Academic Box Logo

薬屋のひとりごと:猫猫の調査で呪い否定、先帝の遺体不腐は偶然の産物

まずは、とある薬屋に勤める少女の物語「薬屋のひとりごと」から。

伏線

薬屋のひとりごと16巻: 伏線の回収

伏線

猫猫が皇太后から依頼された調査の結論は?

呪いではなく、科学的現象によるもの

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~16巻では、これまで張り巡らされていた伏線が回収されていく。

皇太后から依頼された調査では、先帝の遺体が腐敗せずに残っていた謎が明らかにされた。

猫猫の調査の結果、それは呪いではなく、科学的に証明できる事象であり、再現性のある偶然であることが判明

この発見は、皇太后の胸につかえていたもやを少し取り除くことにもつながった。

➡️ 続きを読む薬屋のひとりごと16巻感想と考察|これまでの伏線が回収されて...さめのめがねさめのめがね出典/画像元: https://samekichi.com/薬屋のひとりごと16巻感想と考察|これまでの伏線/

前巻まで謎に包まれていた先帝の遺体の腐敗の秘密が、なんと科学的な解明によって暴かれました!なんでも、呪いじゃなくて偶然だったんですって。

薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと13巻の展開

薬屋のひとりごと

猫猫と壬氏の関係に進展はあったか?

最後にある

王都に戻った猫猫は、羅漢の執務室で発見された首つり遺体の死因究明を依頼される

捜査を進めると、事件には女3人の色恋沙汰が関係していることが判明し、他殺の可能性が浮上。

猫猫は羅漢家の使用人である三番からある事実を告げられ、周りの色恋関係が動き出す中、壬氏の気持ちを事実上受け入れる。

壬氏と猫猫の関係が期待された巻だったが、進展は最終盤にわずかに描かれている。

➡️ 続きを読む「薬屋のひとりごと」13巻《ヒーロー文庫》のあらすじや一部ネ...マナとモフモフの日常ブログマナとモフモフの日常ブログ出典/画像元: https://manacomicmonster.com/kusuriyanohitorigoto-13-netabare/

場面は変わって、今度は都の王宮。羅漢の執務室で首つり遺体が発見された事件が描かれています。女たちの色恋が関係しているらしく、気になる展開ですね。

恋愛

薬屋のひとりごと13巻:壬氏との恋愛模様急展開

小説「薬屋のひとりごと」の13巻では、登場人物間の関係が急展開を迎えています。

特に注目されるのが猫猫と壬氏との恋愛模様です。

壬氏は猫猫に好意を抱いており、猫猫も壬氏の気持ちに少しずつ惹かれていきます

しかし、二人の関係を阻む障害も存在しており、果たして二人は結ばれるのでしょうか。

この巻では、猫猫と壬氏だけでなく、他の登場人物たちの複雑な感情や思惑も描かれています。

都の人々のさまざまな思いや動きが、猫猫の選択や行動に影響を与え、物語はますます盛り上がりを見せています。

➡️ 続きを読む【薬屋のひとりごと】小説13巻のネタバレ!恋愛模様が急展開?アニマガクラブアニマガクラブ出典: https://animekangeki.com/?p=4043

さらに、この巻では猫猫と壬氏さんの恋愛模様も進展!壬氏さんは猫猫さんに好意を寄せているみたいですが、果たして二人は結ばれるのでしょうか。

転換

薬屋のひとりごとの13巻: 新たな動向と運命の転換

薬屋のひとりごと13巻では、新章が幕を開け、主要キャラクターたちの運命に大きな転換点が訪れます。

西都から帰還した猫猫たちは以前の生活に戻ろうとしますが、それぞれが新たな問題や悩みに直面します。

羅半は猫猫の帰還に戸惑いながらも、面白い日常を求めて奮闘し、天祐は独自の方法で楽しさを見出します。

女華は自分の将来について真剣に考えるようになります。

キャラクターたちの成長や新たな一面が描かれ、物語はより深みを増します。

➡️ 続きを読む【薬屋のひとりごと】小説13巻のネタバレ!恋愛模様が急展開?アニマガクラブアニマガクラブ出典: https://animekangeki.com/?p=4043

西都から帰還した猫猫たちには、それぞれ新たな問題が待ち受けているみたい。それぞれの成長や変化に注目です。

猫猫

後宮医猫猫の活躍

猫猫と羅漢の将棋の試合中、お酒を飲んだ羅漢は将棋盤に頭を打ち付けて眠ってしまい、猫猫が試合放棄を宣言。

壬氏と猫猫は結婚後、猫猫は妓女の衣装を着て踊りを披露。

壬氏に牛黄を渡してほしいと頼み、壬氏は期待するも、猫猫は香油を作るために必要だった。

猫猫に荷物が届き、中身は夜の営みについての書物で、主上のお手付きの可能性がある女官に勉強させるためだった。

翡翠宮で飼われることになった子猫に「マオマオ」と名付けられる。

女官のタオが行方不明になり、中級妃の静妃が食中毒で死亡。

壬氏は翡翠宮の人間が静妃に毒茸を食べさせた犯人と疑う。

宋妃が静妃から毒茸をもらって顔が爛れる病にかかり、猫猫が毒茸を見つける。

静妃は一年前に亡くなっており、最近死んだのは身代わりだった。

特使をもてなす宴で、猫猫は月の精を従えて登場。

➡️ 続きを読む薬屋のひとりごと結末ネタバレ!猫猫とジン氏のラストを徹底考察ハルプラスハルプラス出典: https://harugon12.com/kusuriyanohitorigoto-last

ラブラブな壬氏さんと猫猫さんの結婚生活が描かれるなど、ほっこりするシーンが満載。でも、突然女官が失踪したり、中級妃が食中毒で亡くなったりと、波乱の展開も。

薬屋のひとりごと 小説13巻 ネタバレ

漏洩の噂は真実ではない?

情報が漏洩していないことが確認されており、関連する書き込みも削除されています。

したがって、噂は真実ではありません。

➡️ 続きを読む検索結果 「薬屋のひとりごと 小説13巻 ネタバレ」GoogleGoogle出典: https://www.google.com/search?q=薬屋のひとりごと 小説13巻 ネタバレ

拉致された猫猫を救ったのは、あのルォメンさんだったんですね!「子の一族」反乱が物語に絡んでいるようで、ますますハラハラドキドキ。

あらすじ

薬屋のひとりごと7巻あらすじ

2018年3月31日発売の【薬屋のひとりごと7巻】では、猫猫が医官見習いになり、軍部の医局で働く様子が描かれます。

そんな中、東宮(玉葉后の息子)のお披露目が行われ、砂欧から巫女と巫覡がやってきます。

巫女は白子で40歳で、バカな王を廃するために去勢されています。

巫覡は浅黒い肌で、巫女の付き人です。

東宮のお披露目では、砂欧から特使の愛凛アイリーンも亡命してきます。

彼女は侍女を連れてきておらず、10歳前に嫁がされる砂欧で、巫女に感謝しています。

➡️ 続きを読む薬屋のひとりごと7巻【ネタバレ解説】原作小説人気記事ランキング - ザクロのほんたび!人気記事ランキング - ザクロのほんたび!出典: https://honga-net.com/the-apothecary-diaries-7/

そういえば、こんな噂が飛び交っていたんですが、関連する書き込みは削除されたみたいですね。どうやら、ただのデマだったよう。

あらすじネタバレ

薬屋のひとりごと:あらすじネタバレ

水晶宮の下女が感染症に罹患したことで、次女頭の杏は彼女を物置に隔離していた。

物置には、堕胎剤の材料も隠されていた。

また、皇太后からの依頼で先帝の遺体の謎を調査していた猫猫は、先帝の遺体が腐敗していない理由を突き止めた。

それは、先帝が砒毒が含まれた絵の具を使用していたためで、この砒毒が腐敗の進行を遅らせていた。

さらに、猫猫は一酸化炭素中毒の危機を回避し、壬氏と子北州へ旅立った。

➡️ 続きを読む薬屋のひとりごと結末ネタバレ!猫猫とジン氏のラストを徹底考察ハルプラスハルプラス出典: https://harugon12.com/kusuriyanohitorigoto-last

軍部の医局で働く猫猫を描いた7巻には、東宮のお披露目や砂欧からの特使も登場。続きが気になる展開ですね。

雀の正体と役割

薬屋のひとりごと最終回の小説では、雀は重要な人物で、皇族を守るために昔から結ばれていた一族「巳」の出身であることが明らかになります。

政略結婚で高順と結婚した雀は、多言語を操り、皇族に大きく貢献しています。

さらに、雀は孤独な者の気持ちが分かる人物で、阿多から壬氏のことを「幸せにする」という命を受けています。

阿多と仲良しの猫猫とも親しく、読者からも人気の高いキャラクターです。

➡️ 続きを読む薬屋のひとりごと最終回小説ネタバレ!猫猫と壬氏は結婚する?rairaiblograiraiblog出典: https://rairai0707.com/kusuriya-last-spoiler/

次女頭の杏が、感染症にかかった下女を隔離したところ、物置に堕胎剤の材料が隠されていたなんて衝撃的!しかも、先帝の遺体が腐敗していない謎は、砒毒を塗った絵の具が原因だったとか。

最終回には、皇族を守る一族「巳」出身の雀が登場。多言語を操れる切れ者で、壬氏さんの幸せを願っているみたいですよ。