Academic Box Logo

西馬音内盆踊りの文化と歴史:鈴木家と昭和の時代

西馬音内盆踊りの文化と歴史:鈴木家と昭和の時代

ライターのAnnaです。西馬音内盆踊りの文化と歴史について、鈴木家と昭和の時代におけるその意義について調査しました。

西馬音内盆踊りの起源と歴史

西馬音内盆踊りの起源と歴史https://cdn-jp.dg1.services西馬音内盆踊りの起源はいつ頃と言われているか

鎌倉時代の正応年間(1288~93)頃

西馬音内盆踊りの起源は不明だが、鎌倉時代の正応年間(1288~93)に源親という修行僧が蔵王権現を勧請し、境内で豊年祈願として踊らせたのが起源ではないかと言われている。また、関ヶ原の戦いで敗れた西馬音内城主小野寺一族を偲んで土着した臣下たちが亡者踊りをしたものが合流したとも伝えられている。踊りの場所は天明年間(1781~1789)頃に現在の西馬音内本町通りに移ったとされている。詳しくみる ⇒参照元: 西馬音内盆踊りの文化・歴史

西馬音内盆踊りの歴史と起源

西馬音内盆踊りの歴史と起源https://navitabi.jp西馬音内盆踊りの起源に関する説の一つは?

源親の豊年祈願

西馬音内盆踊りの起源は不明だが、正応年間に源親という修行僧が蔵王権現に豊年祈願の踊りを奉納したという説がある。この踊りは、後に小野寺茂道一族の亡者踊りや宝泉寺境内での踊りなどと合流して、現在まで受け継がれている。大正時代には警察の弾圧によって一時衰退したものの、地元の人々の抗議によって復活した。詳しくみる ⇒参照元: 西馬音内盆踊り

西馬音内盆踊りの歴史と魅力

西馬音内盆踊りの歴史と魅力https://ugokanko.com西馬音内盆踊りの起源は?

およそ七百年前に始まったとされる

およそ700年前から続く西馬音内盆踊りは、昭和10年の東京公演で形式を整えられ、昭和56年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。伝統の技は受け継がれ、櫓の上で奏でられる勇壮な囃子と野趣あふれる歌声が佳境に入るにつれ、踊り手の輪も広がります。踊り上手たちは顔を編み笠や彦三頭巾で隠し、篝火に照らされた衣装が鮮やかです。明治40年に西馬音内盆踊りを目にした俳人・河東碧梧桐は「初めて絵になる盆踊りを見た」と記しています。詳しくみる ⇒参照元: 西馬音内盆踊り

西馬音内盆踊りの特徴

西馬音内盆踊りの特徴https://ugonews.jp西馬音内盆踊りのがんけの歌詞と節回しの特徴は?

哀調が漂う

西馬音内盆踊りの特徴は、野性的な囃子に対する優雅で流れるような上方風の美しい踊りの対照だ。がんけには「雁形」、「観化」、「願化踊り」など諸説があり、歌詞と節回しには哀調が漂う。本来、娯楽の踊りではなく、悲恋や来世の幸運を願う意味合いがあったようだ。音頭手の動きは静かで優雅で、寄せ太鼓に続いて囃子が始まり、地口に合わせて踊る。とり音頭では、囃子の主役が笛となる。詳しくみる ⇒参照元: 西馬音内盆踊り

西馬音内盆踊りの歴史

西馬音内盆踊りの歴史https://tohokukanko.jp西馬音内盆踊りはいつ頃始まったのか

正応年間(1288~93年)

西馬音内盆踊りは、正応年間(1288~93年)に蔵王権現(現在の西馬音内御嶽神社)の境内で豊作祈願の踊りとして始まったとされています。その後、関ヶ原合戦前後に西馬内城主・小野寺茂道一族が滅亡した際に遺臣たちが供養の盆踊りを行い、それが起源となったと言われています。江戸時代中期には盆踊りの場所が本町通りに移り、明治時代には「第9回全国郷土舞踊民謡大会」に出場しています。昭和22年に西馬音内盆踊保存会が結成され、昭和46年に秋田県無形文化財に指定されました。詳しくみる ⇒参照元: 西馬音内盆踊り

西馬音内盆踊りの衣装と被り物

西馬音内盆踊りの衣装と被り物https://cdn-jp.dg1.services西馬音内盆踊りで着用する藍染めの特徴は?

使い込むほど味わいが増す

西馬音内盆踊りの衣装には、伝統的な染技法を用いた手絞りの藍染めと、特徴的な被り物「編笠」と「彦三頭巾」があります。藍染めは使い込むほどに味が出る洗練された美しさをもたらし、襟元からのぞく首すじが美しく浮かび上がります。彦三頭巾は、目元に穴の開いた覆面を頭から被る特徴的な被り物で、亡者踊りとも称される特異な雰囲気を醸し出します。また、お囃子は寄せ太鼓、音頭、とり音頭、がんけの4種類があり、寄せ太鼓は盆踊りの前奏として演奏されます。詳しくみる ⇒参照元: 西馬音内盆踊りの文化・歴史

西馬音内盆踊り:初心者向けの音頭

西馬音内盆踊り:初心者向けの音頭https://tohokukanko.jp西馬音内盆踊りで初心者が最初に習う踊りは?

音頭

西馬音内盆踊りは「音頭」と「がんけ」の2種類があり、音頭は優雅で静かな抑揚が特徴です。江戸時代、西馬音内町は京都・大阪と経済的につながっており、文化的影響を受けています。音頭は振り付けが微妙に異なる1番と2番があり、交互に繰り返して踊られます。初心者向けで、子供も最初に習う踊りです。一方のがんけはテンポが速く、難易度は少し高めです。名前の由来には諸説あり、「雁形」「勧化」「願生化生」などが挙げられています。がんけの2番の輪を描く動きは「輪廻転生」を意味すると言われており、亡者踊りとも呼ばれています。衣装は「端縫い衣装」と「藍染め浴衣」があります。詳しくみる ⇒参照元: 西馬音内盆踊りの文化・歴史

西馬音内の歴史

西馬音内の歴史https://tourist-map.mapion.co.jp江戸時代において、西馬音内の現在の地区はどう呼ばれていたか

西馬音内前郷村

西馬音内の現在の地区は江戸時代には「西馬音内前郷村」と呼ばれており、「西馬音内堀廻村」が上流に位置していた。堀廻村には小野寺氏の居城である西馬音内城があり、扇状地のカナメに位置する麓集落だった。一方、前郷村は谷口集落で、交通の要衝かつ商業の中心だったと考えられている。詳しくみる ⇒参照元: 西馬音内

西馬音内の語源

西馬音内の語源https://tohokukanko.jp北海道の資料によると、「西馬音内」とはどのような意味か?

雲が流れる川

北海道の資料によると、「西馬音内」の漢字は「雲が流れる川」という意味だと推測される。該当する川は、以前馬音川と呼ばれていた現在の西馬音内川かその上流と考えられる。また、似ている地名である毛馬内も「油が流れる川」という意味で、毛馬内は小坂川を指すとされる。小坂川の上流には小坂鉱山がある。詳しくみる ⇒参照元: 西馬音内

羽後町で開催されたイベントと取り組み

羽後町で開催されたイベントと取り組みhttps://fest-navi.com高校生向けに、どのような出前講座が行われたか

選挙に関する講座と模擬選挙体験学習

羽後町では、様々なイベントや取り組みが行われています。例年河川敷で開催される西馬音内川の稽古は、今年は大雪のため交通広場に変更されました。また、選挙権年齢の引き下げに伴い、高校生向けの選挙に関する出前講座が開催されました。羽後高校生の連携により、町内小学校では金融経済に関する特別授業も行われ、高校生が主体となって児童に金融知識を楽しく教えました。さらに、恒例のイルミネーションの点灯や、新そばまつりも開催されました。詳しくみる ⇒参照元: 西馬音内地区

伝統盆踊りの厄除け

伝統盆踊りの厄除けhttps://tohokukanko.jp伝統的な盆踊りで住民が行う厄除けの仕草は?

獅子の頭を噛じる

近代化が進む中、伝統的な盆踊りの一部では移動車の運転手も参加している。伝統を重んじる家庭では、祭壇を飾り、お米やお金を包んで獅子に捧げる。獅子は玄関先で舞を披露し、住民の頭や衣服をかじる仕草で厄除けをし、柱をかじる仕草で家屋を守るとされている。また、子供の頭を噛むことで病や災難から守ると信じられており、子供は泣き叫ぶのが慣習となっている。その後、住民は祭り役をもてなし、お酒などで労う。西馬音内の盆踊りは、国指定重要無形民俗文化財に指定されており、日本の三大盆踊りの一つとして知られている。詳しくみる ⇒参照元: 西馬音内

西馬音内盆踊りの変遷

西馬音内盆踊りの変遷https://i0.wp.com「見せるための踊り」として西馬音内盆踊りが完成したのはいつ頃か?

1935年頃

西馬音内盆踊りは、伝統的な踊りの振り付けを再構成し、衣装を統一し、囃子方を加えることで「見せるための踊り」として形を整えていきました。この基本形が完成したのは、1935年に日本青年館で開催された「第九回全国郷土舞踊民謡大会」の舞台での披露頃とされています。これにより、西馬音内盆踊りは多くの観衆を惹きつけるようになり、全国的に知名度が広がりました。その後、戦時中に一度中断されたものの、戦後すぐに再開され、1947年に「西馬音内盆踊保存会」が結成されて後進の育成や公演活動が続けられています。1971年には国の重要無形民俗文化財に指定され、現在は日本三大盆踊りの一つと称されています。詳しくみる ⇒参照元: 西馬音内盆踊りの文化・歴史