Academic Box Logo

七つの大罪と黙示録の四騎士の相関図を徹底解説!人物設定や関係性を明らかに

ライターのYUKOです。今回は、「七つの大罪」と「黙示録の四騎士」の相関図を徹底解説します。

七つの大罪と黙示録の四騎士の関係

物語の舞台は、七つの大罪の何年後?

16年後

「七つの大罪」の続編である「黙示録の四騎士」は、前作から16年後の世界が舞台です。

前作の主要キャラクターたちは結婚して子供を持ち、彼らの子供たちが物語の重要な役割を担っています。

また、かつての「七つの大罪」のメンバーも登場し、ファンにはたまらない展開が繰り広げられています。

詳しくみる ⇒参照元: 七つの大罪と黙示録の四騎士のつながりや時系列は?キャラ相関図...

「七つの大罪」キャラクター相関図

ディアンヌが最初に恋をしたのは誰?

メリオダス

アニメ「七つの大罪」に登場するキャラクターの関係性を示す相関図には、主人公メリオダス率いる「七つの大罪」とその敵対勢力である聖騎士団、そしてリオネス王国の登場人物たちが含まれています。

「七つの大罪」の団長であるメリオダスは、少年のような姿をしていますが、強力な戦士です。

彼は移動酒場「豚の帽子」の店主でもあり、美味しいお酒を提供していますが、料理は苦手です。

巨人族の少女ディアンヌは、「七つの大罪」のメンバーで、怪力を誇ります。

彼女は当初、メリオダスに恋心を抱いていましたが、後に妖精族のキングと相思相愛になります。

不死身のバンは、「七つの大罪」のメンバーで、料理が得意です。

彼はメリオダスと腕相撲などで絆を深めています。

また、「怠惰の罪」のキングは、普段は小柄な少年ですが、正装時には太ったおっさんになります。

彼はエレインの兄であり、エレインの死後、罪悪感を感じていましたが、エレインと和解したことでバンを仲間と認めるようになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 【七つの大罪】キャラクター相関図!人物設定や関係についても紹...

『黙示録の四騎士』におけるアーサー王の豹変

『七つの大罪』では好青年だったアーサー王が『黙示録の四騎士』ではなぜラスボスになっているのか?

闇落ち

『七つの大罪』の主人公メリオダスの憧れの存在だったアーサー王は、『黙示録の四騎士』では闇に染まり、ラスボスとして君臨しています。

その理由は明かされていませんが、メリオダスへの嫌悪感を抱いていることや、パーシバルの命を狙っていることから、彼の心に何か大きな変化があったことがうかがえます。

また、かつてマーリンと同行していたものの、現在は決別しています。

詳しくみる ⇒参照元: 七つの大罪と黙示録の四騎士のつながりや時系列は?キャラ相関図...