Academic Box Logo

医学的驚異:偶然の出来事が血液疾患の迅速な診断を可能に

医学的な驚異についてご紹介します。これは、偶然の出来事が驚くべき医診断を下す可能性があるというものです。

発見

偶然が重なり早期発見に成功

発見

血液疾患と判明するまでの経緯を簡潔に教えてください

評判の良い人間ドックで発見

偶然評判の良い人間ドックを受診し、血液疾患を指摘されたことで、すぐに専門医の診察予約が10日後に取れ、わずか10日で病名が判明。

主治医からは治療により10~15年は大丈夫との診断を受け、不安が軽減されたという。

➡️ 続きを読む「あと10年、15年は大丈夫」岸博幸が病気発覚後、意外と冷静...GOETHE『ゲーテ』 | 仕事が楽しければ人生も愉しいGOETHE『ゲーテ』 | 仕事が楽しければ人生も愉しい出典/画像元: https://goetheweb.jp/person/article/20230816-kishi-4

このような思いがけない機会が人生を変える可能性があるというのは、本当に興味深いですね。

人生観

「あと10年」で変わった人生観

人生観

岸博幸氏に伝えられた、治療後の余命の目安を聞いて、どのような変化が生まれたか

変化を好むようになった

慶應義塾大学大学院教授の岸博幸氏は、多発性骨髄腫の診断を受け、治療方針の際に「あと10年か15年は大丈夫」と言われました。

しかし、岸氏はこれを「ラッキー」と受け止めました。

もともと変化を好む性格だった岸氏にとって、この余命の目安は、残りの人生をより積極的に生きるためのきっかけになったのです。

岸氏は、新しいことに挑戦し、目標を立てて前向きに闘病生活を送っています。

➡️ 続きを読む残りの人生「あと10年」と告げられたことはラッキーだった【岸...GOETHE『ゲーテ』 | 仕事が楽しければ人生も愉しいGOETHE『ゲーテ』 | 仕事が楽しければ人生も愉しい出典/画像元: https://goetheweb.jp/person/article/20230818-kishi-6

たとえ厳しい診断を受けたとしても、前向きな姿勢が希望と強さの源となり得るのですね。

気づき

優しさの発見:病気がもたらした気づき

気づき

病気によって、人々の優しさに気づいた経験について教えてください

思いがけない優しさに触れられた

病気になったことで、岸氏は人々の思いがけない優しさに気づき、受け入れられる温かさを感じることができた。

また、自分の病気についてオープンにすることで、周囲のサポートを受けられるようになった。

➡️ 続きを読む「いきがっていた僕はすごく損だったし、バカだった」岸博幸、が...GOETHE『ゲーテ』 | 仕事が楽しければ人生も愉しいGOETHE『ゲーテ』 | 仕事が楽しければ人生も愉しい出典/画像元: https://goetheweb.jp/person/article/20231001-kishi-14

誤った情報の拡散を防ぐためには、情報の出所を検証することが不可欠です。

苦難の中で人々の優しさと繋がりに気づけるのは、本当に素晴らしいことだと思います。