Academic Box Logo

マンシュタインの戦略的洞察力:天才将軍の軍事的思考の探究

マンシュタインの戦略的洞察力:天才将軍の軍事的思考の探究

ライターのYUKOです。この文章では、ドイツの将軍であるエーリッヒ・フォン・マンシュタインの戦略的洞察力について探究します。

マンシュタイン:忠実な将軍のジレンマ

マンシュタインは、ナチ党員ではなかったにも関わらず、ヒトラーに最後まで忠実だった理由は何ですか?

伝統と教育

マンシュタインは幼少期から軍人を夢見ており、伝統的なプロイセン軍人の教育を受けました。

彼は皇帝と祖国に仕えることに誇りを持っており、ナチ党員ではありませんでした。

しかし、伝統や教育に縛られ、ヒトラーに服従し続け、戦争を長引かせ、犯罪を見逃しました。

彼の行為は、義務を果たそうとした結果であり、理解を示す人もいれば、失敗と見る人もいます。

詳しくみる ⇒参照元: エーリッヒ・マンシュタイン|ハーケンクロイツ

マンシュタインの限界

エーリッヒ・フォン・マンシュタインの最大の勝利とされた戦いはどのようなものだったか?

ハリコフの戦い

エーリッヒ・フォン・マンシュタインはドイツ軍の天才的な指揮官であり、1942年から1943年の冬の間、モスクワ郊外でのドイツ軍の敗北を止めるために招かれた。

彼はハリコフの戦いでソ連軍に勝利したが、この勝利は、その後スターリングラードの戦いでドイツ軍が壊滅的な敗北を喫したため、最終的にはそれほど重要なものではなかった。

ソ連軍は、スターリングラードの戦いでドイツ軍第6軍を取り囲み、1942年末までに、南部のドイツ戦線全体が崩壊の危機に瀕した。

詳しくみる ⇒参照元: 天才の限界:エーリッヒ・フォン・マンシュタイン

黄計画作戦の父たち

ヒトラーが黄計画作戦に提案した内容をマンシュタインが先に提案していたのはいつ?

1939年10月25日

第二次世界大戦中、黄計画作戦の成功はヒトラーの功績とされた。

しかし、作戦立案者ハルダーは、その主な発案者であると主張し、作戦の変更案を1939年9月より前に検討していた。

一方、マンシュタインの作戦案は当初は伝統的であったが、後に電撃戦ドクトリンを確立する重要な役割を果たした。

ハルダーとマンシュタインの初期計画には相違点があったものの、これは特殊事情による例外とみなされている。

このドクトリンはドイツ軍の組織と装備に反映され、連合国のドクトリンと大きな差が生じた。

詳しくみる ⇒参照元: マンシュタイン計画

モーデル元帥の最期

モーデル元帥はなぜ軍司令官に復帰できなかったのか?

総統が彼を信用していなかったから

モーデル元帥はヒトラーによって撤退を禁じられた後、白内障が悪化して失明の危機に陥り、自宅療養を余儀なくされました。

視力が回復しても、ヒトラーはモーデル元帥を信用せず、彼が軍司令官として復帰することは二度とありませんでした。

ヒトラーの意見は「彼は優秀だが、ナチではない」というものでした。

終戦後、モーデル元帥は英軍に逮捕され、軍事裁判にかけられました。

東部戦線での戦争犯罪で起訴されましたが、国防軍の清廉潔白は証明されました。

しかし、彼は自身の犯罪行為で有罪判決を受け、刑期を終えて釈放されました。

その後、西ドイツの軍顧問やNATO軍のアドバイザーとして活躍し、1973年に亡くなりました。

詳しくみる ⇒参照元: 将軍/マンシュタイン

ヒトラーとマンシュタインの作戦計画

ヒトラーはマンシュタインを信用しなかった理由は何?

尊大で冷淡だったため

1940年2月、ヒトラーはマンシュタインの作戦案に感銘を受けましたが、彼の尊大な態度が気に入らず信用しませんでした。

ハルダーが策定した新しい作戦計画はマンシュタインの提案に基づいていましたが、いくつかの重要な変更が加えられていました。

装甲部隊は歩兵と連携して橋頭堡を形成し、単独の浸透戦略は採用されませんでした。

しかし、グデーリアンやロンメルなどの装甲部隊指揮官は命令に従わず、イギリス海峡への進撃を試みました。

連合軍はダンケルクに包囲され、フランス北部での敗北とドイツ軍の完勝につながりました。

詳しくみる ⇒参照元: マンシュタイン計画

電撃戦の父たち:グデーリアンとマンシュタインの対立

マンシュタインの当初の作戦に対するグデーリアンのアイデアとはどのようなものだったか

南への牽制攻撃

マンシュタインは当初、グデーリアンの電撃戦計画に異論を唱え、側面攻撃への懸念を表明した。

しかし、グデーリアンは南への牽制攻撃によりフランス軍の反撃を防ぐことができるとマンシュタインを説得した。

また、グデーリアンは当初、フラーの理論に影響を受け、側面防御と偵察を目的とした装甲師団の活用を提案していた。

しかし、保守的なドイツ軍将官たちは、この案が過激すぎると考え、マンシュタインは必要に応じて計画を変更した。

しかし、ハルダーとブラウヒッチュはこれらのアイデアを拒否し、マンシュタインを左遷した。

これにより、マンシュタインとハルダーの対立が再燃し、マンシュタインの参謀がヒトラーに介入を要請することとなった。

詳しくみる ⇒参照元: マンシュタイン計画

マンシュタインの戦争犯罪認識

マンシュタインは自らの指揮範囲外で行われた戦争犯罪について、どこまで認識していたのか?

知らなかった

ドイツ軍の将軍マンシュタインは、東部戦線でのユダヤ人や共産党員に対する戦争犯罪を看過したとして非難されている。

マンシュタイン自身は、これらの行為については知らなかったと主張したが、部下の大尉が直接報告したにもかかわらず、それを拒否した。

マンシュタインは、前線にしか関心はなく、指揮範囲外の後方で行われる行為に責任はないと主張した。

また、戦争犯罪に加担した親衛隊の行動についても、その詳細を知らなかったと主張した。

しかし、他の証言からは、マンシュタインが戦争犯罪を認識していた可能性を示唆する。

詳しくみる ⇒参照元: エーリッヒ・マンシュタイン|ハーケンクロイツ

スターリングラードの戦い:マンシュタインの戦略的賭け

マンシュタインはスターリングラードで失敗したのか?

限定的

マンシュタインの第6軍はソビエトの防御を突破したものの、援軍の到着で側面攻撃を受け、前進を阻まれた。

天候の悪化と燃料不足も相まって、第6軍はスターリングラードから35マイル離れたところで停止を余儀なくされた。

マンシュタインは第6軍を放棄し、作戦を中止した。

マンシュタインは戦後、この失敗を、ソビエトの力を引き出すための戦略的犠牲として正当化した。

第6軍の将兵の勇気と義務を称え、彼らの犠牲はドイツ軍の精神的勝利となったと主張した。

しかし、マンシュタインには必要な資源が不足しており、作戦自体にエラーがあった。

第6軍の突破と補給線の再開というマンシュタインの目標は達成されず、スターリングラードの悲劇となった。

詳しくみる ⇒参照元: 天才の限界:エーリッヒ・フォン・マンシュタイン

機動防御の成功と挫折

機動防御の主役となった部隊の種類は?

比較的弱体の快速部隊

ハルキウの戦いで、ドイツ軍は「比較的弱体の快速部隊」を用いて機動防御を行った。

この成功により、ソ連南部の戦線は膠着状態となった。

機動防御とは、作戦単位の戦略的後退であり、後世の人間はこれを「機動防御」と呼んでいる。

しかし、ドイツ軍はクルスクの戦いで敗北し、大きな損害を被った。

一方、ソ連軍は戦力を急速に回復し、ドイツ軍をクルスク周辺から追い払った。

機動防御の考案者であるマンシュタインは、後にヒトラーによって解任された。

詳しくみる ⇒参照元: 将軍/マンシュタイン