Academic Box Logo

死産の悲しみと向き合う:北川悠仁と子どもを失った親のための支援ガイド

ライターのYUKOです。この記事では、死産の悲しみと向き合うためのガイドをご紹介します。

臨月の死産

死産の原因は何ですか?

先天性異常や母体要因

死産は、妊娠4か月以降に赤ちゃんが亡くなってしまうことで、原因には赤ちゃんの先天性異常や母体の要因などがあります。

臨月に入ってからの死産はまれですが、妊娠12週から22週未満で起こる後期流産は死産とみなされ、その確率は1.6%です。

また、妊娠22週以降の死産率は0.48%となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 死産とは?臨月に起きる原因や確率は?兆候はあるの?

絨毛膜羊膜炎の原因と治療法

絨毛膜羊膜炎の原因の多くを占めるのは?

常在菌

絨毛膜羊膜炎とは、膣内の細菌バランスが崩れて細菌性膣症となり炎症を起こす病気で、妊娠32週未満の早産の半分以上を占めます。

原因の多くは常在菌によるもので、歯周病も炎症の原因となります。

症状としては、子宮頸管の軟化や子宮収縮が起きやすくなり、切迫流産や早産に繋がりやすい状態になります。

絨毛膜羊膜炎には不顕性と顕性の2種類があり、不顕性の場合は自覚症状がなく、妊婦健診で発見されます。

顕性の場合は、発熱や子宮収縮などの症状があり、早産に繋がるケースがほとんどです。

不顕性の場合は抗菌薬や子宮収縮抑制薬で妊娠を継続しますが、顕性の場合は妊娠週数や赤ちゃんの発育具合により治療法が異なります。

詳しくみる ⇒参照元: 死産の原因と8つの予防策~初期・後期時期別原因と対策

香川県 流産・死産相談窓口

流産や死産を経験した方々が利用できる、香川県の相談窓口はどこですか?

香川県不妊・不育症相談センター

香川県では、流産や死産を経験した方々が悲しみから孤立しないよう、様々な情報を提供しています。

相談窓口として、専門の看護師による電話相談や医師による面談相談、心理カウンセラーによるカウンセリングを実施しています。

相談内容は、医師や心理カウンセラー、保健師など専門家が対応し、回答まで時間がかかる場合があります。

詳しくみる ⇒参照元: 流産・死産等でお子さまを亡くされたご家族への支援|香川県

死産のリスクを高める妊娠の合併症

胎児水腫を引き起こす可能性のある血液型に関する状態は何か?

血液型不適合妊娠

血液型不適合妊娠とは、母体と胎児の血液型が異なることで、母体に胎児の赤血球に対する抗体が生成される状態です。

この状態では、胎児の赤血球が破壊され、胎児水腫や死産などの重篤な合併症につながる可能性があります。

血液型不適合妊娠は、Rh不適合型妊娠が最も一般的なタイプで、適切な治療を受けなければ胎児に重大な影響を与える可能性があります。

また、胎児水腫は染色体異常、心臓奇形、感染症などのさまざまな原因で起こり、最悪の場合死産に至ることがあります。

妊娠高血圧症候群は妊娠中の高血圧で、常位胎盤早期剥離や胎児発育不全を引き起こし、死産のリスクを高めます。

詳しくみる ⇒参照元: 死産とは?臨月に起きる原因や確率は?兆候はあるの?

妊娠中のトラブル

先天性形態異常による死産の原因は?

染色体の異常または他の原因による赤ちゃんの脳や身体の異常

妊娠中は、血液の量が増加し、貧血や息切れなどの症状が出たり、羊水過多症でお腹の張りや呼吸困難になることがあります。

また、陣痛が微弱だったり、弛緩出血などトラブルも多くなります。

先天性形態異常は、染色体異常や他の原因で赤ちゃんの脳や身体に異常が起こるもので、奇形や疾患などが含まれます。

妊娠中に風しんやウイスルに感染すると起こることもあり、厚生労働省は予防のため葉酸の摂取を推奨しています。

Rh血液型不適合妊娠では、胎児の赤血球が破壊されて貧血や心不全、免疫性胎児水腫を引き起こす可能性があります。

出生後は、黄疸や高ビリルビン血症などの症状が出る場合があります。

詳しくみる ⇒参照元: 死産の原因と8つの予防策~初期・後期時期別原因と対策

自覚の力

助産教育で必須とされていなかったのは何か?

周産期喪失のケア

太田尚子教授は、自覚が前向きになる力になると説いています。

太田教授は母親支援に関する研究を行っており、死産で子供を亡くした母親のケアニーズについて論文を発表しています。

この論文では、周産期喪失に関するガイドラインの翻訳はあるものの、ケアの統一見解が確立されておらず、助産教育でも必須の学習項目ではなかったことが指摘されています。

詳しくみる ⇒参照元: 「死産・流産 母親に必要なケアは」(Nhkおはよう日本)から...

死産した胎児の火葬時の服装マナー

死産した胎児を火葬する際に、参列する際の男性の服装マナーを教えてください

喪服でなくてもよい。

妊娠12週以降に死産した胎児は「墓地、埋葬等に関する法律」に基づき火葬が必要です。

妊娠24週以降の死産では、24時間安置してから火葬します。

自宅で安置するには遺体を保冷するドライアイスが必要になります。

棺は葬儀社か病院から購入できます。

赤ちゃん用の小さい棺があるか事前に確認しておきましょう。

骨壺のサイズは納骨先によって指定がある場合があります。

死産の火葬に参列する際は必ずしも喪服を着る必要はありません。

詳しくみる ⇒参照元: 死産した赤ちゃんの火葬までの流れや服装マナーは?遺骨の供養方...

死産した赤ちゃんを供養する流れ

死産届を提出する必要があるのは、妊娠は何週目以降ですか?

12週

死産した赤ちゃんの供養の流れは、死産届の提出から始まります。

死産届は、妊娠12週以降に死産した場合に提出します。

死産届を提出すると、戸籍は作られません。

その後、葬儀や火葬を行うことができます。

葬儀の服装は、地域や宗派によって異なるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: 死産した赤ちゃんの火葬までの流れや服装マナーは?遺骨の供養方...

死産の原因

胎盤剥離とはどのような症状ですか?

胎盤が予定より早く剥がれること

胎盤剥離とは、赤ちゃんがお腹にいる間に胎盤が子宮から剥がれてしまう症状です。

胎盤が剥がれると、赤ちゃんに酸素や栄養が供給されなくなり、酸欠状態になります。

また、子宮からも出血し、血の塊が子宮内にできます。

この血腫により、ママの体も血液が固まりにくくなる病気を引き起こし、大量出血など、生命の危機に直面することもあります。

胎盤剥離は妊婦300人に1人の割合で発生しています。

赤ちゃんが助かることもありますが、胎内にいるときに低酸素状態になるため、脳に障害が残ることもあります。

妊娠高血圧症候群や羊水過多、多胎を原因とする場合もありますが、順調に妊娠を継続しているママにも起こり、多くは原因不明のままです。

喫煙している妊婦さんには明らかに多いことがわかっています。

詳しくみる ⇒参照元: 流産・死産と診断されたら

臨月死産:必要な書類と対処法

臨月に死産した際の必要な書類は何か?

死亡届、火葬許可証

臨月に死産した際は悲しみは計り知れないが、一人で抱え込まずに家族や専門家に相談することが大切。

普段から胎動や体調に気を配り、異変に気づいたらすぐに産婦人科を受診する。

臨月に死産する可能性はゼロではないが、ほとんどの赤ちゃんは無事に生まれる。

死産を経験した人に向けた支援窓口もあるので、専門家に相談することを勧める。

詳しくみる ⇒参照元: 死産とは?臨月に起きる原因や確率は?兆候はあるの?

死産や人工中絶における給付金受給条件

死産や人工中絶でも、条件を満たせば出産と同じく給付金が受けられるのはなぜ?

赤ちゃんを「出産」したことと同等のため

健康保険では、妊娠4か月以降の出産は、死産、流産、人工死産も含めて「出産」と定義されています。

出産は健康保険が適用されないため、通常は費用を全額自己負担しなければなりませんが、帝王切開や母体保護法に基づく人工中絶の場合は健康保険が適用されます。

また、出産一時金保険に加入している場合は、妊娠4か月以上で出産した際に一児につき48.8万円(産科医療補償制度の対象となる場合は50万円)が出産一時金として支給されます。

詳しくみる ⇒参照元: 「出産一時金」「出産手当金」は、死産や人工死産(中絶)も支給...

主婦の出産一時金と手当金

夫の健康保険に加入している主婦が退職した場合に、出産一時金を受け取れる条件は?

1年以上勤務し、退職から6か月以内に出産すること

夫の健康保険に加入している主婦は、退職後でも一定の条件を満たせば出産一時金を受け取れます。

その条件は、退職までに1年以上勤務し、退職日から6か月以内に分娩することです。

退職後は、直接支払制度を利用するか、現在加入している健康保険を利用するかを選択できますが、重複受給はできません。

また、死産の場合も会社員であれば出産手当金を受け取ることができ、産前産後休暇中は給料の約8割が支給され、社会保険料も免除されます。

詳しくみる ⇒参照元: 「出産一時金」「出産手当金」は、死産や人工死産(中絶)も支給...

流産・死産後のサポート拡充

流産や死産を経験した人々にとって、どのようなサポートが重要ですか?

心の痛みを理解し、気持ちを整理するためのサポート

自治体では、不妊治療に関する相談窓口で流産・死産後の不安にも対応したり、当事者団体や相談窓口の情報をホームページで提供したりするなど、支援体制を拡充しています。

専門家によると、流産や死産を経験した人は、体と心の痛みを理解し、気持ちを整理するためのサポートを受けることが重要です。

言葉にすることで、心の整理を助けることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 見過ごされてきた流産・死産のケア 「なかったこと」にしないで...

妊娠中、赤ちゃんを失うリスクが高い合併症

赤ちゃんを失ってしまうリスクの高い妊娠中の合併症はどれ?

抗リン脂質抗体症候群

妊娠中に赤ちゃんを失うリスクの高い合併症がいくつかあります。

抗リン脂質抗体症候群は、免疫機能が自分の組織を攻撃してしまう病気で、血栓や胎盤の異常を引き起こし、死産につながる可能性があります。

妊娠高血圧症候群は、母親の血圧が高くなり、赤ちゃんに十分な血液が供給されなくなることで、死産や早産のリスクを高めます。

臍帯過捻転は、へその緒がねじれて赤ちゃんへの栄養や酸素の供給が妨げられ、死産につながる可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 死産の原因と8つの予防策~初期・後期時期別原因と対策

胎児死亡後の変性と死産対応

亡くなった胎児に起こる変性の度合いはどのように変化しますか?

浸軟第1度→浸軟第2度→乾性壊死

胎児の死亡後は、羊水の浸潤により浸軟が発生します。

浸軟の程度は時間の経過とともに進み、表皮の水泡形成、深部組織の軟化、乾燥、萎縮の状態に変化します。

死産の対応としては、通常は陣痛を誘発して経膣分娩を行います。

死胎児症候群は稀ですが、IUFDと診断された後はすぐに陣痛を誘発しており、グリーフケアの観点からは好ましくないとされています。

娩出法は妊娠週数や胎児の大きさによって異なりますが、一般的にはラミナリアやプレグランディン膣座剤を使用します。

緊急時は緊急帝王切開が選択されます。

詳しくみる ⇒参照元: Npo法人 Sids家族の会