Academic Box Logo

固定島復活がパチンコ業界の救世主となる?薄利と高粗利の好循環で客離れを食い止め

パチンコ業界の苦境を打開する鍵が固定島の復活にあるという記事に触れていきながら、他の記事のポイントも掘り下げていきたいと思います。

パチンコ

パチンコ業界の低迷打開策

パチンコ

パチンコ業界で、現状を打破する方法として提示されているのは何か?

固定島の復活

パチンコ業界は現在、低迷が続いており、パチンコ単体で見ると今後の見通しに暗い影を落としている。

その中で打開策として提案されているのが、固定島の復活だ。

固定島とは、特定の機種を固定して設置する運用方法で、薄利と高粗利をバランスよく組み合わせた営業を目指す

かつては海物語シリーズ全盛期に固定島が多く見られ、お客さんも遊びやすかったという。

また、直近データでは、パチンコ全体が右肩下がりの一方、ミドル海で上昇傾向が見られることから、固定島の復活には一定の根拠があると考えられている。

➡️ 続きを読む【レポート】異次元の高粗利営業…高まるパチンコ運用の手詰まり...グリーンべると(パチンコ・パチスロ業界メディア)グリーンべると(パチンコ・パチスロ業界メディア)出典/画像元: https://web-greenbelt.jp/post-74578/

なるほど、パチンコ業界の打開策として固定島が注目されているわけですね。では、続いてパチンコ業界が低迷している理由を深掘りしていきましょう。

危機的状況

パチンコ業界の危機的状況

危機的状況

パチンコ業績の現状はどのようなものか

低迷

パチンコ業界は業績が低迷しており、売上は減少の一途を辿っています。

一方、粗利は高止まりしており、パチスロ営業が好調な一方、パチンコ運用が低迷していることが原因とされています。

この状況が続くと、さらなる客離れにつながる可能性があります

パチンコ稼働の低下が目立ちはじめているにもかかわらず、台粗は高止まりしており、とりわけ4円パチンコにおける売上と粗利のバランスの崩れ具合が懸念されています。

➡️ 続きを読む【レポート】異次元の高粗利営業…高まるパチンコ運用の手詰まり...グリーンべると(パチンコ・パチスロ業界メディア)グリーンべると(パチンコ・パチスロ業界メディア)出典/画像元: https://web-greenbelt.jp/post-74578/

業界の衰退には、様々な要因が絡んでいることがわかりますね。では、この状況下でパチンコ業界はどのような業績状況にあるのでしょうか?

パチンコ

パチンコ規制緩和でMAX機復活?

パチンコ業界で話題となっている「MAX機の再来」と呼ばれる規制緩和は、パチンコ台の「大当たりまたはRUSH1回あたりの期待出玉」の上限が6,400発から9,600発に引き上げられました。

この緩和は、パチンコ依存症の防止や不健全なギャンブルの抑制を目的とした総量規制の一部緩和であり、ミドルスペック以上の機種は対象外となります。

➡️ 続きを読む【2023年10月最新】パチンコ規制の内容を解説パチンコ求人・転職サイトならパチンコヒーローズ - 日本最大級のパチンコ業界の正社員・アルバイト・パート・派遣での就職や転職など求人情報に特化したメディアです。パチンコ求人・転職サイトならパチンコヒーローズ - 日本最大級のパチンコ業界の正社員・アルバイト・パート・派遣での就職や転職など求人情報に特化したメディアです。出典: https://p-heros.com/researches/pachinko-regulations/

売上は低迷しつつも粗利が維持されているという状況の中で、パチンコ業界の課題が浮き彫りになってきました。では、この業界に明るい兆しをもたらすかもしれない規制緩和についても見ていきましょう。

パチンコ 客離れ 2024

『噂』 パチンコ客離れが進む 2024年

この噂は現在まだ確認されておらず、情報の信憑性が低いため検索結果にも表示されていません。

情報の信頼性には十分注意が必要です。

➡️ 続きを読む検索結果 「パチンコ 客離れ 2024」GoogleGoogle出典: https://www.google.com/search?q=パチンコ 客離れ 2024

パチンコ業界の活性化に期待が高まる一方で、根拠のない噂にも注意が必要ですね。では、続いてパチンコ業界が抱える構造的な課題について考えてみたいと思います。

課題

パチンコ業界の課題

パチンコ業界の経営状況は悪化しており、客が減少している。

メーカーは新台を過剰に生産しており、それにかかった投資額は客から吸い上げられる。

ホールは経営を圧迫されており、投資を緩めることができない。

客は負けても遊戯代と納得する金額が数千円であり、勝てる状況になればホールに通うようになる。

パチンコは遊戯としては高額すぎるため、業界の共存共栄のためにメーカーやホールは課題を解決する必要がある。

➡️ 続きを読むパチンコ業界が客離れする深刻な原因と客を呼び戻す方法とは1型糖尿病の他に三種の病気を持つブログ1型糖尿病の他に三種の病気を持つブログ出典: https://tsunehirokawa.com/pachinko/パチンコ業界が客離れした理由と客を呼び戻す方/

パチンコ業界の経営状況や課題を詳しく分析したことで、業界の現状をより深く理解できたと思います。では、最後にパチンコ業界が抱えるもう一つの課題についてお話しします。

ジレンマ

パチンコ業界のジレンマ:ユーザーの不満とホールの経営戦略

ジレンマ

パチンコユーザーが最も不満に思っている点は?

回らない

パチンコ業界では、遊技客を満足させ集客につなげる好循環が理想だが、現在は短期的利益を重視する傾向にある。

一方、ユーザーアンケートによると、パチンコユーザーの80.9%が「回らない」ことに不満を抱えている。

しかし、単に回る機械を作っても問題は解決せず、出玉性能とのバランスが重要となる。

➡️ 続きを読む【レポート】異次元の高粗利営業…高まるパチンコ運用の手詰まり...グリーンべると(パチンコ・パチスロ業界メディア)グリーンべると(パチンコ・パチスロ業界メディア)出典/画像元: https://web-greenbelt.jp/post-74578/

好循環を生み出すことがパチンコ業界の理想であるという意見がありながら、現状とは乖離があるようです。では、ユーザーの満足につながる遊技環境とはどのようなものなのでしょうか?

パチンコ業界の現状と課題を多角的に検討してきました。では、これらの問題にどう向き合い、業界を活性化させていくべきでしょうか?