Academic Box Logo

街宣車:平日にも出没?その目的や使用曲、許可・時間について

こんにちは、ライターのLauraです。

街宣右翼の起源と活動内容

街宣右翼の起源はいつごろ?

明治時代

街宣右翼の起源は、板垣退助が「愛国公党」を組織した明治6年(1873年)に遡る。

この団体は、皇室を敬戴し、政府を批判し、社会主義に警鐘を鳴らす演説や機関紙の発行を行った。

街宣車を使った活動は、戦前の大日本愛国党総裁の赤尾敏が始めたとされる。

街宣右翼は、通常の右翼団体やネット上の右翼意見の発信者とは区別され、公安調査庁の監視対象となっている。

暴力団傘下の団体も存在し、反共と勝共を主張している。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣右翼

街宣車の正体

街宣車に乗っている人たちは、どんな活動をしていますか?

宣伝活動

街宣車は、一般的に選挙に使用される「選挙カー」とは区別され、主に駅前や人通りの多い場所で、黒く塗りつぶされた車から大声で演説したり、軍歌などを大音量で流す宣伝活動に使用されています。

街宣車に乗っている人たちは、こうした宣伝活動に従事しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【シンプル解説】街宣車ってなんだろう。どんな人が乗っている?...

街宣車の目的と構造

街宣車で音楽を流す目的は何か?

宣伝

街宣車は、拡声器を搭載した車両で、宣伝のために利用されます。

大音量で人の声や音楽を流し、製品やイベントの告知、演説、キャッチフレーズの宣伝を行います。

貨物自動車、ワンボックスカー、バスなどの改造車が用いられ、日本の街宣車は「放送宣伝車」として登録されることが多いです。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣車

右翼団体の現状

準暴力団とみなされてきた右翼団体の現在はどうなっているか?

暴対法により看板の架け替えは認められていない

かつて準暴力団とみなされていた右翼団体は、暴対法の強化により看板の架け替えが認められておらず、現在では暴力的な組織とはみなされていない。

各右翼団体は保守主義を標榜するものの、主張や行動は微妙に異なり、反共親米的な団体から対米自立を掲げる団体まで幅広い。

また、すべての右翼団体が街宣活動を行っているわけではなく、インターネットや勉強会を中心とした活動を行う団体も存在する。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣車はうるさい怖いだけではない?その目的と許可や時間と使用...

街宣車の放送内容

街宣車が放送できる内容は何ですか?

音声・映像による放送宣伝

2001年より街宣車は放送宣伝車の要件を適用され、音声や映像による放送宣伝が可能となりました。

繁華街などでの商品の宣伝や店鋪や興行の宣伝に利用されています。

また、他社企業のPRを請け負う業者も増加しています。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣車

街宣車:右翼団体の宣伝ツール

政治スローガンが描かれた街宣車は、主にどの団体によって使用されていますか?

右翼団体

街宣車とは、政治活動や宗教の布教活動などに使用される大音量の宣伝車を指す。

一般的には、ボディを軍艦色やカーキ色にペイントし、政治スローガンが描かれた車両が街宣車として認識されている。

街宣車を使用する団体は主に右翼団体で、1951年から右翼活動家である赤尾敏氏が結成した「大日本愛国党」が辻説法に使用したのが始まりとされる。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣車はうるさい怖いだけではない?その目的と許可や時間と使用...

企業の労働組合活動対策:専門家の支援が不可欠

企業が労働組合活動に対して適切に対応するために重要なことは?

専門家の支援を受けること

労働組合活動は多様であり、対応もケースバイケース。

企業は十分な対抗策を準備し、労働問題の専門家に支援を求めて団体交渉に臨むべき。

弁護士の支援により、企業は過酷な交渉の負担から解放され、適切な方針に基づいた最善の解決策を得られる可能性が高まる。

予防法務の観点から、顧問弁護士契約を締結することで法務コストを軽減し、経営に専念できる環境を整えることができる。

詳しくみる ⇒参照元: 企業の街宣活動への対応方法とは?-違法となる場合・街宣車がう...

公道における演説車両

街頭演説車と右翼街宣車の主な違いは?

使用目的

選挙運動車と右翼街宣車は、どちらも公道でアナウンスを流したり演説を行ったりする車両ですが、使用目的が異なります。

選挙運動車は選挙運動のために使用され、政策のキャッチフレーズや候補者名などを流します。

一方、右翼街宣車は、右翼団体の主張を一般に広めるために使用され、過激な政治的主張や差別的な発言を流すことが特徴です。

日本では、選挙運動車には使用期間やアナウンス内容に制限がありますが、右翼街宣車にはそうした制限はありません。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣車

街宣右翼の正体

街宣右翼の特徴的なイメージとしてよく挙げられるものは?

暴力団によく似た姿形の男性による大音量の街宣

街宣右翼とは、昭和40年代後半以降に登場した暴力団体系の右翼団体のことです。

街頭宣伝車を使用して執拗に企業などを糾弾し、支援と引き換えに資金を得る活動を行います。

一般的なイメージでは、大音量の街宣を行う暴力団によく似た姿形の男性が特徴的とされています。

また、活動の主眼は資金獲得であり、街頭宣伝車の普及や暴力団壊滅作戦の回避などが拡大の要因とされています。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣右翼

右翼団体の多様化:街宣車からデモ行進へ

右翼団体がデモ行進を行うのは、どのような場合か?

ネット右翼によるナショナリズム主張

右翼団体は日本では主に街宣車を用いた活動を行う団体として認識されています。

しかし、伝統的な右翼団体とは異なる「ネット右翼」がナショナリズムに加えて民族至上主義やヘイトスピーチを主張してデモ行進を行った事例が近年見られます。

この「ネット右翼」のデモは、伝統的な右翼団体からも批判されており、時には妨害や衝突に発展しています。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣車はうるさい怖いだけではない?その目的と許可や時間と使用...