Academic Box Logo

黒執事の謎多き家令、田中さんの正体と強さの秘密

黒執事の謎多き家令、田中さんの正体と強さの秘密

こんにちは、ライターのYUKOです。今日は、黒執事の謎多き家令である田中さんの正体と強さの秘密をご紹介します。

タナカの謎

タナカはファントムハイヴ家に仕えていた誰?

ヴィンセント

タナカはファントムハイヴ家の執事であるが、ただの家令ではない。

シエルの父、ヴィンセントにも仕えていた柔術や刀の使い手であり、ヴィンセントのサポートも行っていたと考えられる。

普段は穏やかな性格だが、シエルに危機が迫ると鋭い眼光で敵を倒す。

詳しくみる ⇒参照元: 黒執事のタナカって何者?黒幕の正体説や悪魔説まで!強いのは過...

謎めいた黒執事のタナカ

黒執事におけるタナカの強さの秘密は?

人間離れした武術

黒執事のタナカは、一見穏やかだが、居合と柔術の達人で、日本刀の扱いも優れていた。

この人間離れした武術の腕前で、執事であるセバスチャンの代理も務められた。

詳しくみる ⇒参照元: 黒執事のタナカの正体は?謎を考察

ファントムハイヴ家の忠実な執事、タナカ

ヴィンセント時代のタナカはファントムハイヴ家でどのような役割を担っていたのか?

執事長

タナカはシエルの先々代から仕えるファントムハイヴ家の家令で、30人以上の使用人を統括していた。

ヴィンセント時代には、執事長という役割を担っており、武芸の達人としても知られている。

現在は孫のシエルを可愛がるお爺ちゃんポジションに収まり、戦力としては機能していない。

詳しくみる ⇒参照元: 【黒執事】タナカは全てを理解している!?クローディア時代から...

名家を守る名執事の秘めたる実力

田中さんの得意な武術は?

柔術

田中さんは、ファントムハイヴ家に仕えるハウススチュワードで、一見すると癒し系だが、実はとんでもない実力の持ち主。

柔術の使い手で、シエルに無礼を働いたウッドリーをあっさり制圧した。

また、剣術の腕にも覚えがあり、弾丸を真っ二つにする離れ業を見せた。

さらに、日本独自の武術であるバリツも習得している。

詳しくみる ⇒参照元: 黒執事/タナカさんは強いし最強!能力や強さについて

黒執事: タナカの真の主人とは

ファントムハイヴ家に仕えるタナカの真の主人は誰か?

先々代

黒執事のタナカは、先々代のクローディアと深い関わりがあり、複雑な過去を持っている。

彼は死神派遣協会を脱退した葬儀屋とは長く仕えており、3代に渡るファントムハイヴ家の過去を知っている。

また、悪魔に魂を奪われ死亡したはずの真シエル側に付いていることから、タナカの真の主人は先々代クローディアであると考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 黒執事のタナカの正体は?謎を考察

黒執事のセバスチャンの正体

セバスチャンの真の姿は何か?

悪魔

セバスチャンはファントムハイヴ家に仕える敏腕執事。

だがその正体は悪魔で、ファントムハイヴ家当主のシエルと契約を結んでいる。

契約の内容は、シエルの復讐を手伝う代わりにシエルの魂を得ること。

セバスチャンは普段は執事として忠実にシエルに仕えているが、悪魔としての冷酷な一面も持ち合わせている。

悪魔としてのセバスチャンは、圧倒的な力と不死性を有しており、シエルの仇敵を次々と葬り去っていく。

しかし、シエルとの契約が終了すれば、セバスチャンはシエルの魂を地獄に引きずり込むことになる。

詳しくみる ⇒参照元: 『黒執事』セバスチャンの本来の姿とは?スマートな敏腕執事の正...

黒執事セバスチャンの契約の真相

悪魔のセバスチャンがファントムハイヴ家の領主と契約したのはなぜ?

生贄にされた少年を救うため

セバスチャンは、屋敷の火事で両親を失い人身売買で生贄にされそうになったシエル・ファントムハイヴと契約しました。

シエルは悪魔の契約により、悪魔のセバスチャンに魂を売り、シエルと名乗ってファントムハイヴ家に戻りました。

セバスチャンは、ファントムハイヴ家の領主として振る舞うシエルを守護し、その復讐を助けています。

詳しくみる ⇒参照元: 黒執事セバスチャンの過去と正体!真(悪魔)の姿もイケメンと評...

黒執事のフランシス・ミッドフォード:シエルの伯母

フランシス・ミッドフォードとシエルの関係は?

伯母と甥

フランシス・ミッドフォードは、シエルの父親の妹であり、シエルにとっては伯母にあたる。

彼女は英国騎士団の団長を務めるアレクシス・レオン・ミッドフォード侯爵の妻で、エドワードとエリザベス(リジー)の母親です。

フランシスは厳格な性格で、強さと清さを尊び、貴族の模範のような立ち居振る舞いをする人物。

シエル兄弟が幼かった頃は、身体の弱いシエル弟を気にかけ、対策を講じるように進言していました。

また、屋敷で2人でいるときには愛称の「フラニー」で呼ばれ、「女王の番犬」としてのファントムハイヴの役割もきちんと理解しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【黒執事】フランシス・ミッドフォードはリジーの母親!シエルと...

執事タナカの秘められた強さ

タナカの普段の言動と戦時のギャップが大きい理由は何?

シエルの身に危険が迫るため

「黒執事」のタナカさんは普段はコミカルに描かれているが、シエルの身に危険が及ぶと別人のような素早い動きで敵を倒す。

このギャップは、シエルを守ろうとするタナカの強い忠誠心と秘められた能力によるものである。

タナカは、シエルの命を守るために、普段の言動とはかけ離れた戦闘能力を発揮する。

詳しくみる ⇒参照元: 黒執事/タナカさんは強いし最強!能力や強さについて

黒執事タナカの秘められた強さと身分

ファントムハイヴ家でタナカより地位の高い人物は?

セバスチャン・ミカエリス

黒執事では、老人のタナカはいつも通りのんびりとお茶を啜りながら仕事をする家令として描かれていますが、実際には武術の達人で、居合、柔術、日本刀の扱いに長けています。

しかし、タナカの地位は、執事として完璧なセバスチャン・ミカエリスよりも上でした。

タナカはファントムハイヴ家に代々仕えており、本名は不明ですが、ファミリーネームで呼ばれています。

これは、他の使用人とは異なる扱いであり、先々代や先代との特別な関係を示唆しています。

詳しくみる ⇒参照元: 黒執事のタナカの正体は?謎を考察

タナカの笑顔消失の理由

タナカが真シエルの世話をしているとき、彼がなぜ笑顔を消したのか

危険人物とみなしているため

黒執事では、タナカは先々代からファントムハイヴ家に仕えてきた執事で、かつては常に笑顔を絶やさなかった。

しかし、真シエルが屋敷に戻ってからタナカは真顔になり、真シエルを危険人物とみなして見張っている可能性がある。

タナカは精神力の強さを持っており、弟の坊ちゃんの生還を心の底から喜んでいた。

真シエルの執事になった後も、ファントムハイヴ家の血筋を大切にするタナカにとって、真シエルもかけがえのない存在であると考察できる。

詳しくみる ⇒参照元: 黒執事のタナカの正体は?謎を考察

黒執事:謎に包まれた執事の正体

執事セバスチャンの正体は何か?

悪魔

「黒執事」の主人公シエル・ファントムハイヴの執事であるセバスチャンは、実は悪魔。

シエルと契約しており、シエルの命令に従って働いている。

セバスチャンは人間離れした能力を持ち、マフィアを次々と倒すなど、その強さは圧倒的。

シエルの叔母であるマダム・レッドの正体が切り裂きジャック事件の犯人であることを突き止めたのもセバスチャンだった。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『黒執事』ネタバレあらすじ&感想!完璧な執事のその正体は...

セバスチャンのモデル?鴉の悪魔ラウム

ラウムという悪魔の性質は?

鴉の悪魔

ラウムはソロモン72柱の序列40番の大いなる伯爵で、鴉の悪魔です。

望めば人間に変身することができます。

この性質は、シエルと契約を結んだ際に執事の姿になったセバスチャンと似ています。

セバスチャンは悪魔として高い実力を持っており、過去や正体はまだ謎に包まれています。

詳しくみる ⇒参照元: 黒執事セバスチャンの過去と正体!真(悪魔)の姿もイケメンと評...

黒執事のタナカの鋭い洞察力

シエルとセバスチャンの関係を知っているのではと推測させるタナカの特徴は?

人を見る力がある

黒執事では、タナカはシエルの秘密とセバスチャンの正体を知っているのではないかと示唆される。

シエルとセバスチャンの呼び方や初対面の対応が不自然で、簡単に人を信用しないタナカがセバスチャンをすぐに受け入れたことが、彼の洞察力の高さを物語っている。

詳しくみる ⇒参照元: 黒執事のタナカって何者?黒幕の正体説や悪魔説まで!強いのは過...

黒執事のタナカさん:裏の世界に詳しい可能性?

裏の世界に詳しい可能性がある人物は誰?

タナカさん

売れない小説家アーサーのモデルとなったアーサー・コナンドイルは、バリツという武術の使い手として知られていました。

また、アーサーを雇っていたタナカさんは、危険な橋を渡っていたシエルの父親ヴィンセントに仕えていたため、裏の世界にも通じている可能性があります。

さらに、ヴィンセントが「女王の番犬」として危ない任務に従事していたことから、タナカさんも武術に長けていると考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 黒執事/タナカさんは強いし最強!能力や強さについて