Academic Box Logo

悲報!必殺シリーズの名優、西順之助氏が死去

悲報!必殺シリーズの名優、西順之助氏が死去

ライターのYUKOです。悲報ですが、必殺シリーズの名優、西順之助氏が死去しました。

必殺仕事人の人気を高めた要因

「必殺仕事人」という作品が人気を得るきっかけとなったのは何ですか?

女性視聴者層の増加

1979年に放送された「必殺仕事人」は、原点に立ち返り、好評を得たことで視聴率が回復した。

以降のシリーズの方向性を決定付け、「必殺と言えば仕事人」とされる程の看板作品となった。

華麗でスマートな秀と勇次によって、女性視聴者層が増加し、高視聴率を記録した。

この華麗な殺し技路線は後の作品にも影響を及ぼし、仕事人ブームの礎となった。

詳しくみる ⇒参照元: 必殺シリーズ

必殺仕事人Ⅴシリーズ

必殺仕事人Ⅴの初登場キャラクターは?

お玉

必殺仕事人Ⅴシリーズは、14シリーズ目の第27作からスタートし、19作目の第28作まで放送された。

第27作「旋風編」では、加代に代わって上方の虎の娘「お玉」が初登場した。

また、第28作「風雲竜虎編」では、三浦友和が殺し屋役としてレギュラー出演した。

そして、第29作「剣劇人」では、テレビシリーズ中で最も少ない話数が放送され、シリーズは15年間の放送を終了した。

1991年には、第30作「激突!」が火曜21時台で放送され、中村主水が主人公となった最後の作品となった。

2009年には、17年ぶりに「必殺仕事人2009」が復活し、中村主水が主人公ではない最初の作品となった。

さらに、舞台納涼必殺まつりシリーズや劇場用映画も制作されているが、「必殺シリーズ」には含まれない。

詳しくみる ⇒参照元: 必殺シリーズ