Academic Box Logo

芝国際の偏差値上昇!驚異の教育内容と評判を徹底調査

芝国際の偏差値上昇!驚異の教育内容と評判を徹底調査

ライターのYUKOです。芝国際の偏差値上昇について調査した結果をお伝えします。

「芝国際」の激動のスタート

「芝国際ショック」とは何ですか?

出願数が殺到し、倍率が30〜50倍超になったこと

芝国際中学校・高等学校は2023年4月に開校した共学校で、国際標準教育を掲げています。

しかし、開校直後に「芝国際ショック」と呼ばれる事態が発生しました。

出願数が定員の4681名と殺到し、一般生入試の倍率は30〜50倍を超えました。

この事態は、学校説明会で合格者を多く出すとアピールしていたにもかかわらず、実際には合格者が少なかったことが原因とされています。

また、入試回数や種類が多数設定されていたため、国際生コースで想定以上に入学予定者を取り過ぎた結果、一般生コースの合格者が減少したことも一因と考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: 「芝国際」炎上まとめと、いち受験生の親がみた感想

芝国際中高のユニークな特徴

芝国際中高の特徴を簡単に教えて

立ち上げメンバーの肩書がスゴい。

芝国際中高は新設校で、立ち上げメンバーに他校での学校改革や新設校立ち上げ経験のある著名な先生方が多く携わっている。

これにより、他校とは異なるユニークな教育プログラムやカリキュラムが期待できる。

また、学校経営が欧米企業型に変化しつつあることを示唆しており、今後の教育界における新たな潮流となる可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 芝国際中高がハンパない

中学受験者数、9年連続増加へ

増加し続けている中学受験者数を牽引しているのはどちらの性別ですか?

男子

中学受験者数は9年連続で増加しており、現在の傾向では2023年も前年より増加すると見込まれています。

この増加は、男子受験者の増加が牽引しています。

一方で、女子受験者の数は微減傾向にあります。

経済情勢が厳しい中でも、親が子供に高いレベルの教育を受けさせたいという思いが中学受験者数の増加につながっています。

詳しくみる ⇒参照元: 「芝国際」「明大世田谷」の途中経過

芝国際の教育改革:女子校から共学へ

芝国際は女子校からどのような学校に生まれ変わったのか?

共学

芝国際は2023年度から女子校から共学に生まれ変わり、世界標準のグローバルな学びと創造の実践に特化した学校となった。

また、サイエンスインターナショナルスクールのLaurus International School of Scienceとの連携を強化し、独自の教育プログラムを提供している。

偏差値は高校が66、中学が63となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 東京女子学園が芝国際に生まれ変わって偏差値爆上がり!?新たな...

芝国際中学校 入学試験における受験生の態度問題

芝国際中学校の入学試験で受験生の態度が悪かったという問題について、学校側の対応は適切だったと考えますか?

不明

芝国際中学校の入学試験では、受験生の態度が悪く、試験を受ける態勢に程遠い生徒がいたという問題がありました。

学校側は合格者絞り込みの背景にこのギャップがあった可能性を示唆していますが、倍率の「相場」を考慮すると、1回目の入試で50人に1人しか合格できないというのは異次元レベルの厳しさです。

また、合格発表の遅延で出願・受験に支障が出た家庭もあったようですが、タイトなスケジュールを考慮すると、事前に受験予定校に出願しておくことが望ましいとされています。

詳しくみる ⇒参照元: どうなってる?倍率66倍超!芝国際で一体何が…

芝国際:英語教育の充実で説明会大盛況

芝国際の説明会で大盛況の背景には何がありますか?

英語教育の充実

芝国際は校名変更と共学化を発表後、説明会は大盛況。

中学受験の「国際」と英語教育の充実が親御さんに支持され、首都圏模試の志望校エントリー数も大幅に増加。

男子は偏差値70超えもおり、トップ層の偏差値は東京女子学園時代より6~7ポイント上昇している。

しかし、男子の第1志望エントリーはわずか4人にとどまっている。

詳しくみる ⇒参照元: 「芝国際」「明大世田谷」の途中経過

偏差値予想外の不合格とトラブル続出の入試

合格者数は予想された偏差値と一致していたか?

一致していなかった

日能研が予想した偏差値60前後では不合格者が多数出ており、合格者の偏差値は予想よりも高かった。

学校のトラブル対応も不十分で、合格発表の遅れや、PDFのミス、算数の問題ミスなどが発生した。

学校側の危機管理能力が疑問視されている。

詳しくみる ⇒参照元: 「芝国際」炎上まとめと、いち受験生の親がみた感想

芝国際中学校・高等学校の最先端の新校舎

芝国際中学校・高等学校の新校舎の特徴は?

設備充実の洗練された新校舎

芝国際中学校・高等学校の新校舎は、2022年11月に完成し、探究的な学びを可能にする設備や、ダイナミックな表現を促進する開放的な空間を備えています。

また、1人1台のICT機器とネットワーク環境が完備されており、これからの新しい教育にも対応できます。

この洗練された校舎は、生徒の好奇心と学習意欲を刺激する設計になっています。

さらに、ローラスインターナショナルスクールが新校舎の7階から10階に移転し、芝国際とコラボレーションを行うことで、グローバルな教育環境を提供します。

この校舎は、最先端の教育を受けたい人、美しいキャンパスで夢を実現したい人、国際的な雰囲気の中で学びたい人に最適です。

詳しくみる ⇒参照元: 東京女子学園が芝国際に生まれ変わって偏差値爆上がり!?新たな...

受験校動向の最新情報

2026年、日本学園の首都圏模試における合格判定「志望校」の男子受験者数は前年度と比べて何倍か?

16.2倍

説明会で盛況だった芝国際大学附属は、受験生の動向が変化し、志願者数も予想できない状況となっている。

一方、明治大学附属世田谷に校名変更する日本学園は、首都圏模試で合格判定「志望校」の男子受験者数が前年度比16.2倍と人気が急上昇している。

詳しくみる ⇒参照元: 「芝国際」「明大世田谷」の途中経過

芝国際の教育的特徴

芝国際では、どのような学びを重視していますか?

未来に貢献する学び

芝国際では、「世界標準教育」と「新しい学力」を重視しており、未来に貢献できる真の国際人を育成するために、「未来に貢献する学び」を3つの柱で実施しています。

1つ目は、STEAM教育や起業教育、プレゼンテーション講座による実社会で役立つ思考力の向上です。

2つ目は、サイエンスインターナショナルスクールとの連携によるグローバルな学びの提供です。

3つ目は、チェック&フォローを徹底した学習支援体制による安定した成績の維持と学力の向上です。

詳しくみる ⇒参照元: 東京女子学園が芝国際に生まれ変わって偏差値爆上がり!?新たな...

芝国際中学の入試騒動

リニューアルされた芝国際中学の入試で問題となったことは何ですか?

入試の混乱

芝国際中学は2023年度入試で最新の設備や教育方針をアピールし、多くの出願者を集めました。

しかし、入試では混乱が発生し、問題となりました。

そのため、2024年度は入試を簡素化して再編する予定です。

芝国際中学は国内難関大学や海外有名大学への進学を目指し、英語教育やSTEAM教育に力を入れています。

また、美しい環境や帰国子女の在籍など、魅力的な特徴があります。

詳しくみる ⇒参照元: 人気継続!?2年目芝国際「狙い通り」と「誤算」

芝国際中学・高校の進路指導と学校生活

芝国際中学・高校のカリキュラムの特徴を教えてください

海外大学や難関大学を視野に入れた選択授業中心のカリキュラム

芝国際中学・高校では、生徒一人ひとりの夢の実現をサポートする強固な進路指導体制を整備しています。

中学校では標準よりも多くの英語授業時間を確保し、高校では選択授業で構成される独自のカリキュラムを実施しています。

これにより、生徒は海外大学や難関大学への進学を視野に入れた学習に取り組むことができます。

また、自由な探究学習や創造活動を可能にする3Dプリンターやメディアセンターを備えた開放的な校舎や、生徒主体の学校づくりなど、充実した学校生活を送ることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 芝国際中学校・高等学校

芝国際中学校の「アキレス腱」

偏差値が上昇しているにもかかわらず、芝国際中学校への志願者が少ない理由とは?

「不信感」

芝国際中学校は2年目で偏差値が上昇し、上位中堅校から上位校のレベルに位置している。

しかし、1年目の入試での「失態」により、「不信感」が生まれ、それが受験者数の減少につながっている。

この「不信感」は、偏差値の上昇にもかかわらず、学校側にとって「誤算」となっている。

中学受験に詳しい保護者は、学校の「姿勢」を重視する傾向があり、1年目の入試での問題が受験校候補から「敬遠」される一因となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 人気継続!?2年目芝国際「狙い通り」と「誤算」

芝国際高校入試:受験者層絞り込みの成功要因

24年度の芝国際高校入試で受験者層の絞り込みに成功した要因は?

合格者数の絞り込み

芝国際高校入試の受験者層の絞り込みに成功した要因として、合格者数の絞り込みが挙げられる。

学校側は合格者数を意図的に絞り、学力的に芝国際高校の求めるレベルに達していない受験生が受験しないように仕向けた。

これにより、受験者層が絞り込まれ、芝国際高校の求める学力に近い受験生が選抜されるようになった。

詳しくみる ⇒参照元: 人気継続!?2年目芝国際「狙い通り」と「誤算」

明大明治高校のメリットと注意点

附属校に進学するメリットは何か?

明大への推薦枠が7割

芝国際高校と比べて、明大明治高校は明大という具体的な目標があるため第1志望として掲げやすく、平均偏差値も47と上昇傾向にある。

校名変更は3年後だが、23年度入試で入学した生徒は入学時に校名が変わることになる。

卒業時には7割が明大へ推薦で進むという青写真を学校側が描いている。

そのため、日本学園時代から入学する「意味」は十分にある。

しかし、入学後は明大明治、明大中野系から進学してくる子との「学力差」を埋める必要があり、かなり勉強でしごかれることが予想される。

詳しくみる ⇒参照元: 「芝国際」「明大世田谷」の途中経過