Academic Box Logo

華頂博一が語る皇室の最新情報!!!?皇室関連の気になる話題を深掘り

こんにちは、ライターのYUKOです。皇室関連の最新情報についてお伝えします。

旧皇族華頂博一氏の正体

華頂博一氏の身分は何ですか?

旧皇族

華頂博一氏は、旧皇族で、伏見宮邦家親王の第12王子である博経親王を祖先に持つ華頂宮の出身である。

華頂宮は1868年に創設された宮家で、現在の皇室とは別系統となる。

詳しくみる ⇒参照元: 旧宮家、伏見家直系。華頂博一氏登場!──World U Ac...

華頂博一氏の皇族自称疑惑

華頂博一氏は、華頂宮家の後継者として適切かどうか?

適切でない

華頂宮家は大正13年に断絶しており、華頂侯爵家が祭祀を継承したため、華頂博一氏が華頂宮家の後継者である可能性は低い。

また、華頂宮家の後継者は皇族ではなく華族となるため、華頂博一氏が旧皇族を名乗るのは不適切である。

詳しくみる ⇒参照元: 皇室関連】かなり追加アリ。ちょっと急ぎで皆様にもお伝えします...

「華頂宮」名乗りの資格

華頂博一氏はなぜ「華頂宮」を名乗る資格がないのか?

祖父が華頂宮家の祭祀を継承しただけで宮家を継承していないため

華頂博一氏の祖父・博信氏は華頂宮家の祭祀を継承したが、華頂宮家を継承したわけではない。

そのため、博信氏は「華頂宮」ではなく、孫の博一氏も「華頂宮」を名乗る資格がない。

本物の「華頂宮」は博一氏の大伯父・博忠王であり、博一氏は博忠王の臣籍降下した弟の孫にすぎない。

詳しくみる ⇒参照元: 皇室関連】かなり追加アリ。ちょっと急ぎで皆様にもお伝えします...

華頂博信:崇光天皇の子孫

博信王華頂博信侯爵は、崇光天皇の何代目の子孫か?

男系17世

華頂博信は、1905年5月22日に東京府東京市で、伏見宮博恭王の第3男子として生まれた。

崇光天皇の男系17世子孫で、王族として「殿下」の敬称で呼ばれていた。

海軍大尉を務めた後、侯爵となり「閣下」の敬称に変わった。

1951年に華子女王と離婚し、1953年に早川ルース寿美子と再婚した。

1970年10月23日に65歳で亡くなった。

詳しくみる ⇒参照元: 華頂博信

華頂侯爵の称号

華族としての爵位は?

侯爵

1926年に臣籍降下し、華族に列せられた博信王は、「華頂」の家号を賜り、侯爵の爵位が与えられました。

これにより、海軍大佐の階級に加えて、勲一等侯爵の称号を併せ持つことになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 華頂博信

旧皇族の離婚

旧皇族として離婚したのは誰ですか?

博信

博信は、妻華子と戸田豊太郎の不義密通が発覚したことで、1951年に旧皇族として初の離婚となった。

妻華子は戸田と再婚し、博信は渡米して心理学の研究生活を送った。

詳しくみる ⇒参照元: 華頂博信