Academic Box Logo

ヒロアカ:AFOの謎を徹底解剖!継承者と能力を紐解く

こんにちは、ライターのAnnaです。今回は、「ヒロアカ」のヴィラン・オール・フォー・ワン(AFO)の謎を徹底解剖します。継承者と能力の関係性について紐解いていきますので、ご期待ください。

ヴィラン連合の支配者・オールフォーワン

ヴィラン連合の指導者は誰?

オールフォーワン

ヴィラン連合の支配者であるオールフォーワンは、正体は謎に包まれている。

ヴィラン連合のブレーンであり、死柄木弔に指示やアドバイスを与えている。

その圧倒的な支配力から、ヴィラン連合の実質的支配者と見られている。

本名は明かされていないが、死柄木弔に与えた「死柄木」という名は自分の名前であると語った。

詳しくみる ⇒参照元: ヒロアカのオールフォーワンの正体と過去を解説!目的についても

オールフォーワンと死柄木の関係

オールフォーワンはなぜ死柄木に自身の意識を与えたのか?

自身の意識を乗っ取るため

生命維持装置が必要なオールフォーワンは新しい身体を探しており、死柄木に個性と意識を与えることで、徐々に身体と意識を乗っ取ろうとしています。

オールフォーワンはダースベイダーやAKIRAの鉄雄のようなデザインで、マスクを取るとダースベイダー、マスクをつけるとAKIRAの鉄雄を彷彿とさせます。

詳しくみる ⇒参照元: ヒロアカのオールフォーワンの正体と過去を解説!目的についても

オールフォーワンの正体と死柄木との関係

オールフォーワンと死柄木の関係は?

師弟関係

オールフォーワンは死柄木率いるヴィラン連合の支配者で、死柄木を「後継者」として指導してきました。

死柄木はオールフォーワンを「先生」と呼んでおり、師弟関係にあります。

オールフォーワンは超常黎明期からヴィランのボスとして活動し、オールマイトに敗れてからは悪の組織を陰で操ってきました。

詳しくみる ⇒参照元: 【ヒロアカ】オールフォーワンの正体や素顔とは?弟についても解...

爆豪の活躍でAFOの支配権が弱まる

爆豪の行動により、AFOにどのような影響が出たのか?

精神支配の弱体化

爆豪の攻撃により、AFOの肉体は崩壊し、精神世界の「支配権」が弱まった。

ホークスは、AFOが死柄木に「呑まれた」と指摘し、爆豪はAFOの顔面を右腕で攻撃して地面に叩きつけた。

オールマイトは、皆のダメージと苛立ちがAFOの敗北につながったと悟り、爆豪の両親は涙を流した。

AFOは「今こそ」と地面に埋もれ、爆豪は「一人で勝てたわけではない」と発言した。

詳しくみる ⇒参照元: 【ヒロアカ】409話のネタバレ感想・考察まとめ|爆豪vsAF...

ヒーローの捨て身とヴィランの捨て身

AFOがエンデヴァーとの戦いで試せることがあるとは何?

個性破壊

AFOはエンデヴァーとの戦いで、用済みとなった自分の体を捨て去り、個性破壊を試みる。

一方、残留思念の初代はデクに迫る何かを感じ取り、嫌な予感がすると告げる。

デクは初代の言葉に反応するが、突如として目前の空に自身に接近するものの存在に気づく。

詳しくみる ⇒参照元: 【ヒロアカ】357話のネタバレ感想・考察まとめ|Afoを圧倒...

耳郎の反撃とAFOの弱体化

耳郎は、AFOの攻撃でどのような身体的な影響を受けたのか?

左耳を吹き飛ばされた

耳郎はAFOの攻撃で左耳を吹き飛ばされ、血を流しながらも、AFOに対して「あんたの怖さとか…強いとか 弱いとか 特別だとか 知らないよ…!

」と言い放ちます。

さらに、右耳から「ハートビートサラウンド レガート」を発動し、AFOに衝撃波を放ちます。

ホークスの助けもあり、最終的にAFOの仮面を破壊することに成功します。

詳しくみる ⇒参照元: 【ヒロアカ】355話のネタバレ感想・考察まとめ|Afoの仮面...

AFOの全個性因子解放

死柄木がデクを拒否した状況で、AFOはどのような行動に出たのか?

全個性因子解放

AFOは、死柄木との争いが避けられないことを認識しながらも、デクとの譲渡成立のために余力を残す必要があると考えていました。

しかし、AFOは突然考えを改め、「おまえを殺すのもゴールも譲渡も…一括だ」と宣言します。

その後、AFOは「全ては一つの目的の為にオール・フォー・ワン」と全個性因子を解放し、爆豪と対峙します。

オールマイトは、AFOが赤ん坊にまで戻ることを承知で賭けに出ていることに気づき、爆豪に「避けろ 少年ン!!!」と警告します。

爆豪はAFOの圧倒的な力を前に「勝てるわけねーだろ」と呟きますが、それでも前を見据えています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ヒロアカ】408話のネタバレ感想・考察まとめ|AFO・OF...

ワンフォーオールの起源

ワンフォーオールの成り立ちに深く関わった「個性」は何?

オールフォーワン

ワンフォーオールは、オールフォーワンから奪った個性と混ざり合って誕生しました。

この個性は、他の個性を奪って自分に取り込み、さらに他者に譲渡することもできるという能力です。

歴代継承者によって洗練され、現在は9代目のデクが受け継いでいます。

詳しくみる ⇒参照元: 【ヒロアカ】オールフォーワンの正体や素顔とは?弟についても解...

ワン・フォー・オールの継承者たち

ワン・フォー・オールの初代継承者の本名は?

死柄木与一

ワン・フォー・オールは、代々継承されることで力を増していく個性です。

初代継承者はオールフォーワンの弟であり、本名は死柄木与一です。

彼はもともと「個性を譲渡する個性」を持っており、それがオール・フォー・ワンの「力をストックする」個性と交わり、ワンフォーオールの原点となりました。

ワンフォーオールの継承者は8代目までおり、主人公の緑谷出久は9代目です。

歴代継承者の意思はワンフォーオールに残り、具現化して緑谷出久の前に現れます。

詳しくみる ⇒参照元: 【ヒロアカ】ワン・フォー・オールの継承者(初代~9代目)まと...

AFOの個性強奪対策

AFOが個性強奪を回避するために取る手段は?

少数精鋭で挑む

AFOは「個性」の強奪が可能なので、戦力を失わないために少数精鋭で挑む必要があります。

また、神野の衝撃波を避けるため空中戦で距離を保ち、触れられないように至近距離で仕留めなければなりません。

そのため、No.1のエンデヴァー、No.2のホークスが連携して挑みます。

しかし、エンデヴァーがピンチになったため、常闇、耳郎も参戦することになりました。

AFOがこれまでに使用した「個性」は、凝火扇鋲突押し出し重荷、AFOサーチワープ衝撃反転筋骨発条化瞬発力膂力増強増殖肥大化エアウォーク槍骨電波反射拡散超再生赤外線鋲突摂生です。

28巻270話では、AFOは自身の「複製個性」を取り込み、本物オリジナルを死柄木弔に渡していました。

スターアンドストライプ戦では、死柄木が「新秩序ニューオーダー」を取り込んだことで反射などの「個性」を失いましたが、AFO自身は特に「個性」を失っていないと思われます。

詳しくみる ⇒参照元: 【ヒロアカ】354話のネタバレ感想・考察まとめ|Afoとの戦...