Academic Box Logo

望月の烏の感想: 哀愁と希望が織りなす傑作

望月の烏の感想: 哀愁と希望が織りなす傑作

ライターのYUKOです。今回は、望月の烏という作品について感想をお届けします。

八咫烏シリーズ7作目の発売日

八咫烏シリーズの7作目はいつ発売されたか?

2020年9月3日

八咫烏シリーズ第7作「楽園の烏」は、2020年9月3日に単行本が発売されました。

また、2022年1月5日には文庫本も発売されています。

この作品は第二部のスタートとして位置づけられており、舞台は前作「弥栄の烏」から20年後の現代から始まります。

この20年間で多くの出来事があったようですが、詳細は明かされていません。

詳しくみる ⇒参照元: 【読書感想】望月の烏_その1|甘子 阿二胡

八咫烏シリーズのオーディオブック

八咫烏シリーズの何冊がオーディオブック化されているか?

11冊

著者阿部智里さんの八咫烏シリーズは、現在12冊刊行されており、そのうち11冊がオーディオブックとして販売されています。

読者からは予想を覆す展開が好評で、松本清張賞を史上最年少の20歳で受賞しています。

詳しくみる ⇒参照元: 『望月の烏』阿部智里

烏シリーズの展開

「望月の烏」の後に続く作品はどのような順になるか?

弥栄の烏、追憶の烏、烏の緑羽、楽園の烏

「望月の烏」の後に続く作品は、「弥栄の烏」、「追憶の烏」、「烏の緑羽」、「楽園の烏」と推測されています。

「烏の緑羽」以降の作品は、まだ描かれていませんが、各陣営のストーリーが描かれる可能性があります。

「楽園の烏」の表紙には、夕顔の咲く室外機のある建物の奥に山内が描かれています。

プロローグでは、2人の人物が「一度死んで、生まれ変わるしかなかった」というやり取りをしていますが、この「生まれ変わる」の意味は、肉体的または精神的なものなのかは不明です。

詳しくみる ⇒参照元: 【読書感想】望月の烏_その1|甘子 阿二胡