Academic Box Logo

寺内樺風の両親: 埼玉少女誘拐事件の衝撃的な家族背景

寺内樺風の両親: 埼玉少女誘拐事件の衝撃的な家族背景

ライターのMariaです。寺内樺風の両親についての記事をお届けします。

少女誘拐事件の経緯

被害者はどのようにして犯人に誘拐されたのか

「家族の問題」を利用

2014年に中学1年生だった被害者は、帰宅途中に寺内樺風(当時23歳)に声をかけられた。

寺内は「両親の離婚」について話す必要があると誘導し、被害者を車に乗せて誘拐した。

その後、千葉県のアパートに監禁され、約2年間の監禁生活を強いられた。

この間、寺内は千葉大の学生としてキャンパスライフを送っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の生い立ちとは?裁判の判決と現在についても

埼玉少女誘拐事件の犯人・寺内樺風の生い立ち

埼玉少女誘拐事件の犯人・寺内樺風の出身地はどこ?

大阪府

埼玉少女誘拐事件の犯人・寺内樺風は、大阪府出身。

中学は大阪教育大付属池田中学校、高校は同じ敷地内の高校に進学。

高校時代はライトノベルに夢中で、キャラクターのキーホルダーを鞄につけていた。

大学は千葉大学工学部に進学し、コンピューター解析を学び、5年かけて卒業。

千葉大学休学中にアメリカでセスナ機のパイロット資格を取得し、消防設備関係の就職も決まり、千葉から中野へ引っ越した。

寺内樺風の生い立ちは順風満帆で、実家は防犯グッズの通信販売を行っており、経済状況も安定していた。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の生い立ちや現在、家族は?埼玉少女誘拐事件の全貌も!

埼玉少女誘拐事件の衝撃

誘拐事件で被害者に犯人が言った内容は?

両親が離婚すると言った

2014年に発生した埼玉少女誘拐事件では、犯人の寺内樺風が被害者である斎藤杏花さんに「両親が離婚する」と声をかけ、脅迫して車に誘導しました。

寺内は「弁護士のところに連れて行く」とも言い、斎藤杏花さんに手書きで手紙を書かせました。

手紙には「家も学校もちょっと休みたい。

しばらく友達の家です。

探さないで下さい」と書かれており、斎藤杏花さんは寺内と一緒に千葉県のアパートに監禁されました。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の埼玉少女誘拐事件が鬼畜!5回妊娠&鎖で2年間監禁の...

埼玉少女誘拐監禁事件

監禁時に性行為があったのか

不明

2014年、埼玉県で15歳の少女が2年間監禁された事件で、犯人の寺内樺風被告はLSDを少女の食事に混ぜるなど異常な行動をとっていた。

事件の経緯として、被告はナンバープレートを盗んで自分の車に取り付け、少女の学校をインターネットで調べ、下校中の少女を尾行して名前を特定した。

犯行当日は、「両親が離婚する」と嘘をつき、少女を車に乗せて監禁した。

監禁中、被告は少女に「臓器を売って借金を返済する」と告げるなど、洗脳的な行動をしていた。

少女は監禁場所から脱走しようとしたが、助けを求めた人々に話を聞いてもらえず、被告の部屋に戻ったという。

事件当時、被告の耳の形が朝鮮人と似ていることから、在日韓国人・朝鮮人ではないかとの噂があったが、その真偽は不明である。

詳しくみる ⇒参照元: 【埼玉少女誘拐】寺内樺風の人物像がマジキチ!裁判ではとんでも...

寺内樺風の服役後の姿

寺内樺風が服役後も罪を償っているか?

不明

寺内樺風は、斎藤杏花を誘拐・監禁した事件で懲役9年の判決を受け、現在も服役しています。

求刑は懲役15年でしたが、身体的な暴力などがなかったことが考慮されました。

寺内樺風は裁判中に奇声を上げたり詐病に逃げたりしていましたが、判決を受け入れて控訴しませんでした。

しかし、服役中に罪を償っているかどうかは不明です。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の生い立ちや現在、家族は?埼玉少女誘拐事件の全貌も!

寺内樺風の帰国後の目的

寺内樺風は帰国後に何を実行しようとしていた?

少女誘拐・監禁

寺内樺風は、杏花さんを監禁するために嘘をつき脅迫し、北米留学時代にはトラブルの噂もなかったが、帰国後は少女誘拐・監禁を実行する目的で空室のアパートに住んでいた。

そして、念願だった少女誘拐・監禁を実行に移そうとしていた。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の現在!実家や親と妹・出身高校と大学・齋藤杏花さん埼...

斉藤杏花さんの監禁生活

斉藤杏花さんは、なぜ長期間監禁状態から逃亡できなかったのか?

鍵がかかっていた

斉藤杏花さんは、2016年3月まで千葉市の学生アパートに在籍していたため、千葉市を住所に暮らしていた。

アパートのドアは外側から鍵がかかっており、斉藤さんは中学生で未知の世界だったため、助けを求める行動が取れなかった。

また、両親の離婚を信じていたため、自分の状況を理解していなかった。

2016年2月、寺内樺風が東京都中野区に引っ越すと、斎藤さんの監禁生活は続いた。

しかし、次第に寺内との関係が構築され、斉藤さんは居場所として認識するようになったため、逃亡願望はなくなった。

また、寺内がアサガオ麻薬で斉藤の意識を朦朧とさせていたことも、逃亡を困難にしていた。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の埼玉少女誘拐事件が鬼畜!5回妊娠&鎖で2年間監禁の...

寺内樺風の実家と家族

逮捕された年の正月に寺内樺風が行った実家での行動は?

祖父母に感謝を伝え、お小遣いを渡した。

寺内樺風の逮捕年の正月に、実家へ帰省していた寺内樺風は祖父母に就職が決まったことを報告し、感謝の気持ちとして五千円ずつお小遣いを渡しました。

また、妹とも仲が良く、一緒に一泊旅行に出かけたそうです。

寺内樺風の妹は2016年当時15歳で、これは斎藤杏花さんが連れ去られた時の年齢と同じです。

寺内樺風は女子高生が主人公の人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」を好んでいたとされ、シスコン気質があった可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の現在は?埼玉少女誘拐事件で妊娠させた?

寺内樺風の生い立ちと「埼玉少女誘拐事件」

寺内樺風の出身高校は?

大阪教育大学附属池田高校

寺内樺風は大阪府池田市出身で、中学・高校は大阪教育大学附属池田中学・高校に通い、地元では評判の良い生徒だったようです。

事件当時、専門家からは逮捕・勾留によるストレスが原因ではないかと心配する声もありましたが、ネット上では狂言ではないかという厳しい意見が多数を占めました。

現在も「埼玉少女誘拐事件」の裁判は継続しており、判決が確定していません。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の現在!埼玉少女・齋藤杏花さん誘拐事件の犯人まとめ

寺内樺風の実家とその家族

寺内樺風の実家の父親はどのような仕事をしていましたか?

会社経営者

寺内樺風の父親は「e防犯.com」という大阪府池田市の会社を経営していたと言われています。

父親は1人で寺内樺風と妹の学費と家族の生活費を稼いでいたと推測できます。

また、父親の会社経営はやり手だったと考えられます。

母親については、外国人説が唱えられていますが、確たる証拠はありません。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の現在や生い立ち!実家/被害者/親/家族【埼玉少女誘...

寺内樺風の就職先と学歴

寺内樺風は卒業後に就職先を決めていたのでしょうか?

内定していた

埼玉女子中学生誘拐監禁事件の犯人である寺内樺風は、千葉大学を卒業する予定でしたが、逮捕されたことで卒業は取り消されました。

寺内は東京都の消防設備関連会社に内定していましたが、逮捕を受け内定は取り消されました。

寺内は大阪府の進学校である大阪教育大学付属池田中学校・高等学校を卒業後、千葉大学工学部情報画像学科に進学しています。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の就職先や出身高校は?【JC監禁事件の真実…5回妊娠...

監禁被害者の解放と逃亡犯の行方

斎藤杏花さんはどのようにして監禁状態から解放された?

公衆電話から110番通報

寺内樺風は飛行機マニアだったという説があり、秋葉原の無線機ショップによく通っていた。

被害者である斎藤杏花さんは、寺内が家を空けた隙にアパートから脱出し、JR東中野駅の公衆電話から自宅に電話。

母親が通報し、駆け付けた警察官によって斎藤は保護された。

寺内は外出先で斎藤の保護を知り、静岡へ逃亡。

埼玉県警は寺内の実家へ捜査員を派遣した。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の生い立ちとは?裁判の判決と現在についても

女子中学生誘拐監禁事件の犯人・寺内樺風の現在

女子中学生誘拐監禁事件の犯人、寺内樺風の現在の状況は?

服役中

2014年に発生した女子中学生誘拐監禁事件の犯人である寺内樺風は、現在も服役中です。

寺内は当時23歳で、被害者を誘拐し、約2年間監禁していました。

被害者は2016年に保護され、寺内は逮捕されました。

寺内は裁判で懲役15年の判決を受け、現在も服役しています。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の就職先や出身高校は?【JC監禁事件の真実…5回妊娠...

埼玉少女誘拐事件の犯人・寺内樺風

誘拐事件を起こした寺内樺風の学歴は?

海外留学経験あり

寺内樺風はインテリで、海外留学の経験もある。

埼玉少女誘拐事件を起こしたのは、短絡的な犯行だったとされている。

事件当時、齋藤杏花さんを誘拐したのは朝霞市で、彼女は中学校1年生だった。

寺内樺風の学歴や出身高校、大学に関する詳しい情報は、この資料には記載されていません。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の現在!実家や親と妹・出身高校と大学・齋藤杏花さん埼...

埼玉少女誘拐事件:杏花さん救出の鍵となった両親のメッセージ

両親のメッセージが齋藤杏花さんの救出に繋がったきっかけは何ですか?

寺内樺風の外鍵の忘れ

埼玉少女誘拐事件の被害者である齋藤杏花さんが、2年間の監禁から救出されたきっかけは、インターネットで偶然見つけた両親のメッセージでした。

杏花さんは、寺内樺風の外出時に外鍵がかけられていないことに気づき、公衆電話から両親に連絡しました。

両親からの電話を受けた杏花さんは気力を取り戻し、逃げる決心を固めました。

この出来事は、寺内樺風の洗脳作戦が完全ではなかったことを示しています。

杏花さんはインターネットを通じて両親からのメッセージを見つけ、それが救出への原動力となったのです。

詳しくみる ⇒参照元: 寺内樺風の現在!埼玉少女・齋藤杏花さん誘拐事件の犯人まとめ