Academic Box Logo

遊女の身請けとは...?花魁や側室のその後と高額な身請け金の実態

遊女の身請けとは...?花魁や側室のその後と高額な身請け金の実態

こんにちは、ライターのYUKOです。遊女の身請けに関する興味深い情報を皆さんにお届けします。

遊郭の仕組みと遊女たちのその後

遊郭の仕組みと遊女たちのその後https://mag.japaaan.com遊郭で働く女性たちの年齢の期限を何という?

年季

遊郭は、男性が遊女や女郎の時間を買い、「遊ぶ」場所でした。江戸時代には、全国各地に公に許可された遊郭があり、大坂の新町、京都の島原、江戸の吉原が有名でした。遊郭の女性たちは、男性だけでなく女性からも憧れの対象で、遊女の髪型は爆発的に流行しました。遊郭で働く女性たちの年齢の期限は「年季」と呼ばれ、27歳ころまでとされていました。しかし、実際には20代なかばまでに病で命を落とす女性が多くいました。詳しくみる ⇒参照元: 身請けとは?意味や花魁・遊女の身請け金とその後は?

鳳仙と羅漢の再会

鳳仙と羅漢の再会https://mag.japaaan.com羅漢が身請けしたのは誰?

鳳仙

変人で顔の区別がつかない羅漢は、猫猫の賭けの約束通り、妓女を身請けすることに。羅漢は候補の中にいた三姫と呼ばれる人気妓女に興味を示さないが、銀10万の出費に躊躇していた。すると、梅梅という妓女が窓を開けると、外から歌が聞こえてくる。聞き覚えのある歌声に羅漢が外に飛び出すと、梅毒で容貌が変わり、知能も失っていた鳳仙がいた。羅漢は鳳仙を身請けし、二人はやっと一緒になれた。詳しくみる ⇒参照元: 羅漢とは?猫猫との関係は?羅漢は鳳仙を身請け出来る?|薬屋の...

漢羅漢:薬屋のひとりごとの軍師

漢羅漢:薬屋のひとりごとの軍師https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com羅漢が患っている病気は何か?

顔の区別がつかない

羅漢は軍師で、頭が切れるが変人として知られている。顔の区別がつかない病気を持っており、叔父から将棋の駒に見立てて顔を覚える方法を教わった。そのため、身近な人間は将棋の駒、興味のない人間は碁石に見える。羅漢の容姿は、文官風で無精ひげに細い狐目、伊達の片眼鏡をかけた中年。趣味は碁、将棋、噂話。詳しくみる ⇒参照元: 羅漢とは?猫猫との関係は?羅漢は鳳仙を身請け出来る?|薬屋の...

高級妓楼の身請け相場

高級妓楼の身請け相場https://nan-blog.com三姫の身請け相場はいくらくらいか?

農民の1年分の収入の2倍

三姫の身請け相場は、彼女たちが妓楼であと何年稼ぐかを計算し、その倍ほどの金額とされている。ただし、白鈴は衰えぬ美貌と舞踏の達者さで客足が途絶えず、その相場は相当な額に上るだろう。緑青館のやり手婆は、白鈴を身請けさせるか、自分の後継者にしようと考えているが、猫猫は白鈴が後継者になるのは惜しいと感じている。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】36話のネタバレ

6代高尾の身請けに費やされた巨額の費用

6代高尾の身請けに費やされた巨額の費用https://intojapanwaraku.com6代高尾の身請けに榊原政岑が費やした金額はいくら?

4億5,000万円~5億円

遊女との遊びや身請けには多額の費用がかかり、特に太夫と呼ばれる高位の遊女の場合はさらに高額となる。榊原政岑は6代高尾の身請けに2,500両を費やし、さらにどんちゃん騒ぎや祝儀などを含めると総額6,000両(4億5,000万円~5億円相当)かかった。身請けまでの費用も膨大で、最初の顔合わせから床入りまでに120両(約900万円)が必要だった。また、馴染みとなってからも定期的に通うことで出費が嵩んだ。詳しくみる ⇒参照元: 身請け金は5億円⁉︎遊女から姫路藩主の側室となった「高尾太夫...

李白の揺るぎない自信

李白の揺るぎない自信https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com李白の自信の理由は?

猫猫が懐いたから

壬氏は、警戒心の強い猫猫が李白を信頼していることに驚き、李白はそれが信用できる理由だと考えた。しかし、壬氏は懐くという言葉に過剰に反応した。李白は壬氏に感謝を述べ、自分のお金で猫猫を身請けすると宣言し、壬氏はその言葉に満足して立ち去った。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】36話のネタバレ

李白の体の品定め

李白の体の品定めhttps://kai-you.net李白が妓楼の猫猫に何を要求されたのか?

体の観察

李白は妓楼の猫猫から、白鈴の好みを確かめるために体の観察を要求された。猫猫は李白の健康的な肌の色、引き締まった筋肉、立派な骨格を見て、李白なら白鈴の好みかもしれないと思った。しかし、李白が最後の1枚のふんどしを脱ごうとしたとき、顔面蒼白の壬氏が現れて猫猫を連行した。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】36話のネタバレ

江戸時代の愛人の優雅な生活

江戸時代の愛人の優雅な生活https://mag.japaaan.com江戸時代における愛人の生活はどのようなものでしたか?

優雅

江戸時代の愛人は、裕福な商人の家に住むことが多く、使用人に世話をされ、美しい着物や三味線を楽しんだ。愛人を身請けすることは遊郭の女性にとっての憧れで、華やかな生活を送ることができた。しかし、遊郭での生活はきらびやかとは裏腹に、遊女にとっては苦しいものでもあった。詳しくみる ⇒参照元: 身請けとは?意味や花魁・遊女の身請け金とその後は?

高尾太夫の謎

高尾太夫の謎https://intojapanwaraku.com高尾太夫は何人いたか、正確な人数は分かっていますか?

不詳

高尾太夫の人数は定かではなく、11人説、10人説、7人説など諸説あり、数え方もズレが生じている。また、身元が判明している例は珍しく、6代高尾(5代とも)の榊原高尾は、播磨国姫路藩主の榊原政岑が身請けしたことが知られている。政岑は徳川四天王の榊原康政の子孫で、もともと遊び好きで放蕩者だったと伝えられている。高尾太夫は容色、教養、所作に優れ、高貴な人々を歓待できた稀有な存在だったが、身請けされても自由を得るのは難しく、過酷な世界だった。詳しくみる ⇒参照元: 身請け金は5億円⁉︎遊女から姫路藩主の側室となった「高尾太夫...

遊郭の身請け制度

遊郭の身請け制度https://mag.japaaan.com遊郭で身請けしたい遊女がいた場合、客はまず何をする必要があったのか?

お店に話を通す

遊郭で遊女を身請けするためには、まず客はお店に話を通し、親元と遊女本人の同意を得る必要があった。身請けには多額の金が必要で、太夫クラスになると4000万円程度かかった。身請け金が高騰したため、後に500両までと上限が定められたが、それでも1000両以上の高値で買われる遊女がいた。一般の男性が身請けできる金額ではなく、大商人や相当のお金持ちでなければ難しかった。詳しくみる ⇒参照元: 身請けとは?意味や花魁・遊女の身請け金とその後は?

遊郭における身請けのその後

遊郭における身請けのその後https://nara-oiran.com遊郭で身請けされた女性はその後どうなった?

自由の身になる

身請けされた女性は、遊郭を離れて自由の身となり、結婚や自営などさまざまな道を選んだ。また、中には遊郭に残って管理業務に従事したり、恋愛関係で客と出ていく者もいた。詳しくみる ⇒参照元: 身請けとは?意味や花魁・遊女の身請け金とその後は?