Academic Box Logo

リザード入江で希少なトカゲ革を堪能する魅力と特徴

リザード入江で希少なトカゲ革を堪能する魅力と特徴

ライターのYUKOです。今回は、リザード入江で希少なトカゲ革の魅力と特徴をご紹介します。

キプリスの長財布:リザード革の美しさ

東南アジアで生産されているのはどのような革ですか?

リングマークトカゲの革

ビジネスマンの間で注目されているキプリスの長財布には、東南アジア産の質の高いリングマークトカゲの革が使用されています。

内側は牛革を使用し、コンビネーションの美しさも楽しめます。

丁寧な縫製によるメイドインジャパンの商品は型崩れもしにくいです。

詳しくみる ⇒参照元: マニアックな革「リザード(トカゲ)」財布のすべてを徹底解析

リザードレザーの強さと特徴

ウロコのある革は、傷が目立ちにくくなる効果がありますか?

あります

リザードやクロコダイルの革は、外敵から身を守るために背中側に非常に丈夫な革を持ち、傷が付きにくいだけでなく、ウロコがあるため、傷が目立ちにくくなっています。

細かい傷がついても、目視では確認できないため、問題にはならないとされています。

詳しくみる ⇒参照元: マニアックな革「リザード(トカゲ)」財布のすべてを徹底解析

リザード革の加工:斑紋、カット、雰囲気

リザード革の斑紋の加工方法で、エキゾチックな雰囲気を強調できるのは?

斑紋を残す

リザード革の表面仕上げにはマット加工とグレージング加工があり、斑紋模様の処理方法には斑紋を残す加工と除去する加工の2種類がある。

斑紋を残す加工を施すと、エキゾチックな雰囲気を強調できる。

また、リザード革は背中と腹で異なる鱗模様を持ち、製品の雰囲気を変えるためにカット方法が重要となる。

ベリーカットではお腹を利用し、バックカットでは背中を利用する。

哺乳類の革では腹側が質的に劣るが、リザード革では腹側も上質である。

詳しくみる ⇒参照元: トカゲ革(リザード)の知識|魅力と特徴をたっぷり解説

リザードの財布の選び方

リザードの財布を選ぶときに何に注意すべき?

耐久性と色

リザードの財布を選ぶ際は、耐久性を重視してリザードと別の革を組み合わせたものを選ぶことが大切です。

また、利用シーンに合った色を選択することも重要で、ビジネス用には落ち着いた色、オフ用には赤などの明るい色がおすすめです。

ただし、マット仕上げのリザードは光沢が使い込むことで出てくるため、意味がありません。

詳しくみる ⇒参照元: 上質なリザードの財布ブランドのまとめ。間違いのない選び方につ...

リザード製品の手入れ方法

使い始めのリザード製品の手入れ方法を教えてください

表面を軽く拭く

リザード製品は使い始めは表面を軽く拭いて汚れを落とす程度にとどめておくのが良い。

ワックスやクリームを塗ると表面にくもりが出て艶が失われる可能性がある。

使い続けることで手からの皮脂で独特の艶が出てくるので、自然な変化を楽しむ。

表面がカサついてきたら、爬虫類革専用のクリームを少量ずつ均一に塗る。

詳しくみる ⇒参照元: マニアックな革「リザード(トカゲ)」財布のすべてを徹底解析

リザード革財布の表情と贅沢な使い方

どのような革製品で、リザードのセンター部分が多く使用されているか

大きめの財布

リザード革の表情は製品の形状によって左右され、面積が小さいと左右非対称になる傾向があります。

長財布など面積が大きい製品では左右対象となり、リザードの中央部分が多く使用されています。

贅沢なセンター部分を楽しみたい場合は、ラウンドファスナー長財布やキプリスなどの「大きめの財布」を選ぶと良いでしょう。

また、上質なリザード革は厚みが1mm弱と薄く、一枚革では剛性や耐久性が低いため、財布を作るには複数の革を使用する必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 上質なリザードの財布ブランドのまとめ。間違いのない選び方につ...

リザード財布の素材による違いと選び方

リザードの財布で、GANZOとキプリスで異なる点は?

素材

リザードの財布は、GANZOとキプリスで素材が異なります。

GANZOは独自のリザードを使用していますが、キプリスは他のブランドと同じ素材を使用しています。

また、キプリスは百貨店で取り扱っているため、実物を確認して購入できます。

価格帯は、キプリスの方がGANZOよりも安価です。

詳しくみる ⇒参照元: 上質なリザードの財布ブランドのまとめ。間違いのない選び方につ...