Academic Box Logo

変な家2: 行き先のない廊下が解き明かす、衝撃のネタバレと考察

変な家2: 行き先のない廊下が解き明かす、衝撃のネタバレと考察

ライターのYUKOです。今回は「変な家2」のネタバレと考察についてお話しします。

津原家の間取りの噂

家族を殺害した少年の家には、どのような噂が流れていたか?

間取りに問題がある

特殊清掃員の飯村達之氏が担当したある現場は、2020年に静岡市で発生した一家殺害事件の現場だった。

被害者は少年の母親、祖母、弟の3人で、凶器は料理包丁だった。

事件後、「津原家の間取りに問題がある」という噂が流れ、著者は飯村氏に取材を行った。

詳しくみる ⇒参照元: 変な家2のネタバレ感想と考察!行先のない廊下から始まる11の...

雨穴さんの「変な家2」:謎に包まれたお面クリエイターのホラー小説

雨穴さんの特徴的な外見はどのようなものですか?

謎めいたお面と黒づくめの服装

雨穴さんは謎めいたお面クリエイターであり、ホラー作家やYouTuberとしても活躍しています。

その特徴的な外見は、お面と黒づくめの服装で、本名や素顔、地声などは非公開です。

雨穴さんのホラー小説は、ただ物語を提供するだけでなく、人間関係の複雑さや家族の絆を描き出す作品が多いです。

彼の最新作「変な家2」は、実際に訪れた奇妙な家を題材にしたホラー小説で、前作よりもさらに不気味で奇妙な体験を描いています。

この作品は雨穴さんのホラー小説ファンの必見作です。

詳しくみる ⇒参照元: 雨穴の「変な家2」ネタバレと感想と考察【前編】 11の謎が最...

雨穴の「変な家」シリーズ

雨穴のデビュー作は何?

変な家

雨穴はWebライター、ホラー作家、YouTuberとして活動している人物です。

オモコロというWebメディアで記事の執筆も行っています。

2018年からオモコロで執筆を始めて、2021年7月に「変な家」というノンフィクション風のミステリー作品を書籍化しました。

YouTube版は1000万回以上再生され、第一章はオモコロでも公開されています。

詳しくみる ⇒参照元: 『変な家2』あらすじとネタバレ考察を紹介!|映画化決定作の第...

雨穴「変な家2」の間取りミステリー

小説「変な家2」の主な内容を教えてください

家の間取りミステリー

「変な家2」は、「変な家」の続編で、フリーライターと設計士のコンビが、不可解な間取りの謎を解き明かしていく物語です。

11の間取り図を元に、事件や事故にまつわる謎を紐解いていきます。

読者は、物語の展開の中で、間取り図の謎を解き明かすことで、登場人物たちの視点から、奇妙で魅力的な世界を体験できます。

詳しくみる ⇒参照元: 雨穴の「変な家2」ネタバレと感想と考察【前編】 11の謎が最...

謎めいた家の間取り図が明かす秘密

主人公が足を踏み入れた謎めいた家の特徴は?

不可解な部屋と行先のない廊下

「変な家2〜11の間取り図〜」は、主人公が謎めいた家に足を踏み入れることから始まる。

その家は、不可解な部屋や行先のない廊下が描かれた配置図を持ち、読者を謎の解明に引き込む。

主人公は、奇妙な間取り図に導かれ、家の秘密を解き明かしていく。

ストーリーの展開は予想外で、読者に驚きと感動を与える。

詳しくみる ⇒参照元: 『変な家2〜11の間取り図〜』のネタバレあらすじを結末まで解...

雨穴ワールドの奇妙な新境地「変な家2」

雨穴ワールド第3弾のキーポイントは何?

11の間取り図

雨穴氏の人気シリーズ「変な〇〇」の第3弾「変な家2 〜11の間取り図〜」が発売。

累計発行部数100万部を突破した人気シリーズで、前作から約1年ぶりに発売された。

キーポイントは11の間取り図で、これらが物語の中心的な役割を果たす。

詳しくみる ⇒参照元: 変な家2のネタバレ感想と考察!行先のない廊下から始まる11の...

変な家2の謎

誰がミツコを監視していたのか?

監視者

この物語では、ミツコとヤエコ以外の監視者がいたと推測されます。

監視者はミツコが義足を戻したのを見てクローゼットに隠し、隣の部屋からミツコを監視していたと考えられます。

家族はヤエコを殺すためにミツコを利用した可能性があります。

この作品には意図的に謎が残されており、それらは物語の魅力の一部となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 『変な家2』あらすじとネタバレ考察を紹介!|映画化決定作の第...

謎を解く家:雨穴と建築士の恐怖体験

資料の数は?

11件

雨穴氏と建築士の栗原氏は、知人から寄せられた11件の家の間取り図に隠された謎を解き明かしていく。

各資料には、「行き先のない廊下」、「闇をはぐくむ家」など、不気味なタイトルが付けられている。

謎を解く中で、彼らはあるカルト宗教とハウスメーカー社長一族の関連性にたどり着き、恐ろしい真実へと迫っていく。

詳しくみる ⇒参照元: 変な家

間取り図ミステリー『変な家2』

この小説の著者は誰?

雨穴

小説『変な家2〜11の間取り図〜』は、覆面作家であるYouTuberやライターとして活躍する雨穴によって執筆されました。

この作品は、11の間取り図をベースにした謎解きミステリーで、設計士の栗原が捜査資料から隠されたつながりを明らかにします。

見かけ上はばらばらな資料から真実を導き出すストーリーが特徴です。

詳しくみる ⇒参照元: 『変な家2〜11の間取り図〜』のネタバレあらすじを結末まで解...

変な家2の謎を解く鍵

11軒の捜査資料から浮かび上がる母親と家の謎のつながりとは?

義足の依頼と実行

11軒の捜査資料を分析した結果、母親であるミツコが父親から義足の依頼を受け、実行していたことが判明。

この義足が家の謎を解く鍵となる。

詳しくみる ⇒参照元: 『変な家2〜11の間取り図〜』のネタバレあらすじを結末まで解...

つながる「変な家」の謎

雨穴氏のもとに寄せられた、読者から提供された家に関する情報の数は?

11軒

雨穴氏の「変な家」シリーズ第2弾となる「変な家2」は、読者から寄せられた家に関する情報から11軒の調査資料を収録しています。

これらの家は一見別々のようですが、読み解いていくとすべてにつながりがあることが浮かび上がります。

本書には、富山県に住むパートタイマーの根岸弥生さんから提供された情報も含まれており、彼女は取り壊された実家に「行先のない廊下」があったことを思い出します。

この廊下にはドアや窓はなく、収納スペースとしても細すぎ、その行先は謎に包まれています。

詳しくみる ⇒参照元: 変な家2のネタバレ感想と考察!行先のない廊下から始まる11の...

真犯人はMr.X?「変な家2」ラストの謎考察

ヤエコの義足を隠したのはミツコではないと思う人物は誰?

お手伝いさんのMr.X

ミツコはヤエコの義足を隠してヤエコを殺害したと考えているが、著者は真犯人はお手伝いさんのMr.Xではないかと考察している。

ミツコの母親はヤエコとミツコを嫌っており、ヤエコを殺害するために設計された家の中で事故が起きやすいように義足を隠すようミツコの父親に依頼した。

ミツコの父親は妻の命令に逆らえず、ミツコは葛藤の末に同意したとされている。

しかし、著者はミツコが隠したのではないと考えている。

詳しくみる ⇒参照元: 変な家2 徹底考察!ラストで義足を隠した真犯人は母親説!ミツ...

義足の隠し場所の真犯人

設計段階から、義足をミツコのクローゼットに隠す計画があったのか?

あった

正彦の母は、ヤエコを殺害してミツコに罪をなすりつけることを計画し、建築段階でクローゼットの隠し扉と鍵の設計を行った。

設計段階からXに鍵を渡しており、決行日に連絡して義足を隠すように指示したと考えられる。

ミツコのクローゼットの鍵は、母が計画的にXに渡していた。

詳しくみる ⇒参照元: 変な家2 徹底考察!ラストで義足を隠した真犯人は母親説!ミツ...

変な家2:不気味な間取りが織りなすミステリー

ミツコちゃんの罪とは何ですか?

罪の告白

「変な家2」は、間取り図や場面のイメージ図が豊富に使用された雨穴さんの作品で、都市伝説的な不気味さを楽しめるミステリー作品です。

ミツコちゃんの罪が明らかにされた後、筆者は何も発言せず、読者は「これで終わりなんだ?

」と少しモヤモヤしたまま物語が終わります。

ただし、ミステリー作品で明確な答えを求めるのはナンセンスかもしれません。

本記事では、物語のネタバレ感想と考察をまとめています。

間取り図を注意深くチェックし、引っ越しの際には異常な間取りに気をつけましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 変な家2のネタバレ感想と考察!行先のない廊下から始まる11の...

『変な家2』の「行き先のない廊下」の秘密

『変な家2』で話題の「行き先のない廊下」とは、どのような空間ですか?

必要のない、行き先の無い廊下

『変な家2』では、11の間取り図が物語のカギとなり、その中に「行き先のない廊下」が登場します。

この廊下は、根岸弥生さんの実家の彼女の部屋の隣にあり、細すぎて収納にも使えない無駄な空間でした。

しかし、この廊下は、物語の重要な伏線となり、単なる無意味な空間ではないことが明らかになります。

最終的に、11の間取り図がすべてつながり、行き先のない廊下の謎も解き明かされます。

詳しくみる ⇒参照元: 変な家2結末をネタバレ!後日談や行き先のない廊下を徹底調査!
以上、記事より「変な家2」の考察をお届けしました。