Academic Box Logo

NHK未契約を無視し続けるとどうなる?集金人や郵便物への正しい対処法

NHK未契約を無視し続けるとどうなる?集金人や郵便物への正しい対処法

ライターのYUKOです。今回は、NHK未契約を無視し続けた場合の影響や、集金人や郵便物への適切な対応について解説します。

NHK受信料の割増金に注意

地上波を見ない場合、NHK受信料の契約は必要か?

必要

2023年4月1日以降、未契約の場合NHK受信料に割増金が請求される。

地上波が見られるテレビを設置している場合、契約が必要となる。

詳しくみる ⇒参照元: Nhk受信料が未契約なら今後はどうなる?裏ワザ的な方法まで紹...

NHK未契約世帯提訴の増加傾向

未契約者に対するNHKの提訴は増加している?

はい

NHKは2009年から未契約世帯を提訴し、2023年3月末までに597件を提訴しています。

提訴件数は近年増加傾向にあり、2021年度末の受信契約対象世帯のうち870万世帯が未契約となっています。

未契約がわかるのは、受信可能なテレビ受信設備が設置されているという証拠があるためです。

提訴された未契約世帯の割合は0.001%と極めて低いですが、割増金や裁判費用がかかるため、提訴されると大きな出費となります。

詳しくみる ⇒参照元: NHKに未契約世帯が訴訟された原因は?

受信料未払いによるNHKの強制執行

NHKの受信料未払いにより生じる最も深刻な結果は?

財産の差し押さえ

NHKの受信料未払いが続くと、支払督促や民事訴訟を経て、仮執行宣言や判決の確定により強制執行が申し立てられ、給料や財産、生命保険、有価証券、自動車などの財産が差し押さえられる可能性があります。

これは受信料未払いに対する最も深刻な結果です。

差し押さえを回避するには、異議申立てを期限内に提出するか、受信料を速やかに支払う必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: Nhkの受信料を支払わないとどうなる?

NHK受信料:契約と支払いの実態

テレビを設置してから契約を締結した場合、支払いはいつから発生するのか?

契約した日の翌月から

受信料の支払いは法律上の義務ではないものの、訴訟リスクや滞納した場合のまとめて支払うリスクがあるため、支払うことが推奨されている。

また、契約しなくても受信料を支払う義務はなく、訴訟で敗訴しない限りは支払いを免れることができるが、訴訟で敗訴すればテレビを設置したときまで遡って受信料を支払うことになる。

2023年4月からは未契約者に対する割増金制度が開始され、契約しないと通常の受信料の2倍の割増金が請求される。

詳しくみる ⇒参照元: NHK受信料を払わないとどうなるの?途中から契約して今から支...

NHK受信料未払いによる罰則

NHK受信料を支払わないとどのような問題が生じるのか?

罰則

放送法に基づいて、NHK受信料の支払いは義務付けられている。

支払いを怠ると、法的に有効な「日本放送協会放送受信規約」に基づき罰則が科せられる可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: Nhkの受信料を支払わないとどうなる?

受信料未払いのNHK契約者の対処法

受信料を支払わずにNHKと契約を続けていると、どのようなことが起こりますか?

請求書と集金人の訪問

受信料を支払わないNHK契約者には、定期的な請求書の送付、外部委託の集金人の訪問があります。

集金人はお金の受け取りのみが権限で、支払いの請求や交渉はできません。

集金人に対して支払いを拒否すれば、退去する必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: Nhkの受信料を支払わないとどうなる?

NHK受信料の支払い方法と回避方法

NHKの受信料の集金人は、支払いを拒否されて退去させることは可能ですか?

可能です

NHKの受信料の集金人には支払いを請求する権限はなく、あくまで受信料を受け取ることしかできません。

そのため、集金人に対して支払いを拒否し、退去してもらうことは可能です。

しかし、しつこく訪問される可能性があるので注意が必要です。

あまりにもしつこい場合は警察に通報しましょう。

また、支払いを無視し続けると裁判を起こされる可能性があり、財産の差し押さえが行われる可能性があります。

しかし、刑事罰などの罰則はありません。

受信料を支払いたくない場合は、テレビなどの受信機器を設置しないという方法があります。

詳しくみる ⇒参照元: Nhk受信料を払わないで無視し続けたらどうなる?支払わない方...

NHK受信料の支払い義務

NHK受信料の支払い義務が発生する条件を教えてください

テレビ等が受信できる状態にあること

NHK受信料の支払い義務は、テレビ等が受信できる状態にある場合に発生します。

受信できる状態とは、テレビ等にチューナーが搭載され、放送を受信できる状態であることを指します。

そのため、チューナーレステレビや、テレビ等を撤去した場合には、受信料の支払い義務はありません。

また、一人暮らしや単身赴任などで余分なテレビがある場合は、不要なテレビを撤去することで、受信料の支払いを削減できます。

海外へ転居した場合も、受信料の支払い義務は発生しません。

さらに、生活保護受給者、障害者世帯、社会福祉施設入居者は全額免除、視覚・聴覚障害者が世帯主の場合は半額免除の対象となります。

詳しくみる ⇒参照元: Nhk受信料を払わないで無視し続けたらどうなる?支払わない方...

NHK受信契約未契約の確認方法

NHKは受信機保有を未契約世帯にどうやって確認しているか?

口頭での確認

NHKは受信機保有を未契約世帯に確認する方法として、「口頭での確認」がほとんどである。

NHK訪問員が訪問時に「受信機がある」と伝えると、受信機保有が確認される。

また、テレビ設置を認めても契約を拒否すると、NHKから受信料支払いの請求が来る可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: NHKに未契約世帯が訴訟された原因は?

受信料不払いへの注意喚起

受信料の支払いを拒否した場合、どうなる?

裁判や差し押さえ

受信料はテレビを設置した時点から発生し、時効は適用されないため、5年以上前の分も全額支払わなければならない。

NHKから受信料を支払わないよう呼びかけられているが、支払わないと裁判や差し押さえを受ける可能性があるため、自己責任となる。

法律問題に困った場合は、山口県最大規模の法律事務所、弁護士法人ONEに相談することを推奨する。

詳しくみる ⇒参照元: Nhkの受信料を支払わないとどうなる?

NHK放送受信契約のご案内が届いたら

宛名なしの「NHK放送受信契約のご案内」が届いたらどう対応すればよい?

無視

NHK放送受信契約のご案内は、NHK受信契約をしていない世帯に郵便で送付されるものです。

宛名なしで届いた場合は、特別あて所配達郵便であり、対応方法は「無視」です。

この郵便にはNHK訪問員の訪問は伴いません。

詳しくみる ⇒参照元: NHK放送受信契約のご案内は無視で大丈夫?届いた理由と対応策...

NHK未契約者への特別あて所配達郵便の扱い方

NHK未契約者宛の特別あて所配達郵便を受け取った場合、どのように対処すればよいか?

無視する

NHK未契約を無視し続けるとNHKから支払いを促す郵便物が届くが、無視してもすぐ問題はない。

特別あて所配達郵便が届いた場合は、受信契約のお願いや申込書が同封されているだけなので、受け取り拒否やNHKへの連絡は控え、無視するのが最善。

NHK側も直接届いている間は「お願い」ベースで動いている。

ただし、NHKが未払い料金を取り立てにくる場合もある。

詳しくみる ⇒参照元: NHKの訪問を無視し続けるのが集金人や郵便物への正しい対処法

NHK受信料のしくみ

NHKと契約しなくても受信料は支払わなければならないのか

支払わなければならない

NHK放送を受信できるテレビを設置すると、NHKとの契約の有無にかかわらず受信料の支払い義務が発生します。

これは「意思表示の擬制」と呼ばれ、NHKは法的手段により強制的に契約を成立させることができます。

ただし、受信料の支払い義務は5年で時効にかかります。

詳しくみる ⇒参照元: Nhkの受信料を支払わないとどうなる?

NHK未契約のテレビ所有でばれる可能性

NHK未契約の場合、テレビがあることがばれる可能性のある行為は?

訪問員へのほのめかし、車を所有している場合の敷地内駐車

NHK未契約の世帯がテレビを所有していることがばれる可能性がある行為としては、訪問員にテレビがあることをほのめかしたり、所有している車が敷地内に駐車されている状態を見られることが挙げられます。

また、BSデジタル放送の「設置確認メッセージ」を手動で消去した場合も、その情報がNHKに伝わり、未契約であることが発覚する可能性があります。

NHK未契約でテレビを所有している場合は、割増金が請求されるなどのリスクがあるため、NHKと契約することが推奨されています。

詳しくみる ⇒参照元: Nhk受信料を無視して未契約はばれる?未契約世帯が提訴された...

NHK受信料延滞時の利息請求に関する政府の見解

NHK受信料の延滞時に延滞利息が請求されない理由は?

NHKの判断による

NHK受信料を延滞した場合、延滞利息は請求されない。

これは、NHKが判断するべき事項と政府が回答しているためだ。

受信契約者は、延滞利息を支払う必要はない。

ただし、受信料の消滅時効は5年であり、未契約者の場合、消滅時効が成立しないため、TVを設置してから支払っていない全期間の料金を請求される可能性がある。

契約後に未払いがある場合でも、消滅時効があるので最長でも5年分の料金に抑えられる。

また、契約せず過去分を遡って支払うことも可能だが、消滅時効は援用しないと成立しないので注意が必要だ。

詳しくみる ⇒参照元: NHK受信料を払わないとどうなるの?途中から契約して今から支...