは、この闇社会、やっぱり奥深そうですね。

弘道会

稲葉地一家と弘道会

稲葉地一家は幕末の名古屋で結成された博徒組織で、弘道会の有力傘下組織の一つです。

勢力範囲は三重県北部まで拡大した時代がありました。

1986年に地元のヤクザ組織とともに親睦団体「中京五社会」を立ち上げますが、1991年に弘道会と抗争した結果、中京五社会は瓦解。

加盟団体の多くが山口組及び弘道会入りしました。

➡️ 続きを読む弘道会における稲葉地一家の位置出典: https://carp-climbing-up.com/entry/2017/08/12/ヤクザ組織/東日本のヤクザ組織/3605/

幕末から昭和にかけて、そして現在まで、名古屋で生き抜いてきた老舗組織というわけですね。

歴史ある稲葉地一家の今後の動向にも注目していきたいと思います!