Academic Box Logo

進撃の実写版がひどい理由:キャストやストーリーの違い、低評価の真相

進撃の実写版がひどい理由:キャストやストーリーの違い、低評価の真相

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、進撃の巨人の実写版が酷評されている理由についてご紹介します。

原作との相違点:個性派キャラの性格改変と主要キャラの不登場

原作では強気な性格のエレンが、本作では弱気な性格なのはなぜですか?

両親を幼い頃に亡くしているため

原作の人気キャラの性格が異なったり、そもそも登場しなかったりするという点で、本作は原作とかけ離れています。

たとえば、原作で信念が強く勇敢なエレンは、本作では気弱で頼りなさ過ぎるキャラクターに描かれています。

これは、本作のエレンが幼い頃に両親を亡くしていることが影響していると考えられます。

原作では、エレンは巨人に母親を殺されたことがきっかけで「駆逐してやるぅぅぅッ!

」という展開になりますが、本作のエレンは両親を亡くしたことがきっかけで戦っているという描写がありません。

そのため、原作ファンからすると「エレンは何のために戦っているのか」という疑問が生じる可能性があります。

また、本作では原作で人気の高いリヴァイやエルヴィンなどのキャラクターが登場しないことも、原作とかけ離れている点の一つです。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『進撃の巨人(前編)』の感想・評価【そこまで酷いとは思わ...

実写版「進撃の巨人」不評の理由

なぜ実写版「進撃の巨人」は不評だったのか?

原作と大きく異なるため

実写版「進撃の巨人」が不評だった理由は、原作との相違点にあります。

原作の複雑なストーリーや緻密なキャラクター描写を限られた時間の中で表現することが難しく、特殊効果やキャラクターの再現性にも課題がありました。

さらに、キャスト選定の民族的背景の軽視や、ストーリーの変更や省略がファンの不満につながりました。

また、限られた上映時間では原作の世界観やキャラクター関係を十分に描き出すことができず、物語の深みが失われたという意見もあります。

これらの要因が重なり、実写版は原作のファンから受け入れられませんでした。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の実写がひどいとの声多数!キャストやストーリーの裏...

実写版「進撃の巨人」が酷評された理由

エレンとミカサの間にどのような大きな変更があったか?

関係性の変更

実写版『進撃の巨人』では、原作と大きく異なり、エレンとミカサ・アッカーマンの関係が大幅に変更された。

この変更はファンの間で不評を買い、実写版に対する評価を下げる大きな要因となった。

ミカサ・アッカーマンは原作ではエレンに異常な執着を持つ女性だったが、実写版では他の男性とも関係を持つキャラクターに変更された。

この設定の変更は、ファンの間で「原作を理解していない」と批判され、「ひどい」という評価につながった。

また、ミカサとエレンのキスシーンが公開前から話題となり、SNS上では「キスしてる暇があるなら巨人倒して」などの否定的な反応が寄せられた。

詳しくみる ⇒参照元: 【進撃の巨人】実写版のミカサ・アッカーマン役は水原希子!評価...

実写映画「進撃の巨人」のリヴァイ不在の理由

実写映画『進撃の巨人』でリヴァイがいない理由は?

制作時のタイミング

実写映画『進撃の巨人』が公開された2015年当時、原作漫画ではリヴァイは重要なキャラクターだったが、まだアニメ化されていなかったため、実写映画には登場しなかった。

アニメ化された後の人気上昇を受けて、続編が制作されればリヴァイが登場する可能性はある。

なお、リヴァイの代わりとなるようなオリジナルキャラクターは登場していない。

詳しくみる ⇒参照元: 『進撃の巨人』実写キャスト比較|ひどいと言われる理由やリヴァ...

実写版「進撃の巨人」の低評価理由

実写版「進撃の巨人」が低い評価を受けた理由の一つは何ですか?

立体機動装置の迫力不足

実写版映画「進撃の巨人」が酷評された理由の一つとして、立体機動装置の迫力が不足していたことが挙げられます。

観客が楽しみにしていた立体機動装置のシーンは、建物や巨人の相対的な距離だけがリアルに描写されており、ストーリーのリズムにも悪影響を与えたようです。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の実写版映画がひどい?原作との違い・キャストや評価...

実写版「進撃の巨人」の不評理由

なぜ進撃の巨人の実写版は批判されたのですか?

原作と異なる設定

実写版『進撃の巨人』は、原作との相違点により批判を浴びた。

特に、人気キャラクターのリヴァイの不在、ミカサの性格の変更、エレンの描写の弱体化が不評だった。

また、セリフの棒読み、立体起動装置の欠如、ストーリーの重要なシーンの削除も不満の原因となった。

詳しくみる ⇒参照元: 実写版「進撃の巨人」海外の反応・評価は?「なぜ」「やめろ」の...

「進撃の巨人」過激表現実現の秘密

「進撃の巨人」が過激な表現を実現できた理由は?

スポンサーの製作委員会未参加

「進撃の巨人」がグロテスクな演出を実現できたのは、業界のスポンサーが製作委員会に参加していなかったため。

通常、日本の映画は製作委員会方式で制作され、複数企業の出資でリスクを軽減している。

しかし、「進撃の巨人」ではスポンサー企業が参加しておらず、過激な表現を可能にした。

この製作委員会方式には、人気原作モノの映画ばかりが制作されるという問題点もある。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『進撃の巨人』の過激表現から見る日本映画の行方

諫山創氏絶賛!「進撃の巨人」実写版の評価

原作者・諫山創氏は、実写版「進撃の巨人」のどこに最も感銘を受けたか?

ビジュアル表現とストーリーの再構築

原作者・諫山創氏は、実写版「進撃の巨人」のビジュアル表現とストーリーの再構築を高く評価しています。

特に、原作の持つダークで緊張感ある雰囲気をうまく捉えている点と、原作のキャラクターや世界観を新たな視点から描き出した試みを称賛しています。

この反応は、自作に対する深い愛情と理解、そして新しいメディアでの再解釈を受け入れるオープンな姿勢を示しています。

また、脚本家を見て爆笑していたエピソードは、映画制作の緊張感を和らげる方法として捉えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の実写がひどいとの声多数!キャストやストーリーの裏...

進撃の巨人の実写映画と原作の大きな違い

実写映画で、原作と大きく異なる設定となった登場人物は?

ミカサ・アッカーマン

原作では人身売買の強盗に両親を殺され、エレンに助けられて家族となったミカサですが、実写映画では巨人に襲われ、エレンはミカサが死んだと思い込みます。

しかし、2年後に再会し、ミカサは死亡していませんでした。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の実写版映画がひどい?原作との違い・キャストや評価...

実写版『進撃の巨人』の改変点による批判

ミカサが原作と映画で大きく異なった点とは?

性格

実写映画版『進撃の巨人』は、原作から大きく設定が変更され、批判を集めました。

特に、ミカサは原作の寡黙で無口な性格から、明るく元気な性格に変更されたことで、原作ファンの反発を招きました。

また、エレンの母親の死の描写がなかったため、エレンの巨人に抱く憎しみの動機付けが弱くなり、キャラクター設定が原作と大きく異なるものになってしまいました。

さらに、リヴァイ兵長が未登場となり、その代わりにシキシマ隊長が投入されましたが、リヴァイと同じ立ち位置のキャラクターとして、理解できない展開を招き、さらなる批判の対象となりました。

他にも、原作の象徴的なシーンやセリフが改変され、批判を浴びることになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 実写映画【進撃の巨人】が何故、あんな評価になってしまったのか...

進撃の巨人の実写版映画が原作と大きく異なる4つの理由

実写版映画のミカサ・アッカーマンと原作のミカサ・アッカーマンとの決定的な違いは?

性格

『進撃の巨人』の実写映画は、原作と大幅に異なる点が多く、観客から批判を浴びました。

その違いの一つは、ミカサ・アッカーマンの性格が正反対に変更されたことです。

原作では寡黙で無表情なミカサが、実写映画では明るく元気な女の子に描かれています。

この改変により、原作ファンは「ミカサってこんなキャラだったっけ?

」と混乱し、「この映画はひどい…」と低評価を下すことになりました。

さらに、エレン・イェーガーも臆病な青年という設定に変更され、原作での強さや勇気が失われています。

また、原作の人気キャラクターであるリヴァイ・アッカーマンが実写映画に登場せず、代わりにオリジナルキャラクターのシキシマが人類最強の兵士として描かれています。

これらの改変は、原作ファンにとって作品の冒涜と受け取られ、実写映画が酷評される一因となりました。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の実写版映画がひどい?原作との違い・キャストや評価...

実写版『進撃の巨人』巨人の描写の賛否

実写版『進撃の巨人』の巨人の描写で批判された点は?

ショッキングな生々しさ

実写版『進撃の巨人』の巨人の描写は、特殊メイクの人間を特撮合成することで実現されました。

この巨人には、映画業界関係者や特撮界のスタントマン、一般エキストラも多数参加しました。

しかし、ほぼ裸の巨人が蠢く姿は非常にショッキングで、PG12指定の破壊描写以上に観客に衝撃を与えました。

この生々しさが賛否両論を招き、批判の対象となりました。

また、監督の樋口真嗣氏や特殊造型プロデューサーの西村喜廣氏による物議を醸すコメントも、作品に対する評価に影響を与えました。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人 実写がひどいと大不評:リヴァイ不在も酷評価【映画...

実写版「進撃の巨人」の評価が分かれる理由

進撃の巨人の実写版が酷評された理由は?

設定の改変

実写版「進撃の巨人」は、原作の設定を改変したために批判を受けました。

しかし、原作と別物と捉えて鑑賞した一部の視聴者からは好意的な評価も得られました。

また、原作未読で鑑賞した視聴者からは、完成度の高さや水原希子の演技を絶賛する声もありました。

実写版「進撃の巨人」は、原作ファンからの期待と、別物として捉える鑑賞者の評価が分かれた作品となりました。

詳しくみる ⇒参照元: 【進撃の巨人】実写版のミカサ・アッカーマン役は水原希子!評価...

実写版「進撃の巨人」低評価の理由

実写版「進撃の巨人」が低評価だった理由は?

立体機動描写とストーリーの改変

実写版「進撃の巨人」は、ワイヤーアクションとCG合成を用いた立体機動描写のクオリティが低く、原作ファンを中心に落胆と失望を招いた。

また、ストーリーやキャラクターが大幅に改変されたことで、原作ファンからの大ブーイングが巻き起こり、特にリヴァイ兵長の不在が強烈な非難のポイントとなった。

一方で、予算の制約の中で精いっぱい健闘したと擁護する声もあり、特撮作品として見れば評価できる点もあった。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人 実写がひどいと大不評:リヴァイ不在も酷評価【映画...

漫画映画化の鍵:テレビ局排除で可能性拡大

原作ファンの厳しい視線にさらされ、映画化が困難だった作品を映像化するために必要な条件は何か?

テレビ局をスポンサーから排除する

漫画を映画化する場合、原作の改変は炎上につながるため、慎重に検討する必要がある。

また、テレビ局をスポンサーにすることで生じるデメリットを回避するために、テレビ局を排除することが有効である。

この方法により、原作ファンが納得するクオリティの映画を制作することが可能になり、日本の漫画映画化の可能性が拡大する。

また、若手クリエイターの育成にもつながり、日本映画の質の向上が期待できる。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『進撃の巨人』の過激表現から見る日本映画の行方