Academic Box Logo

近親婚の危険性:遺伝子発現による健康上の影響

近親婚の危険性:遺伝子発現による健康上の影響

ライターのYUKOです。近親婚の危険性に関する情報を共有します。

近親交配の危険性

劣性遺伝子が発現するのはなぜ好ましくない?

好ましくない特性が現れるため

生物は近親交配を避ける傾向がある。

なぜなら、近親交配は劣性遺伝子の発現を増加させるからだ。

劣性遺伝子は通常、優性遺伝子によって抑制されるが、近親交配では優性遺伝子と劣性遺伝子の組み合わせがホモ接合型になるため、劣性遺伝子が発現する可能性が高くなる。

この劣性遺伝子は、病気を引き起こしたり、身体的な欠陥につながったりする可能性がある。

そのため、近親交配は避けることが推奨されている。

詳しくみる ⇒参照元: 近親交配(近親婚)が危険な理由は劣性遺伝子の発現 | 雑学

近親婚と常染色体劣性病

近親婚による病気の子どもが生まれる確率は、一般の夫婦と比べてどれほど高いのか?

約12倍

常染色体劣性病の保因者頻度は一般人口で1%程度とされ、近親婚では結婚相手の保因者確率が一般の夫婦より高くなる。

いとこ婚の場合、病気の子どもが生まれる確率は約0.0313%となり、全くの他人同士の約12倍となる。

詳しくみる ⇒参照元: いわゆる「近親婚」

近親婚がもたらすリスク

近親婚によってどのような特徴を持った子が生まれやすくなるか

普段あまり表に出ない特性を持った子

一般的な交配では劣性遺伝子は表に出にくいが、近親婚では同じ劣性遺伝子を持つ可能性が高くなり、普段あまり表に出ない特性を持った子が生まれやすくなる。

障害や先天性の疾患など、望ましくない特性が表に出る可能性もある。

そのため、近親婚では通常とは異なる特徴を持つ子供が生まれるとされている。

詳しくみる ⇒参照元: 近親交配(近親婚)が危険な理由は劣性遺伝子の発現 | 雑学

血縁結婚の定義と日本民法の規定

親等が最も近い血縁結婚は何ですか?

いとこ婚

日本民法では、3親等内の血族の結婚が禁じられており、いとこ婚は最も血縁の濃い血族結婚となります。

ただし、養子縁組によって姻族となり、その後兄妹として結婚することは可能です。

この場合、兄妹同士の結婚は問題ありません。

詳しくみる ⇒参照元: いわゆる「近親婚」

いとこ婚と医学的リスク

いとこ婚が医学的に問題視されるのはどのような理由ですか?

保因者数が多い病気の発生率が高いから

医学的にはいとこ婚は、保因者数が多い病気の発生率が高まるため、近親婚の中で最も危険とされています。

しかし、法律で認められており、本人の理解があれば他人が口を挟むべきではないとされています。

ただし、親の反対で勘当されたり、駆け落ちしたりする場合もあるようです。

詳しくみる ⇒参照元: いわゆる「近親婚」

近親婚の遺伝的影響

近親婚は遺伝的な影響を及ぼしますか?

はい

近親婚は遺伝的な影響を及ぼし、近親婚の頻度が高い地域では、精神的または体格的障害児が頻繁に生まれやすくなります。

古代日本皇族では、近親婚が当たり前に行われ、天武天皇の子どもは早死にし、聖武天皇は生涯病弱でした。

神话や伝説にも、近親婚から生まれた英雄や神々の伝承が多く見られます。

詳しくみる ⇒参照元: 近親交配

近親婚の歴史とハプスブルク家の例

王族や貴族の間で行われた近親婚で最も有名な家は?

ハプスブルク家

ヨーロッパの王族や貴族は、同ランクの者との婚姻を繰り返したため、近親婚を避けることは事実上不可能になり、教会に特別免除をもらうことによって、有名無実なものとなった。

顕著な例として、スペイン・オーストリアのハプスブルク家が挙げられる。

ハプスブルク家は、叔姪婚をしばしば行い、下顎前突症などの遺伝的疾患が蔓延した。

詳しくみる ⇒参照元: 近親婚