Academic Box Logo

「約束のネバーランド」における悲劇の幕切れ: 死亡者の最後と犠牲の経緯を解き明かす

「約束のネバーランド」における悲劇の幕切れ: 死亡者の最後と犠牲の経緯を解き明かす

ライターのYUKOです。今回、「約束のネバーランド」における悲劇的な結末に迫ります。

ハウスの脱獄火事計画におけるレイの焼身自殺の行方

レイの焼身自殺の成功確率は?

十分にあり得る

レイは、利益最優先のイザベラによって放っておかれるはずはなく、ハウスの消火技術の優位性やイザベラの用心深さから、焼身自殺を図るも生き残る可能性がある。

また、エマがレイを助ける展開も考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 【約束のネバーランド】レイは死亡した?生きてる?原因となった...

ハウス脱獄計画の決断

エマたちがハウスを脱獄する際、5歳以上の子供のみ連れて脱出したのはなぜか?

6歳から出荷が始まるため

エマたちハウスの子供たちは、外の世界に逃げ出す計画を実行しました。

しかし、外の世界についての情報が未知数で、冬の時期に脱獄することから、エマは出荷が始まる6歳以上の子供のみ連れて脱出することにしました。

4歳以下の子供は、フィルに預けられ、2年以内に助け出す約束を交わしました。

詳しくみる ⇒参照元: 『約束のネバーランド』原作漫画のあらすじネタバレ|アニメ版と...

「約束のネバーランド」実写映画のストーリーの範囲

実写映画「約束のネバーランド」は原作のどの辺りまで描かれているのか?

原作漫画の5巻37話「脱出」まで

「約束のネバーランド」の実写映画は原作漫画の5巻37話「脱出」まで、アニメの第1期12話までのストーリーが描かれています。

原作ではハウスの子供たちは12歳までに“里親に引き取られる”ことになっていますが、実写映画では15歳に引き上げられており、この変更に関しては“主人公たちが「子供」ではない”と原作ファンから批判も上がっていました。

しかし逆にノーマンとエマが原作よりも大人びたキャラクターとなり、2人の聡明さとリーダーシップが際立っていました。

2021年1月からは、原作の5巻38話からが描かれるアニメ第2期もスタートします。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ含む】実写『約束のネバーランド』を原作と徹底比較!...

約束のネバーランドのアンドリューの正体

アンドリューの正体は何か?

「約束のネバーランド」に登場するアンドリューは、ラートリー家の関係者であり、鬼であることが明らかになっています。

ラートリー家の命令で、農園を脱出した食用児たちを処分するためにエマたちと対峙しました。

アンドリューは鬼の特徴である高い生命力と再生能力を持ち、壮絶な最後を遂げました。

彼の死は、鬼と人間の対立の激しさを物語っています。

詳しくみる ⇒参照元: 【約束のネバーランド】アンドリューはピーターの部下!最後は鬼...

ノーマンの性格変化:鬼への憎しみ

なぜノーマンの性格は変化したのか?

鬼への憎しみから

かつては穏やかな性格だったノーマンは、研究所で鬼の残虐行為を目の当たりにし、鬼に対する憎しみを募らせます。

そのため、敵対的な言動をするようになり、別人のように感じられるようになったのです。

この変化は、鬼に対する許せない感情から生まれたものです。

ノーマンは、かつての正義感に加え、鬼への復讐心を抱くようになったのです。

詳しくみる ⇒参照元: 【約束のネバーランド】ノーマンは敵で裏切り者?黒幕説や性格の...

レウウィス大公の決断

レウウィス大公が新たな王となることを拒否した理由とは?

民衆に提案したかったから

レウウィス大公は、圧倒的な強さを持つ鬼で、エマたちに鬼の弱点を教えたり武器を与えたりするフェアな一面もあった。

レウウィス大公は女王の弟で、狩り場で敗北した後、2つの核を持っていたため復活した。

エマたちが鬼の頂点と約束を結び直した後の世界では、レウウィス大公は新たな王として推薦されたが、提案を拒否した。

そして民衆に提案を行い、五摂家に重要な役割を与えた。

五摂家は上級農園育ちの上質肉を食べるため知性が高く、農園の管理や政治を担当していた。

五摂家は邪血の少女を始末していたが、ギーランは裏切りにより野良鬼となった。

ギーランは民衆思いの名君主だったが、裏切りにより王族や貴族を憎み、ノーマンと手を組んで王都へ潜入した。

詳しくみる ⇒参照元: 『約束のネバーランド』鬼の正体と仕組み~「鬼の頂点」とは

約束のネバーランドのノーマンの生死と活動

レーマン死亡後のノーマンの生死は?

生存

「約束のネバーランド」のノーマンは、グレイス=フィールドハウスでトップの成績を収める天才児です。

エマやレイと共にハウスの正体を知り、出荷が決まったレーマンが実は生存しているという伏線が張られています。

ノーマンは高い知能を活かし、ハウスからの脱出計画を考案します。

仲間たちと協力して、鬼の監視をすり抜け、外の世界への脱出に成功します。

脱出後、ノーマンは鬼と人間の共存を目指して活動しています。

ハウスに囚われていた子供たちを救出し、彼らに新たな居場所を提供しています。

ノーマンは、優れた戦略家であり、リーダーシップを発揮する人物として描かれています。

仲間への愛情も深く、彼らを守るために全力を尽くしています。

詳しくみる ⇒参照元: 【約束のネバーランド】ノーマンは死亡した?出荷後も生存してい...

「約束のネバーランド」のキャラクターの死亡要因

作品の設定上、頻繁に描かれるのはどのような要素か?

キャラの死亡

「約束のネバーランド」はハードな作風で、物語の設定上、鬼の存在により人間の死亡が頻繁に描かれています。

物語の展開とともに、「農園から逃げる」から「鬼を倒す」という構図の変化や、「人間と鬼」から「人間同士の殺し合い」というプロットの追加により、死亡要因は複雑になっています。

また、鬼側の人間同士でも権力争いによる殺し合いが描かれています。

詳しくみる ⇒参照元: 約束のネバーランド-死者・行方不明キャラ一覧

エマたちの救世主、ムジカとソンジュ

エマたちが洞窟で出会った2人の鬼の正体は?

人間に協力的な鬼

『約束のネバーランド』に登場するソンジュとムジカは、GFハウスからの脱獄後にエマたちと出会った人間に協力的な鬼。

ソンジュはムジカを「ママ」と呼び、頭巾をかぶったムジカは動物に乗っている。

エマたちは当初2人を警戒していたが、彼らの正体が判明するとともに関係が深まっていった。

ソンジュとムジカはエマの望む未来の実現に重要な役割を果たすことになる。

詳しくみる ⇒参照元: 『約束のネバーランド』ムジカとソンジュは敵?味方?エマたちと...

約束のネバーランドの複雑なキャラクター:イザベラ

主人公を育てる一方で、主人公の脱走を阻もうとする複雑なキャラクター、イザベラとはどのような人物?

農園で食用児を育てる「ママ」

イザベラは、「約束のネバーランド」の主人公たちが育った施設「GFハウス」の「ママ」であり、主人公たちの脱走を阻む強敵である。

イザベラは物語序盤で31歳で、GFハウスで育ち、食用児を育てる役目を担っている。

イザベラは、食用児を産み、彼らを殺される運命にあることを知りながら、母親役を演じていた。

イザベラは、食用児に「生きている間だけでも、楽しい思いをさせてあげたい」という理由で「ママ」を続けていると語っている。

詳しくみる ⇒参照元: 約束のネバーランドのイザベラの結末が切ない?正体やその後につ...

約束のネバーランド:鬼の正体と人間を食べる理由

鬼はなぜ人間を食べなければならないのか

高い知能を保つため

「約束のネバーランド」に登場する鬼は、細菌に似た存在が進化した生物で、人間の遺伝子を取り込むことで姿や能力を得ている。

人間を食べないと、高い知能や人型を保つことができないため、鬼は安定した人肉供給のために食用児農園を運営している。

詳しくみる ⇒参照元: 『約束のネバーランド』鬼の正体と仕組み~「鬼の頂点」とは

約束のネバーランドの希望の未来

「約ネバ」の子供たちが手に入れたのは何?

未来

「約束のネバーランド」では、エマ率いる子供たちが脱出に成功し、外の世界で朝日を浴びました。

この朝日が「輝く未来」の象徴として描かれています。

エマの仲間を信じ抜く心と、ノーマンの綿密な計画が、彼らに逆境を乗り越える力を与えました。

この物語は、現実世界でも逆境に直面している人々の心に響きます。

実写版「約ネバ」では、エマ役に浜辺美波、レイ役に城桧吏、ノーマン役に板垣李光人とフレッシュなキャストが起用され、キャラクターの再現度に注目が集まっています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ含む】実写『約束のネバーランド』を原作と徹底比較!...

約束のネバーランドの概要とあらすじ

主人公たちが育てられていた施設の名前は?

グレイス=フィールド

約束のネバーランドは2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されていた漫画で、2020年に完結。

孤児院「グレイス=フィールド」で暮らす子供たちが、実は「鬼」の餌として育てられていたことを知り、外の世界を目指す物語。

子供たちは里親が見つかったという理由で鬼に出荷されており、主人公たちも完熟した状態で出荷されそうになっていたが、真実を知って脱走を決意する。

詳しくみる ⇒参照元: 【約束のネバーランド】死亡したキャラ一覧!犠牲者の最後のシー...

イザベラの葛藤と愛情

イザベラが子供たちを出荷した理由は?

生きるため

イザベラは、鬼の食料として出荷される子供たちを脱走させたことで、自分の立場と命を危険にさらしました。

しかし、彼女は子供たちを恨まず、普通の愛情を注げなかったことを後悔しています。

イザベラは、冷酷な監視監の仮面の下に、愛情深い心を持っていたのです。

このシーンは、イザベラの葛藤と、生きるために手段を選ばなかった大人の苦悩を浮き彫りにしています。

詳しくみる ⇒参照元: 【約束のネバーランド】イザベラの名言(セリフ)や名シーンを紹...

バイヨン卿の謎:狩猟場運営の目的と最後

バイヨン卿が狩猟場を運営する目的は?

不明

バイヨン卿はレウウィス大公と親しい関係にあり、約束のネバーランドでは鬼として登場します。

彼の狩猟場運営の目的は不明ですが、レウウィス大公との関係や、鬼としての役割に関連している可能性があります。

密猟者の殲滅後は、レイとユウゴに案内され、手下から逃れてシェルターに向かいました。

詳しくみる ⇒参照元: 【約束のネバーランド】オリバーはゴールディ・ポンドのリーダー...