Academic Box Logo

オフィスカジュアルを極めるミニマリスト術: 着まわし力抜群のワードローブ構築法

オフィスカジュアルを極めるミニマリスト術: 着まわし力抜群のワードローブ構築法

ライターのYUKOです。オフィスカジュアルに特化したワードローブ構築術を、ミニマリストの観点からご紹介します。

ミニマリスト男性のためのオシャレ術

ミニマリストな男性に最適なジャケットとして紹介されているものは?

大人のテーラードジャケット

DCOLLECTION(ディーコレクション)は、セット商品販売によって簡単にオシャレを作れるサービスを提供しています。

特にミニマリストな男性におすすめのアウターが紹介されており、その中でも「大人のテーラードジャケット」は着回し力の高いシンプルなデザインで、オフから仕事まで幅広く活用できる優れものです。

また、モノトーンでまとめたキレイめスタイルや、撥水機能のある「大人専用マウンテンパーカー」など、機能性とデザインを兼ね備えたアイテムが揃っています。

セット商品を活用することで、コーディネートの手間を省き、ミニマリストな男性でも簡単にオシャレを楽しむことができます。

詳しくみる ⇒参照元: ミニマリストのメンズが持つべき服とは?推奨アイテム&着まわし...

ミニマリストの服選びと着回し術

ミニマリストとはどういう生活様式ですか?

必要なものだけを厳選して使う生活

ミニマリストは、不要なものを買わず、持たず、処分する生活様式です。

自分の必要なものを厳選し、気に入ったものだけを使い回すという考え方で、現代の大量消費や大量生産に疑問を持つ人もいます。

ミニマリストになるには、インテリアや服などから見直すことができます。

服に関しては、オールシーズン着回せる素材やベーシックカラー、オンオフ兼用できるアイテムを選ぶことで、少ない服でもおしゃれな着回しが可能になります。

詳しくみる ⇒参照元: 好きな服だけをおしゃれに着回す!「ミニマリスト」になるための...

ミニマリストへの道:服から始める断捨離

ミニマリストになるために最初に行うべきことは何ですか?

服を減らすこと

ミニマリストになるための第一歩は服を減らすことです。

必要なものだけを所有し、定期的に断捨離を行い、傷んだ服は買い替えます。

最初は20着程度を残し、徐々に10着程度に減らしていきます。

ハンガーは1種類に統一し、むやみに服を増やさないようにします。

引き出しにしまう場合は服を立てて収納し、コーディネートの時間を短縮します。

断捨離後は、「1着買ったら、1着処分する」ルールを守り、服が増えないようにします。

残す服は「オールシーズン着られる服」「定番服」「ときめく服」を選ぶのがおすすめです。

詳しくみる ⇒参照元: 『ミニマリスト』の服は何着必要?大人女性のおしゃれなシンプル...

ミニマリストの服飾ガイド

冬用のボトムスで、オンオフ兼用で使えるのはどれ?

グラミチのウールボトム

ミニマリストの服飾に関する記事で、年間着用する服の枚数が紹介されています。

ボトムスは6着、トップスは9着、シャツは4着を所有しています。

ボトムスの素材は季節によって使い分けされており、冬のボトムスにはグラミチのウールボトムがオンオフ兼用で着用できると記載されています。

また、トップスはかぶり型が9着、シャツ型が4着で、それぞれ季節によって使い分けされています。

この記事では、服を減らすコツや、改善したい点についても触れられています。

詳しくみる ⇒参照元: ミニマリストの服

40代女性のためのミニマリストコーディネート

40代の女性が夏に1枚でエレガントに決まる服は?

リトルブラックドレス

40代の女性ミニマリストにおすすめの夏コーディネートは、小物合わせや羽織もの次第でシーズンレスに活躍するリトルブラックドレス。

ナチュラルな麦わらハットや白フラットサンダルと合わせると、リラクシーなムード漂う女性らしい服装が完成します。

また、カジュアルにもきれいめにもアレンジできる光沢のあるロングプリーツスカートも、白ノースリーブとシンプルに着こなすとおしゃれです。

秋は、トレンドカラーのブラウンのトップスにベージュのマフラーを合わせたり、着回しに便利なダークブラウンのロングシャツワンピースを軽い羽織りとして活用したりすると、シーズンムードをしっかりと取り入れたコーディネートにまとまります。

詳しくみる ⇒参照元: 40代女性ミニマリストの服装って?着回し力抜群のおしゃれコー...

少ない服でおしゃれに着回すためのコツ

オールシーズンで使える素材の服とは何ですか?

デニム、コットン、麻

少ない服でおしゃれに着回すには、オールシーズン着回せる素材の服を選ぶのが大切です。

デニム、コットン、麻はオールシーズン使える素材なので、この素材の服を選ぶと、服の枚数を大幅に減らすことができます。

また、派手めの配色や柄物、特殊な生地感のものは避けて、ベーシックなカラーやデザインのものを選ぶと、コーデの幅が広がります。

オンとオフで兼用できるアイテムを揃えておくと、さらに服の枚数を減らすことができます。

定番アイテムとして、プレーンなデニムパンツと襟付きのホワイトシャツを揃えておくと、さまざまなシーンに対応できます。

詳しくみる ⇒参照元: 好きな服だけをおしゃれに着回す!「ミニマリスト」になるための...

場面別コーデパターンで服を減らすコツ

週2回以上同じ服を着ることに抵抗がある場合、コーデパターンは最大いくつ必要ですか?

5パターン

仕事に必要な場面を特定し、それぞれの場面に対応するコーデ数を決めることで、必要なコーデパターンを最小限に抑えることができます。

週2回同じ服を着たくない場合、最大5パターンのコーデパターンがあれば、週が変わると周囲の記憶がリセットされるため、同じ服を着ていることに抵抗を覚えることなく1週間を過ごすことができます。

この方法は、内勤事務職では必要な場面が限られているため、わずか3パターンのコーデパターンで済む例が挙げられています。

詳しくみる ⇒参照元: ミニマリスト女性30代の服

季節を問わないミニマリストコーデ

春先でも秋口でも着こなせるアイテムは?

ベージュコート

季節を問わず着まわせるアイテムはベージュコートです。

春先にはデニムやチノパンとのコンパクトなコーデが楽しめ、秋には上品な着こなしに仕上げることができます。

また、リネンロングワンピースはフロント部分が全開するので、ワンピースとしても軽いアウターとしても着用できます。

プレーンなデザインで季節を選ばず、冬はセーターを上から重ねてスカートのように着こなしたり、春先にはライトロングジャケットとして羽織ったりと、季節感のあるコーデが楽しめます。

詳しくみる ⇒参照元: 好きな服だけをおしゃれに着回す!「ミニマリスト」になるための...

着回し術で平日5日間洗濯1回で乗り切る

平日5日間は同じ服を着回しで乗り切るための着回し術を教えてください

9着の組み合わせで1週間乗り切る。

平日5日間は同じ服を着回しで乗り切るための着回し術が紹介されています。

9通りの組み合わせが用意されており、月曜、火曜は上下2着ずつ着用し、火曜か水曜に洗濯をします。

水曜は残りの上下1着ずつを着て、木曜は洗濯済みの2着を組み合わせて金曜まで着用します。

週末に洗濯を行い、次の週は違う組み合わせの服から同じように着回しをします。

靴はGUのパンプスで半年に1回買い替えるそうです。

詳しくみる ⇒参照元: 【ミニマリスト的オフィスカジュアル】通勤着は3着あればOK

40代女性ミニマリストの夏服選びのコツ

40代の女性ミニマリスト向けで、パッと見てシンプルだが、実はひねりのある夏服の選び方のポイントは?

一捻りあるデザイン

40代の女性ミニマリストが夏服を選ぶ際は、一見シンプルでありながら、開襟デザインの半袖シャツなど、どこかひねりのあるアイテムを選ぶことがポイント。

プレーンな黒の半袖シャツでも、開襟デザインであればおしゃれに見せることができる。

ボトムスは定番のグレーのセンタープレスパンツでシャープにまとめ、ベージュのパンプスで全体を柔らかく馴染ませるのがおすすめ。

詳しくみる ⇒参照元: 40代女性ミニマリストの服装って?着回し力抜群のおしゃれコー...

ミニマリスト向け服選びのポイント

ミニマリスト向けの服選びで、主張が強いアイテムを避けるべき理由は?

色合わせの難易度が高い

ミニマリスト向けの服選びでは、コーディネートがしやすいアイテムを選ぶことが大切です。

そのため、主張が強い「柄物」や「派手な色」のアイテムは避けたほうが良いでしょう。

ベーシックカラー(黒・白・グレー・ネイビー・ベージュ・カーキなど)の無地アイテムを選ぶことで、コーディネートの幅が広がり、着回しが容易になります。

また、有彩色(黒・白・グレー以外の色)でも、ネイビーやベージュ、カーキなどベーシックカラーであれば、主張が少なく、色合わせに悩みません。

サイズ感は基本ジャストサイズか「ややゆるめ」がおすすめです。

オーバーサイズのアイテムは着回し力が低くなるので、ミニマリストには不向きです。

詳しくみる ⇒参照元: ミニマリストのメンズが持つべき服とは?推奨アイテム&着まわし...

通勤服パターン化のコツ

快適な通勤服をパターン化するコツとは何か?

パターン化のコツ2つ

快適な通勤服をパターン化するコツは2つあります。

1つは、同じアイテムを複数購入して毎日同じ服を着ること。

もう1つは、複数のアイテムを組み合わせるパターンを決めて着回すことです。

このコツを組み合わせることで、快適かつスタイリッシュな通勤服を着ることができます。

詳しくみる ⇒参照元: ミニマリスト女性30代の服

似合う服選びの極意:AI顔パターン診断

自分の似合う服を選ぶのに役立つテクニックは?

AIによる顔パターン診断

AIによる顔パターン診断は、自分の顔のパターンを分析して、自分に似合う服のテイストを特定するテクニックです。

顔パターンは5つのタイプ(アクティブ、クラッシー、インテリ、クリーン、ワイルド)に分類され、それぞれのタイプに適した服のテイストが異なります。

この診断を活用することで、自分に似合う服を迷わず選び、周囲にオシャレな印象を与え、無駄な服を購入することを減らすことができます。

詳しくみる ⇒参照元: ミニマリストのメンズが持つべき服とは?推奨アイテム&着まわし...

ミニマリストのオフィスカジュアル制服のメリット

服装の制服化を始めたきっかけは?

子どもの誕生

かつてはファッションに熱心だった著者は、子育てのために時間とお金が足りず、服装に気を配ることが難しくなった。

そこで、「毎日お気に入りの服を着られたら」と考え、制服化を始めた。

また、このきっかけとなったのは、「究極の普通」という概念であるノームコアに出会ったことだった。

詳しくみる ⇒参照元: ミニマリスト教員のオフィスカジュアル(2023aw)

服を最大限活用する5つのコツ

トップスで特に改善したいのはどのようなカラー?

ブルー系

著者は31着の服を所有しており、そのうちの9着がシャツ型トップスである。

著者は自分のテーマカラーが黒、白、茶色であるため、ブルー系のシャツを改善したいと考えている。

著者は仕事着と休日着を分けず、ボトムスを減らすことで服を減らしている。

また、クローゼットを3色以内に収めることでコーデを簡単にしている。

詳しくみる ⇒参照元: ミニマリストの服