Academic Box Logo

ドラゴンボールの終結点: 鳥山明が明かす「Daima」での決着

ドラゴンボールの終結点: 鳥山明が明かす「Daima」での決着

ライターのYUKOです。今回は「ドラゴンボールの終結点: 鳥山明が明かす「Daima」での決着」をご紹介します。

ドラゴンボールの物語と主な悪役

ドラゴンボールの物語と主な悪役https://img3.wikia.nocookie.net『ドラゴンボール』の主な悪役は誰?

ピッコロ大魔王、フリーザ、セル、マジンブー(悪い)

「ドラゴンボール」は、7つのドラゴンボールを集めると願いが叶うという冒険漫画で、主人公の孫悟空とその仲間である「Z戦士」たちが、ピッコロ大魔王、フリーザ、セル、マジンブー(悪い)などの悪役と戦う物語。主人公の名前は『西遊記』の孫悟空から名付けられており、物語は「夢」「友情」「バトル」が描かれています。詳しくみる ⇒参照元: ドラゴンボール

ドラゴンボールの冒険と主人公

ドラゴンボールの冒険と主人公https://livedoor.blogimg.jp伝説の秘宝ドラゴンボールを巡る冒険の中心人物は?

孫悟空

少年編では、人里離れた山奥に住む尻尾が生えた少年・孫悟空が、ドラゴンボールの存在を知り、ブルマと共に7つ集める旅に出ます。旅の途中ではウーロンやヤムチャといった仲間と出会い、世界征服を企むピラフ一味と対決します。その後、亀仙人の下で修行を積み、天下一武道会に出場します。詳しくみる ⇒参照元: 【ドラゴンボール】今更ながら始まりからブウまでのストーリーを...

ドラゴンボールDaimaの秘密

ドラゴンボールDaimaの秘密https://images4.wikia.nocookie.net鳥山明が今回の「ドラゴンボールDaima」について述べた内容とは?

未知の世界での大冒険と激しいアクション

鳥山明は「ドラゴンボールDaima」について、未知の世界での大冒険と激しいアクションが繰り広げられるとコメントしている。これは、集英社からの独立により、これまで応えていた要望から解放された可能性がある。また、声優陣の高齢化に伴う声の限界をカバーし、ギャグがやりやすいという特徴も、今回の展開に影響していると考えられる。詳しくみる ⇒参照元: 鳥山明が『ドラゴンボール超』ではなく『Daima』を展開させ...

ドラゴンボールZ:王道の外側にある面白さ

ドラゴンボールZ:王道の外側にある面白さhttps://pararium.comドラゴンボールZの面白さの秘密とは?

王道でありながら王道でない展開

ドラゴンボールZの面白さは、王道的なバトル展開でありながら、奇抜な要素やダークな側面を併せ持つことで生まれる緩急にある。インフレする強敵との戦いが緊張感を生み出す一方、最強の主人公の病気による死や悪党による世界の崩壊など、悲劇的な展開も描かれる。これらの王道からの逸脱が、正義の輝きを際立たせ、読者に納得感を与える。詳しくみる ⇒参照元: ドラゴンボールって面白いの?人気の理由、各章ごとの見どころ、...

鳥山明の創作の原点

鳥山明の創作の原点https://omochalaheadchala.com鳥山明が「Dragon Ball Super」ではなく「Daima」を制作した理由は何ですか?

普通の要素

鳥山明は、当初金銭のために漫画を描いていたが、後にギャグ漫画が効率が良いことに気づき「Dr.スランプ」を始めた。しかし、同作の成功により人気と責任感が増大し、自身の描きたい展開として「グレートサイヤマン」や「魔人ブウ」、「サタン」などのキャラクターを生み出し、半ば強引に「Dragon Ball」を終結させた。その後、彼は読み切りや短編漫画など新しいアイデアを試しており、「Daima」もそうした試みの1つと考えられる。つまり、「普通ではない要素」が、彼が「Dragon Ball Super」ではなく「Daima」を制作した理由かもしれない。詳しくみる ⇒参照元: 鳥山明が『ドラゴンボール超』ではなく『Daima』を展開させ...

「ドラゴンボール超」の続編の行く末

「ドラゴンボール超」の続編の行く末https://embajada-honduras.de「ドラゴンボール超」は完結しているのか?

未完

「ドラゴンボール超」の作者である鳥山明氏が2024年3月1日に亡くなったが、連載は鳥山氏の監修のもと、とよたろう氏が継続しているため、現在も未完である。詳しくみる ⇒参照元: ドラゴンボールスーパーどうなる?完結?作者死亡で連載...

「ドラゴンボール」新シリーズ「DAIMA」の理由

「ドラゴンボール」新シリーズ「DAIMA」の理由https://m.media-amazon.com「ドラゴンボール」の新シリーズが「超」の第2期ではなく、新しい展開となった理由とは?

鳥山明氏の性格

「ドラゴンボール」の新シリーズ「DAIMA」が「超」の第2期ではなく、新しい展開となったのは、作者である鳥山明氏の性格が大きく影響しています。鳥山氏は二枚目や健全なキャラクターを描くのが苦手で、ラブロマンスも嫌っているため、今回のシリーズでは悟空たちを「小さくなった」状態で展開しています。これは、鳥山氏の過去の作品「Dr.スランプ」などにも見られる特徴です。さらに、鳥山氏は当初「ドラゴンボール」で「西遊記」を題材にしたいと考えていましたが、アドベンチャーものが受け入れられなかったため、バトルに特化した「天下一武道会」を展開させ、悟空を大人に成長させました。詳しくみる ⇒参照元: 鳥山明が『ドラゴンボール超』ではなく『Daima』を展開させ...

ドラゴンボールの世界観と魔人ブウ編の物語

ドラゴンボールの世界観と魔人ブウ編の物語https://lineup.toei-anim.co.jp魔人ブウを倒したのは誰ですか?

孫悟空とベジータ

悟空とベジータは界王神星で、地球、ナメック星、あの世の人々のエネルギーによって作り上げられた特大の元気玉によって魔人ブウを消滅させました。その後、悟空は魔人ブウの生まれ変わりである少年・ウーブとともに、見果てぬ強さを求めて修行に旅立ちました。物語の舞台は地球で、高度なメカやエアカーが登場する世界観です。詳しくみる ⇒参照元: ドラゴンボール