Academic Box Logo

宮本浩次:母親との絆から生まれた音楽と実家・赤羽の思い出

宮本浩次:母親との絆から生まれた音楽と実家・赤羽の思い出

ライターのYUKOです。宮本浩次さんの、母親との絆から生まれた音楽と実家・赤羽の思い出についてご紹介します。

宮本浩次の結婚と家族

宮本浩次は結婚している?

独身

歌手でソロ活動も行う宮本浩次は現在独身で、過去に結婚していたこともない。

結婚や子供を隠しているという噂はあるが、証拠はない。

実家は赤羽で、兄は俳優の宮本裕向。

両親についての情報は不明。

詳しくみる ⇒参照元: 宮本浩次は結婚していない!実家は赤羽で兄は俳優!父親と母親に...

宮本浩次と母親の絆

宮本浩次の母親の亡くなった後は誰が一番宮本浩次のバンド活動を応援したのか?

不明

エレファントカシマシのボーカル、宮本浩次の母親は一般人で、名前や顔写真は公開されていない。

彼女は息子の音楽活動を一番に応援しており、70歳を過ぎてもライブに足を運んでいた。

しかし、母親はすでに亡くなっており、宮本浩次が「エレファントカシマシ」として初めて出場した2017年の『NHK紅白歌合戦』を見ることはできなかった。

母親の死後、誰が宮本浩次のバンド活動を一番応援したのかは明らかになっていない。

詳しくみる ⇒参照元: 宮本浩次は結婚していない!実家は赤羽で兄は俳優!父親と母親に...

宮本浩次が描く東京の風景

宮本浩次にとって郷愁を感じる東京の風景とは?

公害と工場の匂い

宮本浩次は、東京の赤羽で育ち、当時の街の風景に愛着を感じている。

そこには、黄色い光化学スモッグ、工場の機械の匂い、重機の音が響き渡っていた。

現在では失われたこの風景は、宮本にとって東京の空気そのものであり、彼の音楽に郷愁を呼び起こす要素となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 初カバーアルバム発売!宮本浩次さんが語る女性のダンディズムと...

宮本浩次の生い立ち

宮本浩次の幼少期はどのように過ごしていたか?

かなり甘やかされていた

宮本浩次氏は、公団団地で暮らす普通の家庭に生まれ、父親はサラリーマンだった。

幼少期は「猫かわいがり」されるほど甘やかされていたが、両親は音楽関係の仕事ではなく、意外にも普通の家庭だった。

しかし、音楽の才能は幼い頃から発揮しており、デビュー曲は音楽評論家の渋谷陽一氏に衝撃を与えた。

宮本浩次氏は、今もなおロック界のカリスマ的存在として活躍を続けている。

詳しくみる ⇒参照元: 【宮本浩次の学歴】出身校(大学・高校・中学校・小学校)の偏差...

宮本浩次の故郷・赤羽台団地

エレファントカシマシのボーカル、宮本浩次が25歳まで住んでいた団地は?

赤羽台団地

赤羽台団地は、終戦まで旧日本軍の施設があった場所に昭和38年に建設された、都内で最初の大規模団地である。

宮本浩次は24歳まで団地の17号棟の409号室に、25歳から同じ団地の10号棟の3階に住んでいた。

団地は高台にあり、都心に近いことから当時としては憧れの住居であった。

詳しくみる ⇒参照元: 宮本浩次の実家(赤羽)と子供時代。禁煙は母親の死去の影響?

エレファントカシマシ・宮本浩次の生い立ち

エレファントカシマシのボーカル、宮本浩次が育った団地の名前は?

赤羽台団地

エレファントカシマシのボーカル、宮本浩次は東京都北区赤羽の「赤羽台団地」の17号棟409号室で育ちました。

団地は老朽化のため建て替えられ、現在は宮本浩次が住んでいた部屋はありません。

宮本浩次は24歳まで実家暮らしで、一人暮らしも団地の別の棟だったため、実家に頻繁に帰って食事をしていたそうです。

詳しくみる ⇒参照元: 宮本浩次は結婚していない!実家は赤羽で兄は俳優!父親と母親に...

宮本浩次とエレファントカシマシメンバーの出会い

宮本浩次がエレファントカシマシの他のメンバーと出会ったのはどの学校?

東京都北区立赤羽台中学校

エレファントカシマシのボーカルである宮本浩次が、現在のメンバーであるギターの石森敏行とドラムの冨永義之に出会ったのは、東京都北区立赤羽台中学校の頃です。

宮本浩次は中学時代はバトミントン部に所属していましたが、石森と冨永とはそこで出会いました。

また、宮本は東京の私立校高輪高等学校を卒業後、東京国際大学商学部に進学しています。

詳しくみる ⇒参照元: 宮本浩次の実家(赤羽)と子供時代。禁煙は母親の死去の影響?

宮本浩次のカバーアルバム:女性シンガー曲選択の理由

女性シンガーの曲を選んだ理由は?

女性の歌の力に感動したため

エレファントカシマシの宮本浩次がカバーアルバムで女性シンガーの曲を選んだのは、緊急事態宣言によるツアー中止がきっかけで、1日1曲ずつ録音したデモ音源をプロデューサーの小林武史に見せたことが制作のきっかけとなった。

当初は男性の曲も歌っていたが、女性の歌のピュアさとダンディズムに圧倒され、男性のダンディズムとは異なる魅力を感じたため。

宮本はこれまで男らしさを追求してきたが、女性シンガーの曲を通して女性のダンディズムを表現したかった。

詳しくみる ⇒参照元: 初カバーアルバム発売!宮本浩次さんが語る女性のダンディズムと...

宮本浩次ソロ活動ヒストリー

宮本浩次がソロ活動を始めたのはいつ?

2018年

宮本浩次は、2018年からソロ活動をスタートしています。

47都道府県ツアーの前にエレファントカシマシのメンバーやスタッフに宣言した上で準備を進めたそうです。

ソロ活動では、椎名林檎とのコラボレーション曲「獣ゆく細道」、初ソロ曲「冬の花」、初ソロアルバム『宮本、独歩。

』などをリリースしています。

また、2020年にリリースした2枚目のソロアルバム『ROMANCE』では、松任谷由実、中島みゆき、松田聖子などの女性シンガーの名曲をカバーし、オリコンのウィークリーチャートで1位を獲得しました。

詳しくみる ⇒参照元: ロックシンガー宮本浩次、インタビュー全公開「ドーンとゆけ!」