Academic Box Logo

薬屋のひとりごとの隠された秘密: 猫猫のお母さんについて知っておくべきすべてのこと

薬屋のひとりごとの隠された秘密: 猫猫のお母さんについて知っておくべきすべてのこと

こんにちは、ライターのYUKOです。薬屋のひとりごとの隠された秘密について紹介します。

薬屋のひとりごと: 猫猫の母親、鳳仙の悲劇

猫猫の母親(鳳仙)の死因は?

梅毒

猫猫の母親(鳳仙)は、かつて緑青館で囲碁や将棋に秀でた人気妓女だった。

しかし、梅毒により鼻が欠け、心神喪失状態に陥り、緑青館の病人部屋に隔離されていた。

花街では妓女は「母」とは呼ばれず、「生んだ女」と表現される。

鳳仙は猫猫を生んだ「女」で、鳳仙自身も妓女であった。

また、鳳仙の父親(猫猫の祖父)も変人軍師の羅漢であり、羅漢と鳳仙は囲碁・将棋の好敵手だった。

しかし、鳳仙の価値が高まり、貧しい羅漢は会う機会が減っていった。

詳しくみる ⇒参照元: 猫猫の母親は誰?梅毒による死亡までまとめ【薬屋のひとりごと】

薬屋のひとりごと:猫猫の母・鳳仙の謎

薬屋のひとりごとで、猫猫の母親の鳳仙が初めて登場するのはどの巻の何話?

6巻29話

鳳仙はかつて緑青館の人気妓女で、美貌と囲碁・将棋の強さで知られていました。

しかし現在は梅毒を患い、哀れな姿で描かれています。

彼女の過去や、なぜここまで落ちぶれたのかは謎に包まれています。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと|猫猫の母親・鳳仙は最強の碁打ちだった!?|...

鳳仙と羅漢の悲劇

羅漢が都に戻った時、鳳仙はどのような状態だったのか?

絶望的

羅漢が宮廷を追い出されてから3年後、羅漢は都に戻ってきた。

しかし、その時には鳳仙はすでに妊娠しており、羅漢に捨てられていた。

鳳仙は絶望し、羅漢に「指切り」という呪いをかけた。

また、鳳仙は梅毒に感染しており、稼ぐために見境なく客を取っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 猫猫の母親は誰?梅毒による死亡までまとめ【薬屋のひとりごと】

鳳仙の死と羅漢の再生

鳳仙の死後、羅漢がどのように前を向いたか

「悪手」の謎を解き明かした

鳳仙の死後、羅漢は悲しみに暮れる。

しかし、鳳仙が遺した「悪手」の謎を解き明かしたことで、羅漢は鳳仙の生きた証を碁の本として遺す決意をする。

この本は都で大ブームとなり、壬氏も参加した碁大会で羅漢が壬氏の好勝負を評価する。

鳳仙と羅漢の恋路は、次の世代へとつながっていく。

詳しくみる ⇒参照元: 猫猫の母親は誰?梅毒による死亡までまとめ【薬屋のひとりごと】

薬屋のひとりごと・鳳仙の謎と今後の展開

猫猫の母、鳳仙が落ちぶれた理由は何?

過去の経験

薬屋のひとりごとに登場する、猫猫の母である鳳仙には多くの謎が隠されている。

その中で最も注目を集めているのが、彼女が落ちぶれてしまった理由だ。

かつて緑青館の人気妓女だった鳳仙が、なぜこのような状況に陥ってしまったのかは不明。

この謎の解明が待たれている。

また、鳳仙と猫猫の関係も複雑で、母と娘の間に微妙なつながりがある。

この関係性の展開も、今後の物語の見どころの一つだ。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母は鳳仙!どんな母親で関係性の良し...

薬屋のひとりごとにおける謎多き人物・鳳仙

鳳仙の初登場はいつですか?

薬屋のひとりごと6巻29話

鳳仙は薬屋のひとりごと6巻29話で、緑青館で哀れな姿で初めて登場します。

彼女はその後、徐々に物語の中で重要な役割を果たし始めます。

鳳仙の過去は謎に包まれていますが、彼女はかつては遊女だったことが明らかになっています。

鳳仙は娘の猫猫と複雑な関係を持っており、物語の中で彼女がどのように関わっていくのかが注目されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母は鳳仙!どんな母親で関係性の良し...

羅漢の不変の愛

羅漢は、どんな姿になっても鳳仙をどう見ている?

美しい

薬屋のひとりごとの最終回では、梅毒で衰弱した鳳仙を、羅漢は「美しい」と表現する。

青い薔薇と赤い鳳仙花の花言葉が「夢が叶う、奇跡」と「燃えるような愛」であるように、2人の変わらぬ愛が描かれている。

このシーンは、2期の放送決定の発表とともに映し出され、羅漢と鳳仙の恋がさらに深まることを予感させる。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ『薬屋のひとりごと』第24話の感想をまとめてみた。「壬...

鳳仙の悲劇

鳳仙が布団の上で碁石を並べていた理由とは?

記憶喪失

鳳仙はかつて美しい妓女だったが、ある男に心を許したことで人生が狂ってしまった。

鼻がこけおち、記憶を失い、言葉も話せなくなったが、ある日突然布団の上に碁石を一人で並べ始めた。

この行為は、彼女が記憶喪失であることを示唆している。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと|猫猫の母親・鳳仙は最強の碁打ちだった!?|...

薬屋のひとりごと: 羅漢と猫猫の母親の関係

羅漢と猫猫の母親、鳳仙との関係は?

愛し合っていた

羅漢と妓女の鳳仙は、頭が良く囲碁や将棋に優れた女性だった。

羅漢を打ち負かしたことで周囲を驚かせたが、愛想が悪かったため客は限られていた。

二人は子をもうけ、その子が猫猫である。

羅漢は鳳仙を愛していたが、養父である羅門の評価を嫉妬する猫猫は羅漢を嫌悪していた。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごとの猫猫の父親は誰?母親やおやじとの関係につい...

猫猫と羅門の関係

羅漢の娘である猫猫にとって、養父である羅門はどのような関係に当たる?

大叔父

羅門は猫猫の養父であるだけでなく、猫猫の父親である羅漢の叔父(大叔父)でもあります。

羅門はもともと官吏でしたが、浮浪児を助けたことをきっかけに医学の道に進み、後宮医官となりました。

そのため、猫猫にとっては羅門は養父でありながら、血縁上でも親戚にあたるのです。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごとの猫猫の父親は誰?母親やおやじとの関係につい...

猫猫の秘密:欠点と薬への情熱

猫猫はなぜわざわざ自分の肌に欠点を作り出していたのか?

襲撃を防ぐため

薬屋のひとりごとの猫猫は、そばかすやシミなどの欠点を顔に作っていた。

これは、花街育ちの彼女が容姿が原因で襲撃されるのを避けるための自衛策だった。

普段は冷静な猫猫だが、薬に関することになると熱中し、我を失うことも多い。

そんなときの彼女の瞳は輝き、普段とのギャップが魅力的だ。

猫猫の母親は緑青館の祇女・鳳仙で、碁で羅漢と出会い、後に猫猫を産んだ。

しかし、羅漢は遊説に出され、2人は離れ離れになってしまった。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...

猫猫が羅漢を嫌う理由

なぜ猫猫は羅漢を嫌っているのか?

父親だから

羅漢は猫猫の実の父親であり、再会後は溺愛している。

しかし猫猫は育ての親を慕っているため、しつこく付きまとってくる羅漢を嫌っている。

また、羅漢が育ての親から能力を認められていることに嫉妬している。

とはいえ、激しく憎んでいるわけではないので、物語が進むにつれて険悪な態度も和らいでいく。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...

壬氏の母親、阿多妃の謎

壬氏の母親である阿多妃の性格はどのようなものか?

淑やか

壬氏の母親である阿多妃は、柘榴宮を治める淑妃で、35歳です。

淑妃とは、後宮における妃の位の一つで、阿多妃は高い位に就いています。

彼女の性格は淑やかで、物語の中でその描写がされています。

壬氏の母親がどのような人物だったのか、より深く知りたい場合は、小説『薬屋のひとりごと』を読むことで、その謎を解き明かすことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏の母親と父親は?隠された出生の秘密!

壬氏の出生の謎

壬氏の父親は誰ですか?

皇帝

壬氏の母親は阿多妃で、父親は皇帝です。

壬氏は皇位継承権を持っていますが、母親の愛と犠牲により皇帝の弟として育てられました。

この出生の秘密が物語にどのように影響するのか楽しみです。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏の母親と父親は?隠された出生の秘密!

壬氏と阿多妃の驚くべき共通点

壬氏と阿多妃の共通点は?

容姿と性格

阿多妃は男装すると壬氏と容姿が似ており、壬氏の影武者だったという説がある。

また、阿多妃は男前な性格だったとされ、壬氏にも同じような性格があったと考えられている。

これらの共通点により、壬氏の性格やキャラクターをより深く理解できる。

なお、壬氏の父親の正体については、現在もファンの間で議論されている。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏の母親と父親は?隠された出生の秘密!