Academic Box Logo

DJ松永:サイコパス伝説の真偽!驚愕の性格と経歴に迫る

DJ松永:サイコパス伝説の真偽!驚愕の性格と経歴に迫る

ライターのYUKOです。今回は、DJ松永さんのサイコパス伝説の真偽に迫ります。驚愕の性格と経歴をご紹介します。

スクラッチが切り開いた世界への道

DJ松永がDMCに出場するきっかけとなった、DJ特有の特殊技能とは?

スクラッチ

DJ松永は、DJとしての技術を地元の人々にアピールするためにDMCに出場することを決意した。

当時、DJ文化がまだ浸透していなかった地元では、DJの技の中でも特に印象的なスクラッチを披露することで、瞬時にDJの役割を理解してもらえるのではないかと考えた。

スクラッチはDJ特有の特殊技能であり、大会に出場することで、その技術の最高峰と競うことができる。

松永は何度か挑戦した末にDMCで優勝し、世界一となった。

この勝利により、地元の人々からの偏見や誤解が解け、DJ文化への理解が深まるきっかけとなった。

詳しくみる ⇒参照元: Creepy Nuts・DJ松永「相方のR-指定と比べて、落...

DJ松永の性格:良い?悪い?SNSの評判から探る

DJ松永の性格は、単純に良いか悪いかで判断できるのか?

できない

DJ松永の性格については、面白いから良いという意見と、毒舌なため悪いという意見がある。

毒舌は天然で、頭の回転が速すぎて何も考えずに言葉が出てしまうようだ。

そのため、単純に良いか悪いかで判断することは難しい。

詳しくみる ⇒参照元: DJ松永は性格いい?悪い?マウント取りすぎって本当なのか調査...

DJ松永の潔癖症はいつから?

DJ松永さんの異常な潔癖症はいつから始まったのか

小学生の頃

DJ松永は超潔癖症で、テレビでも話題になっている。

帰宅するとすぐに靴下と靴の中敷きを洗濯し、靴の中敷きは毎日洗濯する。

また、帰宅後はホコリがないか掃除機をかけ、誰かが来るとベッドのシーツまで交換する。

この異常な潔癖症は小学生の頃からで、学校の上履きを履くのが嫌で、トイレもそのまま行っていた。

詳しくみる ⇒参照元: DJ松永(CreepyNuts)は超潔癖で彼女はいるの?経歴...

DJ松永の高校中退の経緯

DJ松永が高校を中退した理由は?

ヒップホップに傾倒したため

DJ松永は中学でヒップホップに魅了され、高校ではヒップホップにのめり込みました。

サッカー部に入部したものの、ヒップホップへの情熱が募り、1年生の時にサッカーを辞めて、空いた時間をすべてヒップホップに費やしました。

2年生の時にターンテーブルを購入し、クラブにも出入りするようになり、外の世界の刺激に影響されて学校に通う意味を見失い、中退しました。

その後、デモテープをクラブに売り込み、クラブDJとしての活動をスタートさせました。

詳しくみる ⇒参照元: 【世界一のDJ】DJ松永は下積み時代が長かった!プロフィール...

DJ松永の苦難と躍進

DJ松永が上京した理由は?

DJ大会への出場

DJ松永は、地元でクラブDJとして活動していたが、DJ大会の存在を知り、優勝する高校生を見て上京した。

東京ではラッパーのライブDJを務めたが、すぐにクラブDJの仕事が舞い込むわけではなく、アルバイトで生計を立てた。

自主制作アルバムのリリース後は、共演者からの請求や連絡不通、アルバムの赤字により、ソロ活動を開始。

レコード会社との契約を経てアルバムを発売し、クラブDJを辞めてCreepy Nutsの活動に専念した。

Creepy Nuts結成後は、R-指定の知名度とのギャップに悩んだが、2016年にDJ大会に出場して「呪い」を解いた。

詳しくみる ⇒参照元: 【世界一のDJ】DJ松永は下積み時代が長かった!プロフィール...

ストイックな姿勢で世界一のDJへ:DJ松永の高校中退理由

DJ松永さんが高校中退したのは何のため?

DJに専念するため

DJ松永は中学2年生からヒップホップに興味を持ち、高校1年生からDJを本格的に開始。

世界一のDJになるために高校を中退し、部屋から娯楽を排除してDJ関連のものだけに囲まれた環境を作り、ストイックに上を目指し続けた。

その結果、世界一のDJに輝いた。

詳しくみる ⇒参照元: DJ松永(CreepyNuts)は超潔癖で彼女はいるの?経歴...

DJ松永の自宅はどこ?引っ越し先の間取りや家賃調査

DJ松永の自宅は特定できた?

特定できなかった

世界トップDJのDJ松永の自宅は、どこなのか特定することはできなかった。

また、DJ松永が引っ越しをしたとの情報があるが、引っ越し先の情報も特定できなかった。

SNSでもDJ松永の自宅に関する情報は得られなかった。

詳しくみる ⇒参照元: DJ松永の自宅の場所は?オシャレで間取りや家賃が豪華!|はぴ...

DJ松永のバトルDJとしての専門分野

バトルDJとして活躍するDJ松永氏の専門分野は?

スクラッチ

DJ松永はオリンピックの閉会式で活躍したバトルDJ。

バトルDJはスクラッチなどのテクニックを競い合い、クラブDJよりも難易度が高い。

スクラッチはレコード盤やデジタルファイルを操作して独特の音を出す技術で、DJ松永氏の専門分野である。

詳しくみる ⇒参照元: DJ松永は何がどうスゴイのか?世界大会の動画、技の難易度から...

世界一のDJ:Creepy Nutsの松永

DJ松永が称される称号は?

世界一のDJ

Creepy NutsというヒップホップユニットのDJである松永は、30年以上の歴史がある「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS」という世界大会で優勝し、「世界一のDJ」の称号を手にした。

Creepy Nutsは、実力とタレント性で知られる新世代ヒップホップのトップランナーであり、松永のDJスキルがそのサウンドを支えている。

詳しくみる ⇒参照元: 【Creepy Nuts】DJ松永の凄さを解説!何がどう凄い...

DJ松永の毒舌が嫌われない理由

DJ松永の毒舌はなぜ嫌われないのか

嫌われない理由は「話し方が早い」ため

DJ松永は毒舌で知られる人物ですが、意外にも嫌われることが少ないと言われています。

その理由として、松永の「話し方が早い」ことが挙げられます。

松永は質問に答えるのも、話が終わるのと同時、またまだ聞いていないことまでしゃべってしまうこともあるため、その場の主導権を握ってしまう感じがして、マウントを取ると思われるのかもしれません。

しかし、この話し方の早さが、松永の毒舌が嫌われない理由につながっていると考えられます。

話し方が早いため、毒舌も冗談として受け取られやすく、また、場の雰囲気を壊すような言い方にもなりにくいため、嫌悪感を抱かれることが少ないのです。

詳しくみる ⇒参照元: DJ松永は性格いい?悪い?マウント取りすぎって本当なのか調査...

エレキシタールがもたらす異色のサウンド

松永氏がエレキシタールを取り入れたきっかけは?

変わった楽器の探求

松永氏は、ブルース・ブラザーズのサントラに影響を受け、日本語ラップではDEV LARGE氏から影響を受けた。

サンプリングを使用せず土臭さや怪しさを表現するため、エレキシタールを導入。

エレキシタールを導入した曲は、「2way nice guy」のサビと「パッと咲いて散って灰に」のバッキング。

松永氏は音楽理論の知識がなく、先入観を持たないことがエレキシタールの活用に役立っていると考えている。

また、サンプリングから音楽制作を始めたため、生楽器の音色を好む傾向がある。

詳しくみる ⇒参照元: DJ松永が語る制作環境 〜Creepy Nutsトラック制作...

DJ松永さんの魅力

DJ松永さんの魅力とは?

自然体な毒舌

DJ松永さんは、歯に衣着せぬ物言いと自然体な毒舌で人気を博しています。

彼の毒舌はイヤミがなく、むしろ魅力の一つとされています。

また、マウントを取ることもありますが、それもキャラとして受け入れられ、マウントを取らない方が不自然に思われています。

こうしたマイナスなイメージすらも「好き」や「面白い」と受け入れられているのがDJ松永さんの魅力です。

詳しくみる ⇒参照元: DJ松永は性格いい?悪い?マウント取りすぎって本当なのか調査...

DJ松永の結婚観を徹底調査!

DJ松永が結婚できない理由の一つは何ですか?

潔癖症

DJ松永は極度の潔癖症で、自分以外を信じることができないと公言している。

ある人からのプレゼントを、帰宅途中のゴミ箱に捨てたというエピソードがある。

その理由は「友達ではないから」というもので、潔癖症が原因で「自分で買ったものしか無理」と考える。

この潔癖症が、結婚できない理由の一つと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: DJ松永は性格いい?悪い?マウント取りすぎって本当なのか調査...

DJ松永、相方との音楽制作は「最高に楽しい」

DJ松永は、相方との音楽制作をどう感じているのか?

最高に楽しい

DJ松永は、相方と音楽制作をすることが最高に楽しいと感じている。

相方が提出するデモを一番楽しみにしている新譜であり、友人として音楽を楽しむ気持ちが大きい。

義務感やビジネスではなく、純粋に音楽を楽しむことが彼らにとって最も重要で、それがずっと変わっていない。

詳しくみる ⇒参照元: Creepy Nuts・DJ松永「相方のR-指定と比べて、落...

DJ松永の音楽的探求:フィルターを通した曲作りでジャンルを拡張

どのような方法でDJ松永氏は音楽の幅を広げているか?

フィルターを通した曲作り

DJ松永氏はマンネリ化を避けるため、多様なフィルターを通して曲を作っている。

具体的には、普段聴かないジャンルを積極的に取り入れ、音色や楽器のサウンド面に注目している。

また、日本の音楽のガラパゴス化を認識し、海外チャートを参考にして、幅広い層に訴求できる楽曲制作を目指している。

詳しくみる ⇒参照元: DJ松永が語る制作環境 〜Creepy Nutsトラック制作...