Academic Box Logo

「変な家」桃弥役が怪しい!? ラストの謎解きと家系図から紐解く真相

「変な家」桃弥役が怪しい!? ラストの謎解きと家系図から紐解く真相

ライターのYUKOです。

左手供養の儀の真実

左手供養の儀の真実https://satonari.comタカマウシオの呪いとは何だったか?

左手供養の儀

左手供養の儀は、片淵家の人々が信じていた、10年間陽の光を浴びてこなかった片淵家の男児が誰かの左手を切り落として殺害することを3年連続して行わないと片淵家に災いが訪れるというものであった。この儀式の正体はタカマウシオという神を祀り、左手を切り落とした子供を供養するというものであった。本家は、この儀式の参加を条件に慶太を婿入りさせ、トウヤという子供を供養するために監禁していた。綾乃と慶太はトウヤを育てるうちに儀式の遂行に消極的になったが、本家はヒロトを人質に取り、綾乃と慶太を幻覚剤で監禁していた。詳しくみる ⇒参照元: ネタバレ解説 映画『変な家』 ラストの意味は? 続編はある?...

左手供養の謎

左手供養の謎https://tamanoya.cocolonet.jp片淵家の呪いの供養がなぜ始まったの?

妻の呪い

片淵家は由緒ある家柄だったが、長男宗一郎が妻潮との間にできた子供と妹千鶴との間に子供を作ったことが発端。ショックを受けた潮は自殺し、その際に左手を落とす。千鶴は双子を産むが、1人は左手がない子供が産まれ、清吉の第2夫人に「潮の呪い」と言われる。そこで呪術師の蘭鏡が現れ、片淵家にある呪いの供養の必要性を伝える。左手供養が始まったのは、清吉の第2夫人が自分の子供を跡取りにしたかったためだった。80年ぶりに左手のない子供(桃弥)が産まれ、左手供養が再び始まった。柚希の父は喜江が分家の血を受け継いでいることが分かり、家族を守るため、美咲の息子(洋一)の命を奪う。綾乃と慶太は自宅で桃弥を見ることになる。詳しくみる ⇒参照元: 左手供養は実話なの?変な家の喜江について考察!

片淵家の「左手供養」の秘密

片淵家の「左手供養」の秘密https://i.ytimg.com片淵家に伝わる「左手供養」の目的は何ですか?

呪いの影響を断ち切る

片淵家には「左手供養」と呼ばれる恐ろしいしきたりがありました。生まれつき左手のない子どもが生まれた場合、その子は人目に触れずに育てられ、10歳になると片淵家の分家の人間を殺害し、その左手を仏壇に供えなければなりませんでした。このしきたりは、かつて片淵家に莫大な財産をもたらした女中・タカマウシオの呪いから逃れるために、当時の党首・宗一郎が呪術師の助言に従って始めました。小説版では、呪いの影響を断ち切るための儀式として描かれていますが、映画版ではホラー要素を強めるために改変されています。また、映画版では、分家に関する設定やタカマウシオに関する設定も原作とは大きく異なっています。詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ解説】映画『変な家』あらすじラストの意味は?知ると...

埼玉の失踪事件と東京の変な家

埼玉の失踪事件と東京の変な家https://sakamiwa-freestyle.com埼玉県で失踪した男性の遺体が、なぜ東京の変な家と同じ構造の家で見つかったのでしょうか?

家が建つ前に遺体が埋められていた可能性。

プロの記事ライターが、変な家の記事を書いたところ、埼玉県在住の女性から「夫が殺されたかもしれない」とメールが届きます。夫の遺体は、東京の変な家と同じ間取りの埼玉の家で見つかりましたが、左手だけがありませんでした。東京の家の間取りは1年前の春ごろに建てられており、埼玉の家も2018年3月に売りに出され、数か月前に全焼しています。埼玉の家には車庫がなく、遺体処理のルートがありません。東京でのバラバラ事件とは異なり、遺体はバラバラになっていません。埼玉の家の三角形の部屋は、庭に増設されていますが、庭の一部は残されています。これは、建物を建てる際に杭打ちができなかったためと考えられています。詳しくみる ⇒参照元: 変な家ネタバレを家系図付きで解説!喜江が黒幕なのか左手供養の...

村人による洗脳と依存

村人による洗脳と依存https://images.ciatr.jp村人全員がなぜ雨宮たちを殺そうとしたのか

洗脳により

村人たちは左手供養の儀という洗脳された儀式を行っており、その儀式に反発する雨宮たちを排除しようとした。しかし、儀式に参加していた清次は資産目当ての打算的な動機を持っていた。一方、雨宮たちは儀式を依存と洗脳による安心感の産物と考察し、村の「変な家」という環境が依存と洗脳を助長していたと考えた。また、清次が儀式について重治に暴露されたことで、洗脳が崩れ、重治は清次を罰した。その後、雨宮たちは村からの脱出に成功した。詳しくみる ⇒参照元: ネタバレ解説 映画『変な家』 ラストの意味は? 続編はある?...

寝室の窓の秘密

寝室の窓の秘密https://dollyblog.org寝室に窓が取り付けられた理由は?

ターゲットの睡眠確認

寝室の窓は、ターゲットが寝入ったかどうかを監視するために取り付けられたと推測されています。これは、ターゲットを殺害するための計画的な設計の一環で、ターゲットを浴室に誘い込み、そのまま殺害する計画があった可能性があります。殺害のシチュエーションに備えて、ターゲットが泥酔して浴室を使用せず、そのまま寝てしまった場合に備えていると考えられています。詳しくみる ⇒参照元: 変な家の最後の窓の意味がヤバい?該当する家が実在するのかも調...

謎めいた間取りの隠された真実

謎めいた間取りの隠された真実https://livedoor.blogimg.jp奇妙な家に関して、建築設計士の栗原さんはどのような仮説を立てたの?

間取りはとある事件を隠蔽するために設計された

私は建築設計士の栗原さんに、不可解な間取りの謎を調査してもらいました。調査の結果、栗原さんは間取りがとある事件を隠蔽するために設計されたのではないかと仮説を立てました。その後、ネットニュースで関連する事件を見つけ、栗原さんの仮説を裏付けるために記事を公開しました。すると、宮江柚希と名乗る読者から連絡があり、夫が殺害された話と奇妙な家との関連性を聞かされました。さらに、奇妙な家の住人が以前住んでいたと思われる家の間取り図を見せられ、奇妙な家の間取りとの共通点が判明しました。さらに物語が進むと、新たな家の間取り図が登場し、これらの間取りの謎を解明することで、衝撃的な真実が明らかになりました。詳しくみる ⇒参照元: 3分で分かる『変な家』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ

忌まわしい儀式「左手供養」の謎

忌まわしい儀式「左手供養」の謎https://moviewalker.jp行方不明になった姉を探す柚希の家族に伝わる忌まわしい儀式とは?

左手供養

柚希の家族には「左手供養」という忌まわしい儀式が伝わっていた。これは、左手をミイラにして仏壇に供えるというもので、本家ではこの儀式のために桃弥という子どもを監禁していた。柚希の実家である片淵家の変な間取りも、いざというとき桃弥を隠すためのものであったと推測される。詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ解説】映画『変な家』あらすじラストの意味は?知ると...

喜江の隠れた目的

喜江の隠れた目的https://auctions.c.yimg.jp喜江が左手供養を続けている理由は?

洗脳が解けていない、または血を引く生き残りを殺害するため

「変な家」の原作小説では喜江がすべてを仕組んでいたが、映画ではその目的が不明。喜江が片淵本家を滅亡させるために左手供養を続けている可能性がある。また、本家の人間たちが死んだため、洗脳が解けて狂ってしまったか、血を引く生き残りを殺害して血を根絶やしにするつもりかもしれない。詳しくみる ⇒参照元: 映画『変な家』考察ネタバレ「喜江ラストの意味,最後の窓の新解...

呪いの家系

呪いの家系https://zero-life.wew.jp間違った儀式によって起きた悲劇の原因は何か?

自己利益のための嘘

志津子の嘘から始まった間違った儀式は、80年後に左手のない桃弥の誕生という悲劇を引き起こした。その儀式は、志津子の分家の事業破滅と跡継ぎ不在という目的のためについた嘘に基づいていた。その嘘が80年後にも左手のない子供の誕生という悲劇を招くとは、志津子も知らずに言ったはずだ。しかし、この間違った儀式は、後継者である宗一郎によって受け継がれ、毎年1人殺すという異常な儀式が繰り返された。宗一郎が相談する人もおらず、正しい判断ができなかったことが、悲劇の最大の原因となった。重治は幼少期から儀式が絶対だと洗脳されており、美咲の次男として左手のない桃弥が生まれたことで、後継役は綾乃となった。慶太は綾乃を守るため、片渕家のしきたりに染まったふりをして信用を得て、綾乃と暮らす家を建てて儀式をそこで行うことを提案した。慶太はまずリストの中から金に困っているTという男に目をつけ、偽の左手供養で儀式を執り行った。詳しくみる ⇒参照元: 変な家ネタバレ後日談!犯人や結末は小説と漫画で違いはあるのか...

呪われた本家:片淵家の左手供養の儀

呪われた本家:片淵家の左手供養の儀https://i.ytimg.com片淵本家では、どんな悲劇が起きていたのか?

左手供養の儀

片淵本家には、代々「左手供養の儀」という悲しい歴史があった。明治時代に本家当主の妾となったタカマウシオが、本妻の暴力で流産し、座敷牢で錯乱した末に自ら左手を切り落として自殺した。それ以降、片淵家では左手の無い子供が生まれるようになり、不幸が続いたという。雨宮と柚希は、片淵本家を「子供を利用した殺人を実行するための家」と疑っていたが、実際にはこの「左手供養の儀」にまつわる呪いによって不幸が続いていたのだった。詳しくみる ⇒参照元: ネタバレ解説 映画『変な家』 ラストの意味は? 続編はある?...

姉の失踪の謎と祖父の家

姉の失踪の謎と祖父の家https://sakamiwa-freestyle.com姉の失踪の1週間前に、柚希の姉は何をしていましたか?

祖父の家に行きました

主人公の記事を目にした柚希は、宮江恭一の妻を装い、姉の失踪に関する情報を提供します。13年ぶりに姉と再会した柚希でしたが、姉夫婦の奇妙な様子や音信不通に陥ったことに不安を覚えていました。姉の失踪前に何か異変があったかと尋ねられた柚希は、失踪の1週間前に姉が祖父の家を訪れていたことを思い出します。主人公は栗原と合流後、柚希と共に祖父の家へ向かい、そこで従弟が事故で亡くなったことを知らされます。詳しくみる ⇒参照元: 変な家ネタバレを家系図付きで解説!喜江が黒幕なのか左手供養の...

奇妙な家の謎

奇妙な家の謎https://books.j-cast.comカルト宗教とハウスメーカー社長一族とつながる家には何軒あるの?

11軒

雨穴と建築士の栗原は、奇妙な家に関する情報を調査する。その結果、11軒の家が、カルト宗教とハウスメーカー社長一族とつながっていることが明らかになる。これらの家は、それぞれ「行き先のない廊下」、「闇をはぐくむ家」、「林の中の水車小屋」、「ネズミ捕りの家」、「そこにあった事故物件」、「再生の館」、「おじさんの家」、「部屋をつなぐ糸電話」、「殺人現場に向かう足音」、「逃げられないアパート」、「一度だけ現れた部屋」と呼ばれ、それぞれに恐ろしい秘密が隠されている。詳しくみる ⇒参照元: 変な家

変な家の左手供養の謎

変な家の左手供養の謎https://novel-diary.jp左手供養のしきたりによって、殺人犯にされかけた人物は?

桃弥

「変な家」は、奇妙な間取りの家を舞台にした小説です。物語には、左手供養のしきたりを重んじる一家が登場し、その一家の長男が、義祖母と叔父を殺害してしまいます。この事件に巻き込まれ、左手供養のしきたりによって殺人犯にされかけたのが、長男の息子・桃弥です。桃弥は最終的に、義父の慶太によって殺害され、その遺体は仏壇の前に置かれます。また、小説の第一章は無料で公開されており、第二章以降はオーディオブックサービス「audible」で無料で聴くことができます。詳しくみる ⇒参照元: 3分で分かる『変な家』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ

三角形の部屋の謎に隠された片淵家の二面性

三角形の部屋の謎に隠された片淵家の二面性https://assets.housingsnap.com少年Aは夫婦の実子ではなかったと推測されるのはなぜか?

三角形の部屋とひろとの扱いの違いから

「片淵」という一家は、東京の家で暮らしていた。東京の家には、夫婦と「ひろと」という幼い男の子の3人家族が住んでいたが、隣人の夫は真夜中、隣の家の窓の前に「見たことのない小学校高学年くらいの青白い顔の男の子が立っていた」という出来事を目撃していた。一方、埼玉の家では、「ひろと」の他にもう1人の少年Aが三角形の部屋に閉じ込められていた。栗原は、少年Aが夫婦の実子ではなかったのではないかと推測した。その理由として、ひろとが過ごす部屋には窓がたくさんあり、光を存分に浴びながら育てられていたのに対し、少年Aが監禁される部屋には窓がなく、誰にも見られない「闇」が存在していたこと、また、埼玉の家においてダブルベッドは夫婦で使用していたのではなく、ひろとと母親が寝ていたと推測されることなどを挙げた。詳しくみる ⇒参照元: 変な家ネタバレを家系図付きで解説!喜江が黒幕なのか左手供養の...

以上で、「変な家」に関する謎の考察を終わります。