Academic Box Logo

芥川龍之介の波瀾万丈な人生と知られざるエピソード

芥川龍之介の波瀾万丈な人生と知られざるエピソード

ライターのYUKOです。今回は芥川龍之介の波瀾万丈な人生と知られざるエピソードについてご紹介します。

芥川龍之介の生い立ちと生涯

芥川龍之介の生い立ちと生涯https://historystyle.work芥川龍之介は、生まれた時どのような名前だったのか?

新原龍之介

文豪として知られる芥川龍之介は、20世紀前半に活躍した作家です。芥川は、42歳の父親と33歳の母親の間に生まれ、生後7か月で母親の実家である芥川家に引き取られ、伯母に育てられました。芥川龍之介という名前は、この伯母の家で養子になった際に名付けられたものです。芥川は『羅生門』や『蜘蛛の糸』などの教科書に掲載されている小説で知られていますが、他にも多くの作品を執筆しています。芥川は35年の生涯を閉じていますが、その才能は高く評価されています。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介の経歴や性格はどんな人物?生い立ちやエピソードが面...

芥川龍之介の自殺の謎

芥川龍之介の自殺の謎https://bungakukan.or.jp芥川龍之介を自殺に追い込んだ主な原因は何だったのか?

ぼんやりした不安

芥川龍之介は、一躍時代の寵児となった文豪だったが、37歳の若さで睡眠薬自殺を図った。遺書に記した「ぼんやりした不安」という言葉が有名だが、その真意は、特定の理由のない漠然とした不安だった。この不安が、生活難や病苦などの様々な苦悩と相まって、芥川を自殺へと追いやったと考えられている。芥川の自殺は、大衆が自殺のニュースを安易に理由づけたがる習性や、現代社会で流行している悪者探しに対する風刺とも捉えられている。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介の死因エピソード|自殺理由ぼんやりした不安とは?

芥川龍之介の養子縁組の背景

芥川龍之介の養子縁組の背景https://taisho-g.com芥川龍之介が養子となったのはなぜ?

実母が精神を患ったため

芥川龍之介は7ヶ月の頃に実母が精神を患ったため、母の実家の芥川家に預けられ、叔母のフキに育てられました。実母は龍之介が11歳の時に亡くなったため、叔父の芥川通章の養子となり、芥川の性を名乗るようになりました。芥川家は旧家の氏族で、江戸時代は代々徳川家に仕えた奥坊主の家柄でした。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介ってどんな人?代表作やエピソードをまとめました|歴...

芥川龍之介の激動の生涯

芥川龍之介の激動の生涯https://historystyle.work龍之介の死因は何ですか?

睡眠薬自殺

芥川龍之介は、病的な症状や姉の家族の養育問題に悩まされていました。中国への海外視察から帰国後は、心身が衰え始めました。また、1927年に姉の夫が自殺したことで、姉の家族を養う責任も負いました。これらの出来事が重なり、統合失調症の症状も現れ、7月24日に致死量の睡眠薬を飲んで自殺しました。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介とはどんな人?生涯・年表まとめ!死因・名言・代表作...

芥川龍之介の代表作「蜘蛛の糸」

芥川龍之介の代表作「蜘蛛の糸」https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com芥川龍之介の短編小説で教科書にも掲載されている有名な作品は何?

蜘蛛の糸

芥川龍之介は、大正時代の文豪で、近代知識人の苦悩を描いた短編小説で知られています。代表作の「蜘蛛の糸」は、教科書にも掲載されている名作で、時代を超えて多くの人々に読み継がれています。芥川龍之介の他の作品には、「羅生門」「鼻」「地獄変」などがあります。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介の代表作品や経歴を解説

芥川龍之介の闇が垣間見える作品

芥川龍之介の闇が垣間見える作品https://i0.hdslb.com芥川龍之介はどんな作品を書いていた?

闇を感じさせる作品

芥川龍之介は、人間の本質を突いたような、闇を感じさせる作品を多く書いていました。代表作の『羅生門』は、人間のエゴイズムや狡猾さを描いた物語で、彼の作品に共通するテーマが表れています。芥川龍之介は、人間の暗い側面を鋭く見つめ、それを作品に反映させていたのです。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

芥川龍之介の小説

芥川龍之介の小説https://kotoyumin.com芥川龍之介の小説で、短編集として出版された作品は?

羅生門・鼻、蜘蛛の糸・杜子春・トロッコ

芥川龍之介は、羅生門・鼻、蜘蛛の糸・杜子春・トロッコなどの短編集を執筆しました。これらの作品は、人間の心理や社会の闇を描いたもので、芥川龍之介の代表作となっています。また、芥川龍之介は、侏儒の言葉・西方の人という名言集や、藪の中という長編小説も執筆しています。芥川龍之介は、日本の近代文学を代表する文豪であり、その作品は今も多くの人々に愛読されています。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介の経歴や性格はどんな人物?生い立ちやエピソードが面...

太宰治と芥川龍之介の出会い

太宰治と芥川龍之介の出会いhttps://jun-bungaku.jp太宰治は芥川龍之介の作品をいつ頃から読み始めたか?

15歳(1924年)頃

太宰治は裕福な家庭で育ち、幼い頃から読書に親しんでいた。16歳の時に文芸同人雑誌「蜃気楼」を創刊し、その頃から芥川龍之介の作品を熱心に読み始めた。太宰治は芥川龍之介を尊敬しており、その作品に大きな影響を受けた。太宰治の代表作「人間失格」にも、芥川龍之介の影響が色濃く表れている。詳しくみる ⇒参照元: 太宰治と芥川龍之介の関係。いたずら書きノートと芥川賞と『如是...

芥川龍之介と「今昔物語集」

芥川龍之介と「今昔物語集」https://cdn-ak.f.st-hatena.com平安時代に書かれた芥川龍之介の短編小説の題材となった「今昔物語集」は何か

説話

芥川龍之介の初期の代表作「羅生門」は、平安時代に作られた「今昔物語集」の説話を現代風にアレンジして作られた作品です。また、「鼻」は「今昔物語集」の「池尾禅珍内供鼻語」や「宇治拾遺物語」の「鼻長き僧のこと」を題材として執筆されました。さらに、「芋粥」も「今昔物語集」の一説をもとに書かれています。これらの作品は、いずれも人間の感情の本質や非道さを描いています。芥川龍之介は「今昔物語集」から題材を得て、現代的な視点から人間の心理を鋭く表現しました。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介の代表作品や経歴を解説

芥川龍之介と生涯の親友

芥川龍之介と生涯の親友https://artexhibition.jp芥川龍之介が生涯の親友となった人物は?

井川恭

芥川龍之介は中学の同期で成績優秀だったため、無試験で高等学校に入学。寄宿寮で同室になった井川恭と生涯の親友となり、高等学校を卒業後も東京帝国大学で同級生だった。芥川は井川に成績で一度も勝てなかったという。また、高校時代の同期には久米正雄や菊池寛もいた。芥川は、同人誌「新思潮」に和訳や処女小説「老年」を寄稿し、作家としての活動を開始した。1915年に「羅生門」を発表し、「芥川龍之介」の名前で作家としてデビューした。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介ってどんな人?代表作やエピソードをまとめました|歴...

芥川龍之介の文学人生

芥川龍之介の文学人生https://static.wixstatic.com芥川龍之介は大学を何番目の成績で卒業した?

2番目

芥川龍之介は東京帝国大学文科大学英文学科を20人中2番目の成績で卒業しました。卒業後は海軍機関学校で教師として働きながら執筆活動を続けました。芥川龍之介は夏目漱石に絶賛され、第4次「新思潮」に掲載した「鼻」で文学界のスターとなりました。1919年に教職を辞して大阪毎日新聞社に入社し、執筆活動に専念しました。しかし、神経衰弱や腸カタルなどの症状に悩まされ、精神的に追い詰められていきました。1927年、芥川龍之介は姉の夫の自殺がきっかけでさらに精神的に追い詰められ、睡眠薬を大量に飲んで自殺しました。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介の代表作品や経歴を解説

芥川龍之介の文学活動と悲恋

芥川龍之介の文学活動と悲恋https://hugkum.sho.jp芥川龍之介が「羅生門」を発表したきっかけとなった出来事は?

悲恋

芥川龍之介は、高校の同時期に同人誌「新思潮」を創刊し、本格的に執筆活動を開始しました。幼なじみの女性に恋愛感情を抱き結婚を望みましたが、家族の反対に遭い断念します。この悲恋が、人間のエゴイズムを描いた代表作「羅生門」の発表につながりました。その後、「鼻」が夏目漱石に評価され、龍之介は自信を深めて執筆活動を続け、やがて「専業作家」として活躍しました。しかし、妻への不満から過ちを犯し、病気を患って精神的にも肉体的にも衰弱していきました。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介についてどれだけ知ってる? 人物像や押さえておきた...

芥川龍之介:生涯と作品

芥川龍之介:生涯と作品https://cdn.hk01.com芥川龍之介が執筆した作品数は?

300以上

芥川龍之介は約10年間で300以上の作品を執筆した。彼は夏目漱石から絶賛され、太宰治や村上春樹など後世の作家に強い影響を与えた。芥川賞は彼の名前に由来し、文学を志す者の目標となっている。芥川の作品は短編小説が多く、古典説話や児童文学も手掛けた。晩年は生死をテーマにした作品が多かった。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介の代表作品や経歴を解説

芥川龍之介の生い立ちと文学への影響

芥川龍之介の生い立ちと文学への影響https://bungakukan.or.jp芥川龍之介が「捨て子」という事実は、彼にどのような影響を与えたか?

深い影を落とした。

芥川龍之介は、出生直後に当時の慣習に従って教会に捨てられたが、その後実両親に引き取られた。しかし、生後8ヶ月で実母が精神障害となり、母方の叔母であるフキに引き取られた。フキは高齢で外出して体を動かすことが難しかったため、龍之介に多くの本の読み聞かせをした。龍之介は養家の本棚にある草双紙を愛し、幼い頃から古今東西の書物に触れ、文学への親しみを育んでいった。しかし、「捨て子」という事実は、物心がついた龍之介に深い影を落とした。詳しくみる ⇒参照元: 天才「芥川龍之介」のまとめー人物と人生の解説・代表作の考察ー

芥川龍之介:複雑な家庭環境が作り上げた文豪

芥川龍之介:複雑な家庭環境が作り上げた文豪https://bunshun.jp「新原龍之介」から「芥川龍之介」へと名前が変わったのはなぜですか?

母の不倫が発覚したため

芥川龍之介は生後7か月で母の精神病のため芥川家に預けられ、母親の温もりを知らずに育ちました。11歳の時に母の死と父の不倫が発覚し、芥川家と新原家の仲が悪化し、新原龍之介から芥川龍之介へと名前が変わりました。その後、芥川は東京帝国大学英文学科に入学し、作家として活躍しました。代表作の「羅生門」は23歳の大学在学中に発表し、夏目漱石にも絶賛されました。詳しくみる ⇒参照元: 芥川龍之介とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

以上、芥川龍之介の波瀾万丈な生涯と知られざるエピソードについて紹介しました