Academic Box Logo

芸能人の鼻の下が長いのはなぜ...?「人中短縮」で解決できる?

ライターのYUKOです。芸能界では、鼻の下が長い芸能人についての記事をお伝えします。

人中短縮術と口角挙上の費用とリスク

鼻の下の距離を縮める施術で、切開する必要のない方法の費用はいくらですか?

90,000円

人中短縮術には、切開する方法と切開しない方法の2種類があります。

切開しない方法の「1day人中短縮術」の費用は90,000円(税込み)です。

この施術では、鼻の下から唇の間にある人中を短縮し、面長の印象を解消できます。

ただし、切開法と比較すると、腫れや内出血などのリスクが若干低くなります。

また、施術後1週間で抜糸が必要ありません。

この施術は、大阪TAクリニックと福岡TAクリニックで受けられます。

切開法の人中短縮術は379,000円(税込み)で、口角挙上は350,000円(税込み)です。

詳しくみる ⇒参照元: 人中短縮(リップリフト)

人中短縮術のデメリット

人中短縮術のデメリットは?

鼻の下の傷

人中短縮術は人中の長さを短縮することで面長な印象を解消する手術です。

しかし、デメリットとして鼻の下に傷が残ることがあります。

傷を目立ちにくくするために、筋肉の処理や中抜い縫合を丁寧に行い、形成外科の技術で目立たない傷を目指しています。

傷跡は徐々に目立たなくなっていきます。

詳しくみる ⇒参照元: 人中短縮(リップリフト)