Academic Box Logo

警察から電話!?メンズエステでのトラブル対処法と違法行為の回避ポイント

ライターのサラです。今回は、メンズエステでトラブルに遭った際の対処法と、違法行為を回避する方法についてご紹介します。

メンズエステの法的リスク

メンズエステで警察沙汰になる場合についてはどのような事例があるのでしょうか?

性的な行為を強要した場合には犯罪になります。

メンズエステでのトラブルについて、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

奈良県奈良市の事例を取り上げ、メンズエステでの性的な行為に関する問題や警察沙汰について詳しく説明します。

メンズエステを利用する際の注意点や法的なリスクについても触れられています。

詳しくみる ⇒参照元: メンズエステで警察沙汰

メンズエステでのわいせつ行為の法的処罰

メンズエステのスタッフにわいせつ行為をした場合、どのような法律上の処罰が科される可能性がありますか?

不同意わいせつ罪

メンズエステでのわいせつ行為は、不同意わいせつ罪として警察に被害届が出される可能性があります。

警察は被害者と加害者の双方から事情を聞き、捜査を進めます。

加害者は逮捕される可能性があり、在宅捜査の場合でも捜査の進展により逮捕されることがあります。

また、店舗が警察に通報した場合も被害者は施術スタッフとなるため、警察はスタッフから得た情報をもとに事件を取り扱います。

わいせつ事件によりスタッフが勤務不能になった場合、店舗は加害者に対して民事上の責任追及をする可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: メンズエステでわいせつ行為をしたら逮捕される?弁護士相談の実...

強制わいせつ罪の法的解説

強制わいせつ罪における暴行又は脅迫とは何を指すのか?

わいせつ行為自体が、物理的な力を用いた暴行に当たる。

強制わいせつ罪について、法律上の定義やその適用範囲について詳しく解説しています。

また、メンズエステ店でのセラピストの行為がどのように評価されるかについても触れられています。

さらに、店からの連絡を無視することがもたらす影響についても言及されています。

詳しくみる ⇒参照元: メンズエステで警察沙汰

不同意性交等罪の起訴と処罰

不同意性交等罪で起訴されると、どんな刑罰の可能性がありますか?

5年以上の有期拘禁刑

不同意性交等罪は、性交以外の行為でも、男性器を咥えさせるような行為でも含まれる重大犯罪です。

起訴されると、5年以上の有期拘禁刑が科せられ、執行猶予は付きません。

また、裁判を避ける可能性はありますが、特に不起訴処分を獲得するための弁護活動が重要になります。

さらに、メンズエステでの盗撮やわいせつ行為をしていなくても強要罪が成立する可能性もあります。

2022年の検察統計によると、不同意性交等罪の起訴率は約30%、不起訴率は約70%で、不起訴の理由には起訴猶予や嫌疑不十分が含まれます。

詳しくみる ⇒参照元: メンズエステで警察沙汰になったら

メンズエステのルール違反の恐ろしい代償

メンズエステのルールに違反し、性的行為の強要をした場合、どのような罰則が科せられますか?

懲役刑

メンズエステのルールに違反し、性的行為の強要などを行った場合、「強制わいせつ」や「強制性交等罪」が適用され、懲役刑を免れません。

また、全国ネットのニュースで名前が出る可能性があり、後半生に大きな影響を与える可能性があります。

さらに、相手から民事訴訟を起こされ、賠償金を請求される場合もあります。

このようなリスクを避けるため、紳士的に振る舞い、セラピストに気に入られることで、より楽しく充実した時間を過ごすことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 【必見】メンズエステでやらかしてトラブルになったらどうなるの...

メンズエステ摘発の判断基準と処分

メンズエステ店摘発時の判断基準は?

性的サービスが個人行為か組織指示か

メンズエステ店の摘発は、警察による潜入調査で複数のセラピストが性的サービスを提供していることが確認された場合に行われる。

摘発基準は、セラピストが個人的に行っているのか、メンズエステ店の指示によるものかを判断するため。

警察は一般客として繰り返し来店し、複数のセラピストによる性的サービスの提供を確認する。

詳しくみる ⇒参照元: 違法なメンズエステの摘発が相次ぐ!客やセラピストへの影響は?

メンズエステの摘発回避方法

利用客に紙パンツを着用させるのはなぜ重要ですか?

性的サービスを期待させないため

性的サービスを提供しないためには、以下のことに注意することが重要です。

- 利用客に紙パンツを必ず着用させる。

紙パンツを拒否する場合は退店させる。

- 鼠径部のマッサージを避ける。

異性の性的好奇心に応じていると判断されると摘発の対象となる。

- 露出の多い衣装で接客しない。

性的サービスを提供していると誤解される可能性がある。

以上のルールをセラピストに徹底し、利用客にも誓約書で同意させることで、摘発のリスクを軽減できます。

また、過度なサービスに頼らず、技術や接客で差別化を図ることが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 摘発される違法メンズエステの特徴【摘発を回避するポイントも解...

メンズエステ受診前の事前準備

メンズエステを受ける前には、最低限何が必要ですか?

身だしなみ

メンズエステを受ける際には、最低限の身だしなみが求められます。

具体的には、爪を短く切り、清潔な服を着て、頭髪を整え、歯磨きをし、髭を剃るなどです。

また、シャワーに関しては、施術前に利用するケースが多いですが、極端に汚れている場合は事前に洗体しておくと良いとされています。

さらに、自宅に派遣型エステを呼ぶ際には、部屋を片付け、シーツやタオルを洗濯しておくことでセラピストが気持ちよく施術できる環境を整えることが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: メンズエステはどんなシステム?仕組みや流れを初心者向けに解説

違法メンズエステ摘発の手順

違法なメンズエステ摘発の手順を簡潔に教えて

通報→潜入調査→性的な要求

違法メンズエステ摘発は、近隣からの通報で始まり、私服警察が一般客を装って来店し、セラピストに性的なサービスを要求することで証拠を集める。

警察は、セラピストの過剰な勧誘や露出度が高い衣装もチェックし、客が特定できないよう私服で潜入する。

この手順により、警察は性的サービスを提供する違法エステを摘発することができる。

詳しくみる ⇒参照元: 違法なメンズエステの摘発が相次ぐ!客やセラピストへの影響は?

メンズエステ摘発回避ガイド

摘発される可能性があるメンズエステ店の特徴は?

違法な性的サービスを提供している場合

近年、メンズエステ店での警察摘発が増加しています。

違法メンズエステ店は、風営法の届け出を行わずに性的サービスを提供しているお店です。

また、風営法の指定地域外での営業も摘発対象となります。

摘発を回避するには、風営法に従った健全な営業が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 違法メンズエステは摘発される!摘発を回避するためのポイントを...

メンズエステの予約方法

メンズエステを利用する際に必ず必要なことは?

予約

メンズエステを利用するには予約が必要であり、その方法は主に「電話予約」「Web予約」「LINE予約」「X(Twitter)・Instagram予約」の4種類。

電話予約の場合は、非通知電話での予約は不可、予約の受付時間を確認する必要がある。

Web予約は、お店のホームページから「予約フォーム」を利用して行う。

LINE予約は、店舗のLINEアカウントを友達追加して行う。

X(Twitter)・Instagram予約は、店舗のX(Twitter)・Instagramアカウントから予約を行う。

詳しくみる ⇒参照元: メンズエステの予約方法は?タイミングや注意点などを徹底解説!

メンズエステの施術内容とは

メンズエステの施術内容はどのようなものか

健全なマッサージと密着マッサージ

メンズエステでは、オイルマッサージやツボ押しなど健全なマッサージから始まり、密着マッサージに移行します。

施術内容は店舗やセラピストによって異なりますが、施術前の問診で好みに応じてカスタマイズできます。

施術中はセラピスト任せとなり、指示に従って体位を変更したり会話をしたりできます。

施術後はオイルやローションを洗い流し、シャワーを浴びて着替えます。

最後に、お茶を飲みながらセラピストと会話を楽しみます。

詳しくみる ⇒参照元: メンズエステはどんなシステム?仕組みや流れを初心者向けに解説

メンズエステのNG行為

メンズエステで利用者から女性セラピストにしてはいけないボディタッチとは?

性的な部位を触ること

メンズエステでは、利用者からセラピストへの性的な行為が禁止されています。

そのため、利用者からの女性セラピストへのボディタッチもNG行為に含まれます。

セラピストの胸や陰部を触るのはもちろん、意図的にセラピストが嫌がる箇所を触ることも禁止です。

マッサージに興奮したとしても、パンツを脱いだり胸を揉んだりなどの行為は慎みましょう。

基本的には、利用者からのアプローチは全て禁止されています。

メンズエステの禁止行為については、別記事で詳しく解説しています。

詳しくみる ⇒参照元: メンズエステはどんなシステム?仕組みや流れを初心者向けに解説

わいせつ事件の示談における加害者の接触回避の重要性

わいせつ事件の示談時に加害者が被害者に接触すべきではない理由は?

捜査機関による口封じや証拠隠滅の疑い

わいせつ事件の示談では、被害者への配慮が求められます。

被害者は加害者からの接触に恐怖や不快感を覚えるため、示談は弁護士に依頼すべきです。

加害者が被害者に接触すると、捜査機関から口封じや証拠隠滅の疑いをかけられる可能性があります。

そのため、加害者やその家族が被害者に接触することは避けるべきです。

詳しくみる ⇒参照元: メンズエステでわいせつ行為をしたら逮捕される?弁護士相談の実...

メンズエステ店の違法摘発回避ガイド

違法メンズエステ店の摘発の現場に居合わせるリスクを回避する方法を教えてください

怪しい店には行かない。

違法メンズエステ店の摘発現場に居合わせないためには、相場より料金が高い、際どいオプションがある、住所不明、過激なマッサージ、複数のセラピストによる性的サービスなどの特徴を持つ店や、評判の悪い店を避けることが重要です。

また、風営法ではメンズエステの出店可能な地域も指定されているため、禁止地域での営業も摘発対象となるので注意が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 違法なメンズエステの摘発が相次ぐ!客やセラピストへの影響は?